ストレスの緩和|出勤困難症になる前に小手先の策で会社勤めを楽にしよう

Pocket

明日仕事休んじゃおう、と決めたときストレスのボルテージが一機に下がりました。

鼻風邪で妙に調子が悪い。

一晩ゆっくり眠れば治るような気がして明日の休暇届けを出しただけなのに、こんなにも気持ちが晴れるなんて。

 ここではストレス緩和の役に立ちそうなアイディアをご紹介してゆきます。

 

仕事行きたくないという出勤困難症

 

日曜日の夜になると、明日仕事行きたくない~と心が叫ぶのを出勤困難症と言うらしい。

月曜日の朝、突然、頭痛や腹痛や呼吸困難に襲われて会社に行けなくなるそうです。

ここまで症状が悪化してしまったら専門医の診断で回復に努めるしかないですね。出社したくないという気持ちが脳を混乱させて、身体におかしな指令を出してしまっている状態です。

抜本的な対策を講じないと、あとあと厄介な精神疾患へと発展しかねないんです。

 

でも、『明日は会社休んじゃおうっと!』で気持ちが晴れるくらいだったら、その小手先のモチベーションアップ術を駆使して、生き延びるのもサラリーマンとしてのテクニックです。

 

会社休んじゃえ、でストレス軽減

 

仕事がストレスになっている人はす少なくありませんね。

業務量や人間関係に問題があるわけではないけど、休みの方がやっぱり気楽です。

ただ気乗りがしない程度の理由で、業務に支障がないなら、ストレス軽減を理由にたまには適当な理由をつけて会社を休むのも悪くないですよ。

気楽に生きる術を幾つか持っていて、それをたまに発揮する方がいいんです。

 

任せて安心、みたいな人いるでしょ。責任感が強くて、絶対に途中で放り出さない頑強なタイプ。

そういう人を見ていると寿命を少しずつ削って仕事をしているみたいに見えるの。もちろん悪い事じゃないけど、責任感の強さもほどほどにしておかないと最後に自滅しそうで怖いですね。

  

カワイイ人、カッコイイ人に会うのを楽しみに

 

まだ学生だった頃、好きな人に会えるのが通学の楽しみだったでしょ。

片思いだから、ただ顔を眺めるだけだけど、それが相当強いモチベーションアップになっていた。

(ああ、なんてあの頃は純粋だったんだろう)

 

で、今でもその純粋作戦って効果があります。

オレみたいなおじさんの場合、いやらしさが滲み出ない程度に社内のカワイイ子と仲良くなる。

当然、不倫とか不謹慎な事は考えたらダメです。

目的は出社するためのモチベーションを上げる事。

出勤する意欲を高めてストレスを緩和することに絞るの。下手な考えを抱くと後で手痛い目にあるから、と心に決めるんです。

 

接点なしでどうすればいい

 

とは言え、カワイイ子を見つけるのは簡単だけど、親しくなるのは難しいですよね。

歳が全然離れているし、だいいち接点がない!

同じ部署ならまだしも、他部署だったら話す機会すらないですからね。

 

ここで焦ると裏目にでます。

オジサンがカワイイ女の子を見るとき、どうしてもいやらしい目つきになりがちでしょ。

焦って話しかけようとすればするほど、目が異様にギラついてきたりするんですよ。

 

だから最悪、遠巻きに眺めるだけでもいいくらいに思っておく。

運よく、何かの機会で話せるチャンスがきたらユーモアのある楽しいオジサンを見せる。

 オジサンは小ぎれいが一番

 

オジサンは汚いもの、という印象が強いです。

ハゲ、デブ、汗臭い、加齢臭、等々で若い子から距離を置かれるの。

悲しいかな、全くその通りなんです。

だからまずは我が身を小ぎれいに保つところから始めないとだめ。

 

上記の印象で自力ではどうにもならないのがハゲですね。

ズラをかぶっても、ハゲはハゲだし、ズラなんてすぐにバレる。

少ない髪を均等に横流ししてバーコード頭を作るより、堂々とハゲていた方がずっと爽やかなんです。

だから、下手な小細工よりも小ぎれいを全面に出した方が絶対に得策。

デブ、汗臭い、加齢臭等々は、努力で改善しかないですけど。

 

食べる楽しみ、飲む楽しみ

 

人間の食欲はバカにできないんですよ。

小中学生の頃、給食が楽しみだったでしょ。

今日のおかずは何かなって気になっていたじゃないですか。

今日のお昼ご飯は〇〇〇を絶対に食べるぞ、と決めて出社のストレスを軽減するのです。

 

仕事の帰りにショッピング

 

物欲をくすぐるのもいい作戦です。

欲しい物があるなら、それが売られている店に仕事帰りに寄る計画を立てるのは得策です。

店が職場と家の間にあれば出勤する意欲も上がります。

 

世の中では物欲では幸福になれなって言われていますね。欲しい物を買うと、また次に欲しいものがでてくる。

切がないし、エスカレートすると品物を買わずにはいられないショッピング依存症に陥ってしまうと。

 

確かに依存症は恐ろしいです。一度、引きずり込まれたら抜け出せませんからね。

でも、ここで言うのは欲しい物を手に入れるという幸福感が、ストレスを軽減させるのに役立つという意味なんです。

次々と買い続けるのではなくて、あれがいいかな、こっちのほうがいいかな、とじっくりと検討するのを楽しむ。

売り場を訪れて下見を楽しむ。

こういう方法がストレス緩和として意外にも即効性があるんです。

     【広告】

人気記事

     【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*