女房への文句は手加減せずに同僚に愚痴ると気持ちがスッキリ収まる|言葉に出すと相手は逆切れするから

Pocket

普段は温和な男なんだけど、たまに奥さんの悪口を連発する同僚がいるんです。敢えてストレスを叩きだしてスッキリするのが目的なんだって。

オレも同じようなものだけど、、。

昨日の夜奥さんとケンカして、心無い言葉を浴びせられたとかではないんです。

 

休日のご飯の支度はオレの仕事

 

休みの日の飯作りはいつもオレの仕事なんだ、と愚痴る。

土曜日、日曜日の朝。家族それぞれ好きな時間に起きてきて、適合な物を食べるそうです。でも、昼メシと夜メシの当番はもう何年も同僚の仕事として固定されているとのこと。

献立考えるのも、材料をスーパーマーケットに買いに行くのも全部、彼の仕事なんです。

最初は少しでも奥さんの役に立とうと、見よう見真似で野菜炒めあたりを作ったのが発端らしい。

美味しい、美味しいとおだでられ彼は気を良くしてしまった。

奥さんは初級者向けの料理レシピ本を3冊ほど買ってきたのだそうです。

 

子供が小学3年生頃になると、平日の夕飯のおかずすらも、彼が土曜日と日曜日に作って冷凍にしておくことになった。一日2品分だから、日合わせて10食のおかずを作る。

本に書かれたレシピを見ながら献立を考え、材料を金曜日の会社帰りに調達し、両手にビニール服を下げて帰宅する。

土曜日は朝からガンガン作る。土曜日だけで終わらない時は日曜日にも食い込むわけ。

だるくて何もやる気がしない

 

そもそも平日の夕飯をも彼が土日に作ることになったのは、奥さんが朝、ベッドから起き上がれないほどのだるさに見舞われるようになったからとのことです。

身体が鉛のように重くて動けないそうなんです。

「うつ病なんじゃないか?」と相談に乗ったの。

かつてやれていたことができない。いや、やる気が起きない。やらなければ、と思ってもできない。こんな精神的にもどかしいい状態らしい。

献立を考えるのが嫌。

食事の支度が嫌。

買い物に出たくない。

トイレの掃除もしない。

風呂の掃除もしない。

家じゅうの掃除もしない。

朝は起きられない。

早くて昼飯前。

下手したら、夕方までベッドの中。

「なんでこんなに身体がだるいんろう?」って不調をうったえる。

そんなの医者じゃないんだからわかるわけないないだろう、とつれなく答えてしまう。

 

若い頃から、身体のあっちが痛い、こっちが痛いって病気マニアみたいな人だったらしいんです。

国立の大学病院に連れて行った事あったそうです。

結局は、どこも悪くない。

 

精神科医を転々として|否定型の双極性Ⅱのうつ病だからモチベーションが上がらないと体が動かない

 

診断は新型うつ病の双極性Ⅱ型とのことです。

新型うつ病って、やりたい事はできるけど気が進まないことは一切手が出ない、という症状。

気持ちはほぼ停滞気味で、時々持ち上がる感じ。

 

冷静になれば、相手は病人なのだから仕方がないと思える、との事です。

今日はめずらしく機嫌がいいなあ、なんて単純に見ていたのはだいぶ昔の事だそうです。

双極性Ⅱ型の特性を熟知した今となっては「なるほどこれ実物なのか」と感じるとのことです。

テンションの上下の振れ幅が、やっぱり普通の人よりも大きい。

 

だから同僚は、それに付き合い過ぎるとドット疲れがでる。

「おいおい、調子がいいからといってそんなに張り切るとエネルギーが切れるよ」って心配になるけど本人にはとどかない。

調子がいいから趣味に没頭し、深夜まで手を休めないんです。

エネルギーの使い方と配分を自分でも理解してくれよ。

 

でも、これいったら逆キレするだろうなあ。

怒り心頭して怒鳴るに決まっている。

そういう人だからなあ。

 

だけど誰にも言えないな

 

奥さんの実家の母親が、娘がこんな状態なのを知ったらさぞかし驚くに違いない、と思い込んでいたいたんです。

優しい男なんです。

どんなに自分が辛くても、これはだけは言えないよなあって禁じ手にしてたらしいの。

そしたら、奥さんの母親は娘の状態を知っていた。

新型うつ病双極性Ⅱ型までは知らなかったらしいけど、家事全般を彼がこなしているのを知っていた。

 

休みの日に食事の支度をするのが同僚の仕事だって事。

娘は部屋も風呂もトイレ掃除しないことも。

こういうのを全部、娘から聞いて知ったの。

 

あくまでもオレの感覚ね。

もし、自分の娘が家事も満足にできていないなら母親として恐縮するでしょ。

いつも娘がご迷惑をおかけしてます、くらい言うのが常識と思いません?。

そんな謝罪じみた言葉なんて何一つらない。

ある時、娘に向かって

「あんたが、こんなふうになるとは思ってなかったよ」だって。

ふざけた親子だよ。

 

こんな事を愚痴っているうちに、だんだんと罪悪感が込み上げてくるらしいです。

彼の奥さんだって好きで病気になったわけじゃないし、と。

 

h2 とは言え悪いとこだけじゃないしなあ

 

その時の衝動的な気分で好き勝手に悪口を並べたてると、気持ちがスッキリして、その後でじんわりと罪悪感が出てくると同僚は言います。

なんとなく可哀そうな気持ちになってくる。

酷い事を言ってしまった、って。

やっぱり情が移っているから憎み切れない。

事実としては別に言い過ぎってわけではないけど、自分だって完璧な人間じゃない。そんなオレがここまで偉そうに言えるのか。

助けてもらう事だって沢山あるじゃないか。

暫くして、良くしてくれた時の事を思い出すの。

 

頭にきたときって、思い切って言いたい事を言ってみるのも案外いいのかもしれない。

自分の怒りが収まった、相手への感謝の気持ちがでてくる。

そんなふうに人間って出来ているのかもしれない。

     【広告】

 人気記事

     【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*