キモいから始まるいじめ|根拠なき一言がニートへのドミノ倒しと化す

Pocket

気持ち悪い・キモい!

 

「気持ち悪い~!」・「キモくない?」が耳に届いた瞬間、日陰のジメジメした場所に生息するグロい昆虫や、奇形の両生類、片足を戦争で吹っ飛ばされたハーモニカ吹きの帰還兵が脳裏に浮かびました。


 キモくない?
と言い放った人に確固とした根拠はないのです。
  

 女子高生や若いOLさんのキモいのイメージは昆虫、両生類、帰還兵というより、むしろ 度の強い瓶底メガネをかけたダサイ予備校生だったり、満員電車で股間を押し付けてくる汗臭いデブ中年オヤジだったりするのでは。

 

世の中には気持ちの悪い、ゾッと鳥肌を立たせるような奴が存在しています。

 

リンちゃん殺しの渋谷恭正とか。

 

結局、警察の取り調べを黙秘で押し通し、起訴されたんですよ。

だから、いったん余罪の立証を狙っていた警察の負けなんです。

キモいでしょ、あの渋谷って男。

 

言葉に寄生する粘性 

しかし、そんな上っ面の感受性とは別に、「気持ち悪い~!」・「キモい奴!」にはもっ粘性の強いいじめの原因が寄生しています。

「キモい!」と他人に言い放つ側の人は、どれくらい本気で気持ちの悪さを感じている? 

人が感じる不快さは、冒頭のグロい昆虫から始まり、満員電車の汗かきデブ中年までバリエーション的にはかなりの幅があります。

それどころか長所の裏返しを気持ちの悪いものととらえる事も珍しくはないんです。


「キモい!」は実にお手軽かつ有効なフレーズなんです。


並外れた記憶力や集中力。

なんでもそつなくこなすノーミス人間。

誰にでも優しく、親切なおばさん。

こんな人たちですら、賞賛とは真逆の揶揄にさらされることは珍しくないんです。

「裏の顔があるにきまっているよ、なんかキモくない??」と陰口を叩かれているものなのです。

 

「気持ち悪い~!」・「キモくない?」には、今の若者(もちろん、すべての若者ではありませんが)が好んで使う「ヤバイ」に低通するお手軽さがあり、なににでも適用できるオールマイティーさが宿っています。

 

美味しいも、まずいも、カッいいいも、ダサいも全部ヤバイ。

キモいには、言われた側が否定しきれない、どんな相手にもぴたりと寄生してしまう強烈な生命力があるように感じられるのです。

 それが、助けて!と消えたい!につながる導火線に火をつける。

ニートへのドミノ倒しと化すのです。

子供が学校から帰ってきて、どこかいつもと違ったとき、学校で何かあったを疑ってかかるべきなのです。

     【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*