戸田 裕二 について

スポーツ大好きサラリーマン。ハーフマラソン2時間切りたい!

応援している、期待している、信じている、を重すぎると拒絶する心理とは|オリンピックもワールドカップ恋愛も

応援されると不思議な感情に包まれる。頑張るぞと気合が入り、次に期待の高さに心細くなってくる。そんなにプレッシャーをかけないでくれよ、と。応援と期待が一緒になって重圧をかけ、最初に抱いた感情が揺らいでくるの。この不安を払拭するには練習に集中すること。そして“やるしかない”という感情が内側から湧き上がってくるものなのです。

続きを読む 応援している、期待している、信じている、を重すぎると拒絶する心理とは|オリンピックもワールドカップ恋愛も

自分の首を絞めるだけ|業務マニュアルの作成なんて嫌なこった

会社はデキる社員のノウハウを明るみにさらそうする。忙しすぎる社員を互いにサポートするために業務マニュアルをつくってみんなで仕事を共有しようという理屈。ノウハウを持ったまま退職などさせないとうい防波堤だ。それが昨今、60歳以上の社員をどう使うかにあてがわれようとしている。管理職のミッションは彼らに仕事をさせるために、バリバリの現役にのノウハウをマニュアルにまとめて配布しようと考えているんだ。

続きを読む 自分の首を絞めるだけ|業務マニュアルの作成なんて嫌なこった

頑張りたいのに、ガンバレない|心の矛盾で真逆な気持ちが突き刺しあっている血みどろの状態

「やせたい、でも食べたい」は心の矛盾ではない。欲望が強い方が勝つだけの事。一方、拒食症は食べたいけど、恐怖で食べ物を口にできない状況。真逆の要求が突き刺しあっている血みどろの修羅場です。今日こそ出勤しなければ、と思いながらベッドから起きる事ができない。脳の中での問題で、目標を細かく分けしてできるところから着手するの。 続きを読む 頑張りたいのに、ガンバレない|心の矛盾で真逆な気持ちが突き刺しあっている血みどろの状態

積み上げてきた人生を大切にしょうよ|奇をてらう斬新な意見は耳に優しく解放感があるけど

積み上げてきた価値観のもとで人は生きていくもの。でも、メンタルが押し込まれて辛くなったとき、奇をてらうような斬新で解放感のある物に飛びついてします。まるで生まれ変わるかのような安直な考えです。精神科医はドライに脳内の機能不全と向き合い、本物のカウンセラーはじっくりと時間をかけて考え方の歪に修正をかけるのです。 続きを読む 積み上げてきた人生を大切にしょうよ|奇をてらう斬新な意見は耳に優しく解放感があるけど

自分の殻を破って人生を変えたいなら、この価値観の多様性を頭に叩き込め

いい人を止めると生きるのが楽になる、って言います。他人に気を遣い、身を削ってまで尽くす要はないという事。分かりやすくて効果絶大。それ以外でも自分の殻を破る方法はある。価値観の対比を作成して自分が模範人間になっているのを確認する。ダメ人間よりに自分をスライドさせて、会社をズル休みや、怠慢な生活をでもっと楽になれるんだ。 続きを読む 自分の殻を破って人生を変えたいなら、この価値観の多様性を頭に叩き込め