読書感想文が書けない小学生|型を教えて慣れさせるんだ

小学校低学年の児童に読書感想文を書かせると、上手い下手がはっきりと分かれてきます。理由は、感想文の型を教えられているか、いないかの違い。教師は感じた事を自由に書けと言いながら、自由に書けば点数は取れないんです。感じるのは自由だし、そこに理由などないかもしれない。けれどその理由つけが上手いか下手かが勝負の分かれ目なんです。 続きを読む 読書感想文が書けない小学生|型を教えて慣れさせるんだ

プロが教える感想文の書き方|実体験を重ね合わせて精神力に的を絞る

読書感想文の書き方がわからない 読書感想文の書き方がわからない児童、その理由はいたってシンプルです。 ただ書き方に不慣れなだけ。何を書いたらいいかがわからないのです。   文章のプロ、国語の教師に「餃子の王将」 続きを読む プロが教える感想文の書き方|実体験を重ね合わせて精神力に的を絞る

本物の教師は見抜く|生徒が内から捻り出した言葉で綴った感想文を

本物の教師は点取り虫の手口を見抜く   「江戸っ子気質を感じました。決して模範となるような人物ではありません。でも、弱い者いじめを許さない、うそつきを放置しない性格で、読んでいて自分もこんな大人になりたいと感じました。」 続きを読む 本物の教師は見抜く|生徒が内から捻り出した言葉で綴った感想文を

感想文が書けない|独創的な感想は逆効果、普通の感情を組み合わせろ

感想文が書けない   心がゆさぶられる物語になど、そうそう出会えるものではありませんね。読書感想文を宿題にだす学校の先生だって、内心そう思っているはずなんです。 だから感想文が書けない、と悩む必要などないのです 続きを読む 感想文が書けない|独創的な感想は逆効果、普通の感情を組み合わせろ

小論文・感想文のネタ|人間心理、依存と甘え、マインドコントロール

小論文と感想文で人の心の内側を炙り出す   土居健郎著『甘えの構造』は、読書感想文や小論文を書く際に使える極上ネタです。是非覚えておいてください。 使い方は引用です。 土居健郎氏が『甘えの構造』の中で述べていた 続きを読む 小論文・感想文のネタ|人間心理、依存と甘え、マインドコントロール