30万人の人がリラックスを習得したイメージ法

気持ちを解放する為には、リラックスできている自分を想像するのが一番なんです。無理に気分転換するよりも、まったりと楽な気持ちでいる自分と、その周りの光景をカラーでイメージする。また、海の潮の匂いや夕立の匂いなど、慣れ親しんだ香りを取り入れるのも解放の強化につながる。額にあたる涼しげか風や、腕に突き刺さる雨粒の感覚にも同じ効果が見込まれうるのです。 続きを読む 30万人の人がリラックスを習得したイメージ法

意外に知られていないリラック方法|頑張ると緊張でストレスが溜まるけど、これなら心が解放される

頑張り過ぎや、過度の努力は緊張を招く。リラックスを得るには自発的な行動は不向きなのかと思いきや、能動的な行いで心を解放に向かわせる。気掛かりな事を忘れられずにいるなら、紙に書き留めるだけで気持ちは落ち着く。脳腸相関が示すとおり、ストレスでポリーブや過敏性腸症候群になるのだから腸内環境を整えることで脳が落ち着くのです。 続きを読む 意外に知られていないリラック方法|頑張ると緊張でストレスが溜まるけど、これなら心が解放される

いざ勝負となったら自然にスイッチが入る|リラックスしたいとき緩和モードをこうしてオンする

勝負の瞬間に自分でも気付かなかった力が湧き上がって、疲労を忘れて戦えるのがアドレナリンの力。昔からの故事成語にある火事場のバカ力とも言います。これとは反対にリラックスしたいときに緩和モードにはいるのが難しい。悲しいドラマで涙を流したり、アニマルセラピーで動物と戯れる方法もある。副交感神経を刺激する腹式呼吸も有効。でも速攻性があるのは甘いあんドーナツと女性の後ろ姿の写真を見てイマジネーションを膨らますという手があるんだ。

続きを読む いざ勝負となったら自然にスイッチが入る|リラックスしたいとき緩和モードをこうしてオンする

一読すればもう心は乱れない|余裕が湧きでて右往左往せず、どっしりとゆとりある生活

仕事で余裕がもてず、右往左往と焦りまくる人は、とにかく一読してみて。時間との戦いなのは分かるけど、慌てても何ひとつメリットはない。ミスをする確率が上がるだけ損。焦りそうになったら、わざとゆっくり歩く、ゆっくり話す、動きを止めて周囲を見渡す。慌てている自分をイメージして、その不細工ぶりを笑ってしまいましょう。 続きを読む 一読すればもう心は乱れない|余裕が湧きでて右往左往せず、どっしりとゆとりある生活

脳をリラックスさせるにはこんな弱い刺激がいい|座禅で得たヒントを広げてみた

脳をリラックスさせるには弱い刺激があった方がいい。座禅を始めて組んでみた。和尚さんの説明では、目は完全に閉じずに半開きとの事。睡魔を避ける目的と邪推したものの、実際試してみると、視界に何かが映って他方が脳が働かない。余計な負担が脳にかからないようなのです。薄暗い程度の明かりの方が暗黒よりもよく眠れるのも、その一例。 続きを読む 脳をリラックスさせるにはこんな弱い刺激がいい|座禅で得たヒントを広げてみた