子供にやる気をださせる|褒めて伸ばし、将来の職業像を描きだしたらチャンス到来だ

Pocket

自分の子供が勉強嫌いだと心配ですよね。
学校で落ちこぼれて惨めな気持ちになっていないか、、、。

さらに将来、この子はどうなるの、みたいに親の不安は増すばかりです。

 子供を心配するのは悪い事ではないですよ。親の愛情ですからね。

でも、心配するあまり怒鳴っちゃったりするでしょ。

「宿題はやったの! 少しは勉強しなさい!」

 これって100%逆効果ですよね。

お母さんの子供への愛情のはずが、

“うるさいなあ、くそババア”が返ってくることになってしまう。

 

ここでは子供にやる気を出させるために、愛情の空回りから抜け出し、勉強に興味を持たせる方法について考えてゆきます。

 

子供にやる気をださせる前に確認すべき事

 

学校の先生に提出する宿題(読書感想文とか作文とか)が終わっていないと、母親としてついつい焦って大きな声を出してしまいますね。

「早くやりなさい、今どこまで済んだの?えっ、まだ一行も書いてないの。ねえアナタ、何とか言ってくださいよ!」と亭主にまでトバッチリが、、、。

 

あっ、すみません。トバッチリって言い方は良くないですよね。ご亭主も協力してこその子育てですから。

 やる気があるか、ないかの問題なのか、書き方がわからないのかが重要なんです。

 

褒めて伸ばすとは言うけれど

 

子供は楽しくなければやりたがりませんね。

だから、ほとんどの子供は褒めて伸ばすのがいいのです。

すると、途端に

「あなたはやればできる子なのよ」

とか

「もともと頭がいいのだから」とおだてて机に向かわせようとする親がいます。

その手を使う前に、いま、目の前にある課題を親として理解してみてください。

その上で褒めればできるのか、それとも、やり方がわからなくて手を付ける糸口が見つからないのかを判断しないとダメです。

褒めても出いないものは出来ないですから。

今更アタシが子供と一緒に勉強?

 

子供を机に座らせる前に、“子供に課された課題を親として理解してみてください”っていうと、たいていの親は“ゲッ、なんでアタシが理解しなきゃならないのよ!”って気持ちになるんです。

それくらい子供も重苦しい気持ちになっているんですよ。

ほら、子供の気持ちがわかったでしょ。

で、なぜ“子供に課された課題を親として理解してみてください”と言うか?

それは、子供にやれる力があるか、やる気がないだけなのかを判断するためなんです。

たとえば読書感想文の宿題だったとしたら、「何について書こうと思っているの?」って聞いてみてください。

子供が延々と粗筋を喋り出したとしたら、その子は読書感想文の書き方がわかっていないと判断しなければならないんです。

 

もし、そういう状況でしたら褒めても、おだてても読書感想文は一向にすすまないですから。

  

学習熟に任せっきりにする親

 

今更、子供と一緒に勉強なんかする気はない、というスタンスで学習塾に任せっきりにする親もいます。

いい先生にめぐりあえればラッキーです。

でも、学習塾でも落ちこぼれたらどうします?

今の進学塾って、能力別にクラスわけをしますから、ついていかれなければどんどんしたのクラスに落ちるだけなんです。

だから義務教育のレベルだったら親として子供の為に時間を割く覚悟がなければダメなんです。

子供のわからない部分を一緒に考える真剣さが子供の背中を押すのですから。

 

褒めて伸ばすには短期目標が最適

 

勉強でも成功体験が大切なんです。

読書感想文を書いて先生に褒められたら、その子は文章を書くことが好きになるんです。

作文を書くことだって楽しくなるし、課題研究でレポートを書くのも得意になる。

 

数学の問題だって解ければ嬉しいし、楽しい。

今までできなかった問題が、やっと問解けたらそこが一番大切なタイミグなんです。

ここで褒める。

たった1問解けただけだけど、褒める。

 

学校のクラスだったら大半の子供が楽々とけているかもしれないけど、そんなの関係なしに褒めるんです。

それが子供にとつてどれほど嬉しいか。

問題が解け、それを親に認めてもらえた嬉しさです。

10問できたとか、テストの点数が良かったとか、2学期の成績が上がったとか中期的な見方も大切です。

でも、学習の習慣へのきっかけとして短期的に見てあげてください。それがスタートラインですから。

 

将来の職業像を子供が描いたらチャンス到来

 

勉強嫌いから脱するきっかけは小さな一歩を褒めてあげる事ですね。

で、それを継続するように学習のクセがつくかどうかは本人の意思が大切になります。

1年を通して頑張り続ける長期戦ですね。

高校生くらいになれば、大学受験を見据えて頑張り続けるのは当たり前ですね。でも小学生で、それまで「勉強なんて大嫌い」だった子供が1年間もモチベーションを保ち続けるのって結構大変ですよね。

 

それに一番効果的なのが将来像なんです。

宇宙飛行士になりたい。

お医者さんになりたい。

小説家になりたい。

犬の訓練士になりたい。

 

こんなことが頭に浮かぶと、学習への意欲のもとになります。

偉業を成しえた人の伝記を読んだり、実在の人物を描いた映画を観て、“ああ自分もあの人のようになりたい”、と感じた瞬間にモチベーションが一機に上がります。

“宇宙飛行士になるためには、いま何をすればいいのか?”って思いますよね。

そこがまた親からのアドバイスが大切になってくるんです。

 

もちろん、親だって子供を宇宙飛行士にするプロセスなんてわかりません。でも、そこで子供が描く夢について親と意見交換しながら、学習の大切さを少しずつ刷り込むんです。

 

大学にはどんな学部があって、その学部では何を勉強するのか。

その勉強が将来の職業に、どんなふうにつながっていくのか。

   

まとめ

 

子供が勉強をしようとしない時、ただ気分の問題なのか、分からないから着手できないのかを親は見極めなければなりません。

その為には親、自ら子供に課されている課題を理解して、子供との会話する中で理解度を推し量る。

 

今までできなかった問題が一つでも解けたときには、子供を褒めてやる気を掻き立てる。成功体験を繰り返させるために短期的に課題のクリアー具合を見ていく。

 

やる気を持続させるには、子供が将来なりたい職業を意識したときたがチャンスです。

将来につづく道として、大学で学ぶ専門分野などを夢をもって語り合うことで勉強へのモチベーションが上がってくる。

     【広告】

 人気記事

      【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*