地頭を覚醒させる|脳への刺激とリラックスでスーパーブレインを作る

地頭を鍛えるのは人生の荒波に立ち向かうのに強い味方となる。人には得意不得意があるが、不得意分野が脳の未使用領域だ。新しい事に挑戦して脳の未使用部分を活性化することが大切だ。が、それは脳にストレスを与えることになる。だから、リラックスして解放することも重要となる。同時に腸内環境を整えて、脳をバックアップすることが望ましい。 続きを読む 地頭を覚醒させる|脳への刺激とリラックスでスーパーブレインを作る

マウントを取りにくるデリカシーの無い人|その対処法とは

テレビ番組を観ていてつくづく女性のマウントネタには驚かされる。デリカシーの無さの微妙な所は男には到底かなわない。が、男社会のマウントもなかなかのもの。極端に二者択一を迫り、自分のペースに巻き込もうとする人。自己中で負けず嫌いな人は、自分のミスを認めようとしない。弁解を延々とを続け、周囲を困らせていいるの気付かないデリカシーの無さなのです。 続きを読む マウントを取りにくるデリカシーの無い人|その対処法とは

改善の余地あり|問題に気づける人と気付けない人

気がつく人と気がつかない人で分けると、圧倒的に女性が有利なんです。生まれつきだから仕方がない。女房が美容院に行って髪を切っても気付かない亭主って相当多いはず。男は注意を払っていないと微妙な変化に無頓着なのです。でも仕事となると相場観が働く。子供の頃からチョンボの多い人は最後の見直しに些細の時間を割くことを怠っているだけなのです。 続きを読む 改善の余地あり|問題に気づける人と気付けない人

ベタな考えを閃きにかえる|既存の発展形か組み合わせで大ヒット

新しいアイディアとは既存の発展というケースがほとんど。突如として現れた新規なんてめったにあるものじゃない。AKB商法だって既存のグループ構成人数を大幅に増やしただけの事。とはいえその裏には秋元康さんのしたたかな計算が隠されています。コロナ禍の出前ビジネスとて環境に合わせただけの既存アイディアだし、和洋折衷のスイーツだって既存の掛け合わせで新味覚を出しているだけなのです。 続きを読む ベタな考えを閃きにかえる|既存の発展形か組み合わせで大ヒット

なぜ、あのとき死なせてくれなかった|生き方が分からない人へのアドバイス

自殺未遂で済んでよかったと思ったのに、「なぜ死なせてくれなかった!」と逆ギレする人。この先どうやって生きればいいんか分からない、という意味なのです。日本は世界自殺率トップ10に入る幸福度低目の国。多くが死にたいと考えてしまう生きづらい環境なのです。おまけに超真面目な国民性。だったら鈍感力を発揮する訓練をすればいいのです。 続きを読む なぜ、あのとき死なせてくれなかった|生き方が分からない人へのアドバイス