運気を上げるには情報をつかめ|スピリチュアルに頼らない運命の上げ方

Pocket

運気を上げると言えば水晶や神社仏閣のお札、風水グッズを思い浮かべますね。

人によってはパワースポットでのマイナスイオンや滝の荒業で一年を始めたりもします。

運気ってスピリチュアルな範疇だから、科学的な根拠よりも都市伝説的な方が好まれるのかもしれません。

しかし、チャンスを運と置き変えたとき、ある方法によって格段にチャンスをゲットする機会は上げれば運気もあがっていくのです。

が、それを生かすも殺すもあなた次第なのです。

ここでは敢えて根拠ある運気の上げ方について解説をさせて頂きます。

 

情報通

 

チャンスをつかむには、タイムリーに情報をつかまなければなりません。

実力があっても、発揮する機会がないことには宝の持ち腐れです。

それならどうやって情報をつかむのか、がキーになってきます。

情報は金で買うとなると、国家機密みたいな危ない情報ですね。

でもここで言う自分の実力を発揮するための機会なら、もう少し普通の手段で得られるものです。

その手段についてご紹介してゆきますね。

 

人脈と人間関係

「アンテナを高く張って」という表現をしますが、具体的には人間関係作りにかかってきます。

誰との関係を良好にすべきかという話になってきます。

ズバリ、自分よりも格上の人間です。

社内でも社外でも構いませんが、格上過ぎて自分では直接話が出来ない人に狙いを定め、その人と自分の間の飛び石的役割を果たせる人を探すわけです。

社長に話を通したいと思っても、直接コミュニケーションをとれない事が多いですね。

その際に、部長クラスを経由して話を通すという手段を使うわけです。

 

愛想・人付き合い・ゴマスリ

よっぽどの特殊能力でも備えていれば話は別ですが、普通レベルの実力の持ち主だったら愛想がなければ上司からは可愛がられません。

上司のご機嫌取りとはい言わないまでも、積極的に話しかけて人懐こい部下でいなければなりません。

日頃から仕事の相談をしたり、部長の趣味や家族構成を聞き出してそこに合う話題でどんどん懐に入っていく。

部長が、自分はこの部下に好かれている、と思われるところがスタートラインです。

仕事帰りの飲みに誘われるようにでもなればしめたものです。

さらに、そこで他部署の部長などを紹介されれば、どんどん人脈がつながっていきます。

あくまでも愛想よく、可愛がられる存在でいること。

それをベースに時たま鋭い仕事の質問をすると効果的です。

あいつ、なかなかやるじゃないか、と思わせるのがコツで、そこからチャンスを手繰りよせるのです。

 

小道具としての、ノド飴、ティッシュ

小道具として案外効果的なのが喉飴やティッシュペーパーです。

咳が止まらないとき、くしゃみが出たときにすかさず、ノド飴やティッシュペーパーを差し出すんです。

最近はお歳暮、お中元が会社によっては禁止となっていますから、禁止の会社だったら止めておいた方が無難です。

それよりも、チョコチョコ、細かい物を配る方が効果があります。

 

情報を引き出すときのコツ

 

情報を聞き出すコツがあります。

唐突になり過ぎないこと。

ガツガツしないこと。

でも、喜んだ顔を見せる。

 

唐突の直球勝負も、たまにはいいんですよ。

〇〇〇が知りたいので教えてください。

なぜならば、○○○だからです。

知りたい理由をしっかり述べられれば正面きっての質問も悪くはないんです。

でも、それとなく探りを入れたい事ってあるでしょ。

それも、まだ公にできないみたいな情報。

これを聞き出すにはそれなりの準備が必要です。

 

聞きかじりのような断片情報でもあった方が呼び水になる

それとなく探りを入れる場合は、多少なりとも情報がないと切り出しづらいですね。

「○○○という噂を聞いたのですが、、、」と切り出して、もっと詳しい情報を聞き出す作戦です。

上手くいけば、ポロッと情報を漏らしてくれるかもしれないですね。

もし、相手が警戒したら、ヘラヘラ笑いながら「ヒントだけでも」と言いながら食い下がるのです。

「えっー、そこまで警戒されると余計知りたくなってきますね」と諦めない。

「ちょっとだけでも教えてくださいよ、ほんのちっとでも」と。

 

それでも口が堅い場合は交換条件を出すんです。

こっちからもいいネタ教えますから、お願いしますよ、って粘る。

それなりにいいネタが提供できれば相手も話してくれるかもしれません。

「俺から聞いたと絶対にいうなよ」と前置きして話してくれるかもしれません。

 

まとめ

 

運気を上げるには風水や占いのようなスピリチュアルな捉え方が定着しています。

それはそれで良しとして、現実的な側面を考えることも必要なのです。

運気をチャンスと置き換えて、より多くのチャンスをつかむ事で成功する確率が格段に上がるという考え方です。

その為には情報を的確につかむ必要があって、周知されていない情報をいち早くつかんで対策するわけです。

企業に所属する者としては、上層部の情報が知りたくなるわけです。

会社がどっちの方向に向かうかをつかむのが必須です。

まず、自分の届かぬ上層部に通じる部長クラスと懇意になる。

ダイレクトに知りたい事を質問するのも良いし、聞きかじった断片的な情報をもとに探りを入れるのも作戦のうち。

     【広告】

 人気記事

     【広告】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*