日本人がカモられる原因|交渉の弱さから脱却するために外来種を混ぜる

Pocket

日本人がカモられる原因

日本人はなぜ外国で、もしくは外国人にカモにされるのか??

分かりやすいのですよ、日本人が考えている事が。

単一民族で、足並みが揃って、常識を重んじ、

推して知るべしの世界観で生きているじゃないですか。

先天的な欠陥でも抱えていない限り、

まず突飛な行動に出る奴はいません。 

真面目で、正直、約束した事は当然のように全力で守りにくる。

こういうところが、カモられる原因なのです。

 


価値観、思考回路、判断基準、主義主張の
異なった奴を混ぜない事には、

いつまでたって交渉の弱さから脱却できやしない。
 

おまけに、すぐに謝るでしょ。

外国では、謝ることイコール罪を認める事じゃないですか。 

日本人は罪を認めて謝っているのではない。


マナーとして、スミマセンと言ってしまうのです。

更に謝られたからには気持ちよく水に流そう。

ハイ、これもダメ。

始めから相手の弱みにつけ込んで交渉を有利に運ぼうとする外国人にとってみれば、

甘っちょろいとしか思えない。

全然リスペクトなんてしてませんからね。

これじゃあ、日本人がカモられても自業自得ってものです。

心に弱みでも抱えたかのような、

争わない、

文句をつけない、

そういう人の良い文化なのです。


 
この島国に脈々と受け継がれている単一民族の弱点、

すなわち世界相手に戦えないカモられる文化なのです。

     【広告】

いくらビジネスだとはいえ、

こんな行儀のよい人たちに、

常識を覆す斬新なアイディアを求める方が無謀というものですね。

騙して食いつかせる、

気がついたらもう抜けられない蟻地獄なんて思考の範疇には存在しない。


まるで日本人はカモられるのを待っているかの如くなのです。

 

交渉の弱さから脱却するためには?

そこで思いつくのが外来種の混入という荒療治です。 

価値観の異なる人間を日本社会に投入して、かき回してしまうわけです。

「まさか、そんな考え方があったとは!」と動揺させて、

考え方の甘さからの脱却をはからせるわけです。

「言葉が違う、宗教が違う、勤勉さが違う、仕事とプライベートの概念が違う、、、。」

 

いろいろな問題と直面させて、言葉で交渉する必要性を感じてもらわない事には、

カモられる一方ですから。

「口約束なんて無いも同然、証拠がないのだから」、

というのが当たり前だと思い知らせないといけない。

約束なんかを守るほうがお人良しってもの、

信じる方がどうかしているぜ、

とまんまと騙されるわけです。 

文句があるならこっちの落ち度を立証してみせてみろ、

とずる賢い人は平気な顔で言い放つ。

実に好戦的でトゲトゲしい

なめられたら、やられるというスタンスで睨みつけてくる。

そして、逆境に追い込まれれば、

屁理屈でもなんでも並べたてて、

その場をしのごうとする。

 

 

往生際の悪さは元来の日本人にはとてもマネできるものではない。

武士に二言はないの世界観がいまだに根付いていますから。

悔しいけれど、それも交渉の戦術の一つなのです。

  「それじゃキミは性悪説で生きているわけだね?」

と問いつめても、 時と場合によると、相手のペースには断固として乗らない。

こんな奴でも法律では合法の範疇で生きているのです。

これが世界を相手にした戦いなのです。

さて、ここが思案のしどころ。 

人の良いのもいい加減にしないと生き残れない。

だんだんと、なぜ日本人がカモにされるのかが見えてきました。

1億人の中に、この外来種の悪党を何人投入すれば効果的に組織を活性化できるか?

       【広告】

秘境に嫁いだ日本人妻とアフリカ系アメリカ人

 

テレビ東京でたまに【世界の秘境に嫁いだ日本人妻】という番組を放送します。

秘境ですから、 外部の人が足を踏み入れたことがほとんどなく、

ほとんど知られていない地域ということになります。

アフリカ、南米、東南アジア、あたりとなりましょうか。

 嫁いだとうい事は、その地の男性と結婚するわけですから、 

子供を生んで育てていくことも充分考えられます。

 

 

日本の女性の度胸の良さにも頭の下がる思いです。

と、同時に世界の秘境に日本のDNA が受け継がれて行くのかと感動したのです。

しかしこれは全くの早合点でした。 

 

親からDNAとして受け継ぐものは、

外見、性格、知能、好き嫌い、 先天性の病気などなど、いろいろあります。

父親、母親からの遺伝が仮に50%と50%だったとしたらどうなるでしょうか? 

子供の遺伝子配分は、現地のDNA が50%、日本人の DNA が50% となります。

 

子供が現地の方と結婚したとすれば、

そこで生まれる子供には現地のDNA が75%、

日本人の DNA が25%となるわけです。

さらに、次の子供も現地の方とご結婚されると、 

現地が87.5%、日本人が12.5% となります。

もう一代進むと、現地が93.75%、

日本人が6.25%となり、

日本人の DNA はほぼ皆無に近くなっていってしまう。

机上の計算事だけでは計り知れない部分も多々あるとは思いますが、 

基本は間違ってはいないでしょう。

 

つまり、原住民社会に日本人妻が一人や二人嫁いだところで、

日本人の DNA は拡散しないのです。

ある程度の規模の集団に、少数派が紛れ込んでも、

  最終的には淘汰されてゆく運命にあるのです。

  一方、アメリカに居住している黒人の中に、

西洋系の彫りの深い顔立ちの人いるじゃないですか。

  ごく稀に、黒人なのか白人なのか判断に迷う場合がありますね。

  もともと白人社会だったところに、奴隷としてアフリカから連れて来られた黒人。

どれくらいの人数の奴隷がアメリカ大陸に送り込まれた結果、

あの社会ができあがったのでしょうか?

断片的なデータですが、

1980年から1990年の10年間で

アフリカ系アメリカ人は14.2%増加したそうです。

今年行った調査では、過去7年間で白人は7万人増加し、

黒人は9万人増加したそうです。

ここまで拡散してしまっては本末転倒なのです。

でも日本人を、カモられる側から脱却されるには、

外来種の投入がどうも必要に思えるのです。

 

交渉のできる日本人をつくるには

 歴史という文脈でとらえた場合、日本古来の単一民族文化は素晴らしい。

だって、狡さがないし、潔く和を重んじる。

サムライジャパン、なでしこジャパン、

そんな看板を掲げた国に、海外から多くの人が訪れる。

苦しいのは外部との交渉に、日本的価値観がどれだけ通用するかなのです。

文面で相手をがんじがらめに縛り付ける、

いわゆる『卍地固め』的な契約書にも日本人はだいぶ慣れてきました。

産業絡みの裁判や調停を専門とする人材もそろってきている。

 

 

単一民族の弱点もだいぶ克服してきた。

原材料を輸入して、製品化して送り出す。

そのメリットが薄れたから、製造拠点を海外に移動した。

日本製品ではなく、日本人が世界相手にどれだけしたたかに交渉できるかは、

頭の切り替えにかかっている。

 

人の良いのもいい加減にして、外来的な意地汚い考え方をどこまでビジネスに混ぜるか?

これ以上カモられる国、日本をみるのは耐えがたいのです。

 

関連記事

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*