恋の病のドキドキザワザワを止めるにはGABAに効果あり

Pocket

恋の病で苦しんでいる人、この記事絶対読んでください。

あの、なんとも言えないドキドキ感、ツライですよね。

それが青春だという方々は恋のトキメキを味わえばいいのです。

でも、結婚していて子供もいて、家族円満な生活をおくりながらも、昔の恋人との再会とか、職場での恋心とか、のめり込んではいけない恋のトラップに足をすくわれそうになる事がある。

冷静になって考えれば、頭は理解しているんです。

でも、ドキドキ感が襲ってくる。

誰か助けて!って思うけど相談できる相手もなし。

ひとり、「早く冷めてくれ。どうせいっときの恋心なのだから」と祈りつつも苦しいのです。

ここでは、立ち入ってはいけない恋から緊急避難する方法について解説しています。

 

あのドキドキ感は、悪魔の囁きのようだ

 

幸せな家庭を壊す気などさらさらない。

でも、なぜか心がドキドキする。

結婚前の恋愛なら、“恋の病”はある種の特権です。

十二分に堪能すればいいのです。

後々に会って良い思い出になるのですから。

 

でも、なぜ今なの?

それも10年も前の元カノと偶然再会してから、妙に心がザワザワする。

こういうのって、冷静に考えれば単なる“ありがた迷惑”なんです。

衝動的にバカな行動に走りたくない、そんな気持ちもない。

でもドキドキが止まらないし、「人生は1回きり、悔いなくいきなきゃ」なんて悪魔のささやきみたいなセリフが浮かんでは消えるのです。

 

GABA(ギャバ)で抑制できる嫌なドキドキ感

 

後になって考えれば微笑ましい限りなのですが、恋の病って本人にとっては苦しいでしょ。

あのドキドキ感が辛い。

でも、ギャバ受容体を抑えれば静まってくくるんですよ。

最近はGABA効果のあるチョコレートが市販されています。

精神的な落ち着きに効果があるもので、ストレスや睡眠に効果があるという触れ込みで市販されています。

このギャバって不安感を抑える効果があって、メンタル系の薬にも含まれているんですよ。

チョコレートに含まれる量は、薬と比較すると、さほど多くはないのですが。

恋のドキドキと心の不安って同じなの?

 

チョコレートでの安眠やストレス効果は理解できたとして、それが恋の病と同じなの?っていう疑問をお持ちの方がでてきますね。

その答えは『ハイ、同じなのです!』

 

「極限状態で始まった恋は長続きしないのよ」ってセリフ聞き覚えありませんか?

映画『スピード』でサンドラ ブロックが言ったひとことです。

これを少しアカデミックに説明したのが、「吊り橋効果」です。

 

1947年にカナダの心理学者、ダットンとアロンが発表した「吊り橋効果」の事です。 

男女二人が川に掛かった不安定な吊り橋を渡るとき、揺ら揺らと危険極まりない状況で心臓の鼓動がバクバクとマックスに達したとします。

この心臓の高まりを二人は恋のときめきと勘違いしてしまうという理論です。

 

お化け屋敷やホラー映画にも、同様な効果があるんです。

 

ギャバは原因に関係なく落ち着かせてくれる

 

ギャバって、原因に関係なくドキドキ感を落ち着かせる効果があるんです。

だから、落ちてはいけない関係と分かっていてもザワザワが止まらない元カノへの思いも、冷ましてくれるんです。

職場の若い女性社員が言い寄られて、嬉しいような困ったような有頂天さも冷ましてくれるの。

 

どちらも頭では「こんな事に関わり合ってはいかんぞ!」って思っているわけでしょ。

妻子を守り、温かい家庭を築くんだ、と心に誓っても人間だから、ついつい魔がさす事もありますよ。

でも、そこで冷静に自制するのが大切なの。

いっときの過ちにのめり込んでも、絶対に良い事はないんです。

その為にギャバを利用するんです。

 

ギャバ効果で冷静になるとは

 

一回だけギャバ入りのチョコレートを食べれば恋が冷めるのかと言えば、それは無理なんです。

頭痛薬みたいに、鎮静効果はある期間だけしか効かないの。

でも、ドキドキやザワザワが消えて、冷静になれる期間を持つだけでも全然違いますよ。

そこで、自分でしっかりと考えることができますから。

俺は家庭を壊すようなバカな行為には走らない。

人の目をごまかしてとか、誰も見ていないから、とか自分で自分を騙すような真似もしない。

全力でこのピンチから自力で抜け出す、って心に誓える。

 

チョコレートのギャバ効果じゃ弱いと思ったら診療内科に行けば薬を処方してくれます。

事情を話すのは少し恥ずかしいかもしれないけど、相手(医者)だって大人だから、説明すれば分かってくれるはず。

ぜひ、ピンチを乗り切って幸せな家庭を作ってくださいね。

     【広告】

人気記事

     【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*