その食事が命を奪う|毒入り饅頭じゃあるまいし、問題は排泄なんです

その食事が命を奪う。世界一衛生な日本の食物がどう命を奪うのかというと、長時間腸に留まっ体温で腐敗した便が、発がん物質を発生させる。それを防止するのがキクラゲです。食物繊維は食べ物の中で一番多く含まれる。味も香りも無いから、どんな料理にまぜても影響を与える事ないんですよ。細かく切ってタピオカみたいに飲み物にいれてOK。 続きを読む その食事が命を奪う|毒入り饅頭じゃあるまいし、問題は排泄なんです

ひと味ちがうオレのゆるーいこだわり、これが日々を明るくしてくれるんだ

ゆるーいこだわりで、日々を明るくしてみませんか。サバ缶、納豆、黒酢、シジミの味噌汁、キクラゲのうちのどれかを1日一回食べる。それで健康体になるわけじゃないけど、健康に対して襟を正す事ができるようになる。人の良いところをて褒めたり、怒りを抑えて明るく笑いながら相手を注意したり、仕事が翌日につながるように工夫する。 続きを読む ひと味ちがうオレのゆるーいこだわり、これが日々を明るくしてくれるんだ

お酒やダンスじゃ全然刺激が足りない|ドラッグ最高の代償は脳の破壊だ

『人間やめますか、ドラッグやめますか』何年か前にテレビコマーシャルで聞いたフレーズです。ドラッグの恐怖ってインターネットでも簡単に検索できる。最高の幸福感とびったりと背中合わせの恐怖です。脳神経をズタズタぶっちぎる破壊力がある。これってみんな分かっているはず。ならなぜ手をだすの?酒が入って気が大きくなったときがヤバイ。 続きを読む お酒やダンスじゃ全然刺激が足りない|ドラッグ最高の代償は脳の破壊だ

自己催眠をかけたらグッスリ眠れるようになった、副交感神経が優位にたつのかも

自己催眠とは人の手を借りずに催眠状態に入っていくもの。椅子に座り、身体脱力させて、腕に大量の風船が括りつけられているのをイメージします。水素が注入された風船は腕をゆっくりと浮かせ、吊り上げてゆうのを想像します。すると実際に腕が上がっていく。潜在意識を働かせることで脳をリラックスモードに導き、深い睡眠がとれるようになる。 続きを読む 自己催眠をかけたらグッスリ眠れるようになった、副交感神経が優位にたつのかも

パソコンの肩凝り対策の盲点は指ケア|このツボが痛いけど効くんだ

パソコンの肩凝り対策のメインは肩、首、肩甲骨の血液循環。こたあたりの筋肉をほぐして血行を改善ずるには温かい風呂にのんびりつかり、その後で湿布でも貼る。 気持いい~! でもパソコンを打ち続けていてどうして肩が凝るのでしょう 続きを読む パソコンの肩凝り対策の盲点は指ケア|このツボが痛いけど効くんだ