脳への負荷の掛けたか|疲れても考え続けるか休むべきか

脳への負荷の掛け方とはいかなるものか?疲労困憊しながら必死に考え続けることか。考え抜いた結果、値千金の答えに辿りつくかもしれないが、それは鬱への地獄道だ。得意な野でありながら、上手く回答できない問題に、疲労の無い脳が挑む事が一番。脳はフル回転し、試行錯誤しながら脳が全力を絞り出す時こそ正しい負荷がかかった状態だ。 続きを読む 脳への負荷の掛けたか|疲れても考え続けるか休むべきか

人と人との人生経験で幾種もの幸福感|暖かい気持ち・安心感・心強さ

脳内分泌物質は7種類だが人はさまざまな幸福感を味わう。より多くの幸せを体感することでドーパミンはと繋がりをもつからだ。安心感、優しさ、心の暖かさ、、、いろいろなバリエーションが加わる。この物質が犯罪や依存症と結びついたときが怖い。罪を犯す事で幸福感を得たり、酒を一口飲んだ瞬間に幸せの絶頂を感じ意識を失うまで飲み続ける。 続きを読む 人と人との人生経験で幾種もの幸福感|暖かい気持ち・安心感・心強さ

抜毛症の根底にある強迫神経症と不安障害|だったら治療方法は見えているじゃない

抜毛症という強迫神経症がある。自分の髪を抜かずにはいられない。根底には不安障害が横たわる。不安を感じ爪を噛んだり、髪をいじる女性がいるが、その髪の毛版らしい。軽減するには精神安定剤でリラックスし、脳内物質のセロトニンを増やす事のようだ。完治不可の依存症へと症状が複合化する前に、今すぐ治療に入るべきだ。 続きを読む 抜毛症の根底にある強迫神経症と不安障害|だったら治療方法は見えているじゃない

脳をリラックスさせるにはこんな弱い刺激がいい|座禅で得たヒントを広げてみた

脳をリラックスさせるには弱い刺激があった方がいい。座禅を始めて組んでみた。和尚さんの説明では、目は完全に閉じずに半開きとの事。睡魔を避ける目的と邪推したものの、実際試してみると、視界に何かが映って他方が脳が働かない。余計な負担が脳にかからないようなのです。薄暗い程度の明かりの方が暗黒よりもよく眠れるのも、その一例。 続きを読む 脳をリラックスさせるにはこんな弱い刺激がいい|座禅で得たヒントを広げてみた

愚痴る気持ちはよくわかるけど物言いが女々しい|えっ、同じ目線で苦労をわかち合いたい、共感して欲しいの

仕事の取引先の営業マンで、愚痴が多い人がいるの。 物事上手く進まなければ誰でも愚痴りたくはなりますね。 実際、オレも後輩とかに愚痴ったりするけど、、。 でも、この人の特徴は愚痴に“泣き”が混ざっているの。   続きを読む 愚痴る気持ちはよくわかるけど物言いが女々しい|えっ、同じ目線で苦労をわかち合いたい、共感して欲しいの