あなたの子供が学校でいじめに合っていたら|親が取るべき作戦とは

子供が学校でいじめに合っているのを知った時、どう対処すべきか?いじめ対策を執行できるのは教育委員会で、刑法からみとなれば警察をも関われる。学校には助言や調査の権限があるだけ。だから落書きされた教科書・ノート、汚された上履きや、殴られたアザの写真を揃えておくのがポイント。大人の事件と同じ証拠がかければ解決などしない。 続きを読む あなたの子供が学校でいじめに合っていたら|親が取るべき作戦とは

体罰と虐待を躾の延長線上あるかのような弁論|さじ加減を故意に間違えるぞ

どんな理由があるによせ体罰は許されないのが今は主流。苦痛を思い知らせて“人の痛みを学べ”はダメ。被疑者の弁論で躾を持ち出すのはナンセンスで、体罰や虐待が躾の延長線上にあるかの理屈は跳ね返すべき。だが、躾が通用しない子供が存在するのも事実で、そんなときは例外的に少しさじ加減を間違えたら死んでしまった、を使うしかないかも。 続きを読む 体罰と虐待を躾の延長線上あるかのような弁論|さじ加減を故意に間違えるぞ

なぜ、引きこもる|窮地に追い込まれた人間の選択とは別世界への移住

社会からはじき出された人は必死になって原因を解明しようと奮闘する。当人なりの答えを得て、自分を変えて再び社会に馴染もうとすして失敗する。繰り返すうちに絶望して引きこもりへと、のめり込む。ある人は反社会団体に身を寄せる。救済施設で復帰のリハビリを受け、実を結ぶケースと、40歳で救済すら受けられない状態へと陥る人もいる。 続きを読む なぜ、引きこもる|窮地に追い込まれた人間の選択とは別世界への移住

火事は焼け広がる前に消すのが鉄則|虐めを初期段階で鎮火するためにすべきこととは

虐めを初期段階で食い止めるのは至難の業。いじめじゃないよ、ふざけていただけなんだ、と言われれば確かのその通り。あるところまで発展して虐めと認定される。でも、手遅れの場合がほとんど。なら虐めの原因を作りそうな不良グループから叩き潰そう。いきがって肩で風を切って歩いてたって得なはい。将来、社会にでてから苦労するだけ。 続きを読む 火事は焼け広がる前に消すのが鉄則|虐めを初期段階で鎮火するためにすべきこととは

パワハラ対策、やられたらやり返すはマズイのかなあ|弱い奴にだけ強気に出てくるのが特徴だから

やられたらやり返す。これを続けていたらヤクザの世界だ、にも一理ある。でもパワハラは弱い者イジメの典型だから、強い一面を時には全面に出すのも効果がある。激辛カレーを口に詰め込んできた奴には、頭から熱々の鍋焼きうどんでもぶっかけてやればいい。大人しくしてりゃあいい気になりやがって、平和主義と違う一面を見せればビビだろう。 続きを読む パワハラ対策、やられたらやり返すはマズイのかなあ|弱い奴にだけ強気に出てくるのが特徴だから