地頭を覚醒させる|脳への刺激とリラックスでスーパーブレインを作る

地頭を鍛えるのは人生の荒波に立ち向かうのに強い味方となる。人には得意不得意があるが、不得意分野が脳の未使用領域だ。新しい事に挑戦して脳の未使用部分を活性化することが大切だ。が、それは脳にストレスを与えることになる。だから、リラックスして解放することも重要となる。同時に腸内環境を整えて、脳をバックアップすることが望ましい。 続きを読む 地頭を覚醒させる|脳への刺激とリラックスでスーパーブレインを作る

ベタな考えを閃きにかえる|既存の発展形か組み合わせで大ヒット

新しいアイディアとは既存の発展というケースがほとんど。突如として現れた新規なんてめったにあるものじゃない。AKB商法だって既存のグループ構成人数を大幅に増やしただけの事。とはいえその裏には秋元康さんのしたたかな計算が隠されています。コロナ禍の出前ビジネスとて環境に合わせただけの既存アイディアだし、和洋折衷のスイーツだって既存の掛け合わせで新味覚を出しているだけなのです。 続きを読む ベタな考えを閃きにかえる|既存の発展形か組み合わせで大ヒット

飲食は外部からの刺激、連鎖的なイメージが脳の若返りとなる

食事をとっていると脳のさまざまな領域が活発化してきます。大脳皮質の島皮質が味を感じ取り、そこから連鎖的に幸福感を抱いたり、過去の思い出がよみがえって来のです。それにとどまらず自らイマジネーションを膨らます事が脳の訓練に繋がる。ワインのソムリエが味を多くの形容や比喩で例えるように、自分から味覚の輪を広げてゆくのです。 続きを読む 飲食は外部からの刺激、連鎖的なイメージが脳の若返りとなる

脳への負荷の掛けたか|疲れても考え続けるか休むべきか

脳への負荷の掛け方とはいかなるものか?疲労困憊しながら必死に考え続けることか。考え抜いた結果、値千金の答えに辿りつくかもしれないが、それは鬱への地獄道だ。得意な野でありながら、上手く回答できない問題に、疲労の無い脳が挑む事が一番。脳はフル回転し、試行錯誤しながら脳が全力を絞り出す時こそ正しい負荷がかかった状態だ。 続きを読む 脳への負荷の掛けたか|疲れても考え続けるか休むべきか

ぬる過ぎたらバカになる|脳を鍛えるか殺すかのさじ加減とは

脳は使えば使うほど良くなると言われています。でも、そこには大きな落とし穴がある。脳はストレスに対して柔軟だが限度はある。しかも個人によって異なる。ぬる過ぎるストレスは人を堕落させるが、強過ぎれば鬱に落ちる。強いストレスがかかった後は発散できる環境が必要で、交感神経から副交感神経へのスイッチングが必要なんだ。 続きを読む ぬる過ぎたらバカになる|脳を鍛えるか殺すかのさじ加減とは