心って脳と潜在意識|膨大な外部刺激に瞬時にこんなふうに反応する

Pocket

自分の心が何を感じているかを敢えて意識するのって普段あまりやらないですよね。

そんなことしなくたってわかるもの、って思っているんです。

 

心って生物的には脳の事で、眠っていない時以外は自覚できていと感じているわけ。

でも、もう少しだけその心の叫びに耳を傾けてしっかりと聴いてあげてください。心の中には顕在意識と潜在意識が存在していて、後者が案外おざなりになりがちなんです。

そこにもしっかりと注意を払わないと片手落ちなんですよ。

 

ここでは半時、いや数ヶ月に一度くらいでも構わないのですが、心のドックがてら読み進めて頂けると幸いです。

脳って何物?膨大な外部刺激に瞬時に反応

睡眠に入った時、夢をみますね。

夜でも、昼寝でも気がかりな出来事が夢として表れたり、なんてとりとめのない夢だったのだろうと思ったりします。

ときためストーリー性の高いドラマみたいな夢をみる事もあるでしょ。

でも、物語チックで時間の経過を感じさせる夢でも、実際にはほんの数秒間だと言われています。

脳(心)って凄く、多種多様な出来事やインスピレーションに秒単位で反応しているんです。

 

潜在意識を上手に使って成功を勝ち取れ

 

顕在意識は、よく“氷山の一角”にたとえられます。今アタナが頭で考えていることは大きな問題のほんの一部で、全体像のほとんどは潜在意識がとらえている、なんていうふうに表現されています。

確かに、人が一度に認識・思考できる情報量なんてそんなに多くはない。

1000個の情報を一度に処理できる頭脳の持ち主なんて、まず存在しないでしょ。

それに比べて、潜在意識って無限大に情報を蓄積し、関連するものどうしを親和させて上手く引き出しに格納していくって言います。

その潜在意識を活用すると、今まで自分では考えられなかった思考が思いついたら、忘れていた重要な関連情報を思い出したりできる、と言います。

頭ではわかっているも心がなぜか心がモヤモヤしていたり、こうした方が絶対有利と確信しているのに乗り気に慣れない、こんなときも潜在意識が何かの理由で反対しているの。

でも、こんな事言われたって困っちゃいますよね。
こういう時は今、考えている問題とやろうとしてい事を潜在意識に伝えるんです。それで潜在意識はらのフィードバックを待つ

ゆったりした気持ちで心を落ち着かせます。眠りに着く一歩手前の意識下で話しかけると潜在意識が受け止めてくれるはずなんです。
一度では簡単に成功しませんから、繰り返しメッセージを送ってくださいね。

心が泣いているのは 自尊心が満たされないから

なぜか、取り立てて訳もなく悲しい時ってありますね。自分が情けなく思えるとき。
よくよく思い出してみると、1週間くらい前の出来事が心に引っかかったりしているんです。

自分の言ったことに誰も共感してくれなかったのが寂しかったのを引きずっていたわけです。

これって自尊心と関係しているんですよ。人間は誰でもあるレベルで自尊心を保っていないと安心感が得られないです。
自分は、〇〇〇で親兄弟、友人の役に立っているとか、世の中に貢献しているとか、いつか大きな成果を上げるべく着々と準備を進めているとか、人によっていろいろです。
そえが何であれば、自分自身が自分の価値を認めていないと心は不安でならないの。

 

 欠落した自尊心を埋めるためにいじめに走る

自尊心が欠落している子供の心は不安でいっぱいです。お前なんかもういらない、って言われて生きる道すら閉ざされやしないかと内心ビクビクしている精神状態です。

そこでかれらがどうやって自分を立て直そうかと考えた時、”自分よりも惨めや奴を創りだせばいい”っていう発想にたどり着くんです。
”惨めな自分が見下せるような最悪な環境で学校生活を遅らせてやる”と。

イジメる側の理論は『社会の底辺にいたくない』というものです。でも、どうやって上に這い上がればいいのかがわからない。
それなら、相対的に自分よりももっと、もっと惨めや奴を作り出してしまえばいい、というロジックです。

イジメる側にはいイジメの本当の動機がわかっていません。自分の自尊心を満たす為、なんて1ミリも思っていなくて、ただ表面的に”ムカつくから”、”生意気だから”、”見た目がキモいから”、、、。
こんな理由で仲間内を巻き込んでいじめをたくらむんです

だから、それを分からせないと、この手のいじめはなくならない。
イジメの主犯格の家庭環境が劣悪だったとしても、自分の努力次第でそこから抜け出せることを教え込んで、小さな成功体験を積み重ねるように誘導しないと、この2重構造のイジメは無くなっていあないんです。

 

 イジメを根絶できな社会制度

イジメ問題を考えるといつも行きつくのが教育者が置かれた環境なんです。自尊心をもって堂々と自信を持って未来に歩みを進めて欲し、っていう気持ちで教育者は教壇に立つわけでしょ。

高い志を抱いて教育の現場に飛び込んでこられた先生方ばっかりだと思います。
でも理想と現実は違っていた。
勉強以外で子供らに教えたい大切な事がいっぱいあったはずなのに、なに一つ実行に移せない。
これが先生たちの心の叫びだと思うんです。

もどかしい、悔しい、でも150時間以上の残業の日々で、教師は体力も気力も限界なんです。
校長先生だって教師一人一人の激務と教育委員会の存在と『いじめ防止対策推進法』の内容を充分理解していて、それらが現実問題成立しえないのに頭を抱えてるんです。

イジメを止められないのは、ストップを掛ける人がいないからなんです。
単純に時間の問題で、先生方は忙しくてそれどころじゃない。
(こう書くと誤解をうんでしまいますね。)

イジメ問題にまで教師を関与させていたら、教師が過労死してしまうんです。

解決に向かわせる策がないわけじゃないんです。
じっくり時間をかければイジメの主犯格を厚生させる事は出来るんです。クラス全員で一人の子供を無視している現状かもしれないけど、ほとんどの子は自分が標的にされるのを恐れ、ただイジメに付き合っているだけなんです。

働き方改革で学校の先生らの職場環境がどう変わったかは??ですけど、人員を投入して先生一人一人が余裕をもって仕事に打ち込めれば、イジメ問題だって徐々に減っていくものです。

     【広告】

生まれながらの性格は心というより脳機能のせい

世間を騒がせた事件をテレビや新聞で見聞きしていると、”この犯人って人間の心もってない!”って思う事が良くある。猟奇殺人とか、動機が納得いかない場合、精神鑑定で責任能力を検証するでしょ。

そのときに、メンタル疾患で衝動性が抑えられず犯行に至った、という人と犯行目的に計画を練りになるタイプがいる。メンタル疾患っていうのは幻聴が聞こえてきて、”〇〇を殺せ、さもないとお前の家族がひどい目遭うぞ”って操られたり、家族一人一人がどうも別の人に思えてくるような脳の病気。誰かが替え玉を家に送り込んできて自分を監視していると信じ切ってしまうとか。

こういう人って刑法39条で減刑されたり、刑罰の対象から外される。

一方で、恋人にフラれたのに諦めきれずに追い続ける。職場や家の前でしつこく待ち伏せして復縁を迫るストーカー行為ですね。
でも結局、恋は成就せず、だんだんと元恋人が憎く思えてくるんです。

「こんなにもオマエを思っているのがなぜわからないんだ」って。
「そんな人の心を理解できない女なんかは生きる資格はない」って殺人にはしるんです。
これは、人格障害で生まれ持った性質だから、精神鑑定でも無罪には絶対になりっこないんです。

とはいえ、人格障害が引き起こした犯罪が表沙汰にされないケースがいちばん怖いんです。
少年法に守られて、名前も公表されないし、少年院で育て直しとかのプログラムを受けることで厚生できたことにして、一般社会に解き放される。

神戸連続殺人事件の酒鬼薔薇聖人とか、佐世保で同級生の首を切断した女子高生とか、東京都足立区綾瀬で起きた『女子高生コンクリート詰め殺人事件』は、少年法に守られて大した罰も課されず人格障害のままでいるわけです。

精神科医だって「あんな人格障害、治しようがないよ」ってさじ投げていますから。
それを、ただ法律だからという理由で甘い措置で解放する事の怖さを常々感じるのです。

 

心に引っかかって釈然としない

どうしても釈然としない事件ってやっぱりモヤモヤしますね。
暫く前に書かせていただいた山梨県のキャンプ場から小学生の女の子が消えた事件。
少し前もキャンプ場付近を警察が捜索したけど、少女の遺体は発見されなかった。だとしたら、誘拐しか考えられないでしょ。

たった100mくらいの山道から女の子をさらうなんて犯人側からしたらリスキー過ぎる犯行で、彼女が大声でも出したらすぐに大人が駆け付ける。
それにも関わらず、あえてあの場で犯行を犯したとなると、準備が必要なんです。

さらって逃げる係
他の子供から彼女を一人に孤立させる係

これが出来た人を警察は探さないと、この事件いつまでたっても解決しません。

もう一つ、夏祭りでカレーにヒ素を混入させたと罪で死刑判決を受けてる林真須美死刑囚も釈然としない。
犯行に用いられたヒ素と、林真須美の自宅にあったヒ素が同一だという理由から逮捕したにも関わらず、その後の京都大学での試験では別の物だと証明できているのに、その証拠を裁判所は採用拒否して判決は覆らず。

令和に元号が変わった時点で、恩赦により死刑から無期懲役に減刑されるかと推測していたのに、それもなし。

死刑判決から20年も経過したも死刑は執行されないまま。どう考えてもおかしいでしょ。

マザーテレサが晩年、知り合いの神父さんに『自分は神が本当に存在しているのか、確信が持てない』と相談していたことが分かりました。

あのバリバリの聖職者のマザーテレサが神を信じていいのか確信が持てない、とは驚きですよね。
でも、それを聞いたとき、本当の彼女の心の叫びなんだと感じたんです。ローマ法王だって、神の存在をどのくらい神妙にうけとめているかなんてわからないでしょ。

人間なんて墓場まで持って行かなきゃならない嘘を幾つか抱えて生きていて、なんでも真実をあかるみに出すのが正しいわけではない。
とはいうものの、死ぬ前にドロを吐かせたい人は何人かいますよね。

 

常に心の片隅で興味を刺激する科学のちから

タイムマシンとUFOと宇宙人はどうしても気になる。
アインシュタイン博士の相対性理論から未来に行くタイムマシンは実現可能なのは立証できているけど、それだけ先の未来に行けるかとなると、とたんに劇的なイメージとはかけ離れてしまうんです。

一方で、過去に行くためのロジックは確立されていないの。光よりも高速になれば時空が歪んで過去に遡れるとか、苦しい理屈しか今のところない。

が、UFOらしきものが世界各国で観測されているでしょ。じっくりカメラを向けると突然消える。
この現象って、超高速で飛行した結果、未来に時間軸がずれたのか?って思いません。

どうも、タイムマシンとUFOと宇宙人がリンクしているように思えたならないんです。

 

心を苦しめる恋愛は告白あるのみ

恋愛となると心の声がどうのこうのって言うより、とにかく胸が張り裂けそうな痛みですね。
あの苦しさは、本人にしかわからない。

でも周囲の人からみれば微笑ましい程度。
本人はどうしようもなく苦しくて、でも誰にも言えなくて、もしかしたら両想いかもしれないなんて夢を抱きながら、そのうち誰かに目当ての相手をさらわれちゃったりするの。

中年のオジサンから言わせれば、あんまり自分の中だけで温め続けない方が得策なんです。
”昨日も今日も視線が合った”とか、”もしかしたら赤い糸でつながれているのかも”と淡い恋心でいても、突然思わぬ第三者が現れる事ってあるんです。

苦しさは告白することで半減するし、自分にあった相手が見つかってから恋愛をエンジョイする方がずっと得策なんです。

 

いい女と心を惑わす魔女的女

やっぱり恋は人を盲目にし、狂わせますね。
いい女って同性からも好かれるタイプって冷静には思っても、好きになるとどうしようもない。
好き、好き、好きって気持ちばっかりが先走って、ドキドキが止まらなくなっちゃう。

 

 DVはスパイシーなツンデレか?

一方で、恋心を冷めさせない刺激的なテクニックとしてツンデレが挙げられますね。
甘えてみたり、厳しくしてみたりを交互に繰り返すんです。

スイカに塩を振る、辛さの中に甘味があるカレーライス、クリーミーなソースパスタソースに黒コショウをかけるようなもの。
蚊に刺されて赤く腫れたかゆみの部分にツメで十字を刻む。

痛気持ちいいんです。

暴力亭主のDVって、パンチの効いたツンデレと思いません?
嫌なら、警察にでも走り込めばいいじゃない。
「さっきは殴ってゴメンね」が暴力の相対効果で天にも昇る気持ちにさせているんじゃんないの。

奥さん、そこに早く言付かないと、とオレの心は叫ぶんです。

 

脳の異変

強い決意すら打ち負かしてしまうのが依存症です。

アルコール依存症
キャンブル依存症
買い物依存症
セックス依存症
仕事依存症

専門の施設に何か月も入院してやっとまともな道を歩けるようになった。
”でも油断は禁物ですよ。お酒、一滴でも飲んだら地獄に逆戻りですからね。心を強くもって、決意してください”と退院の時に言われるんです。

だって、依存症って完治はあり得ないのですから。
治ったつもりでいても、脳は異変したままなんです。
飲む、打つ、買う、やる、没頭するに一瞬でもで手を出したら、一発で逆戻りなんです。
脳が意志を貫こうとすしても、その脳が快楽物質を分泌するから意志の力なんてたちどころになえてしまうんです。

依存症に1度でも陥ったら、あとはそれに近づかないしか、勝てる道はないんです。

病んだ心に付けこむ悪魔

病んだ心や、弱った心に付けこんでくるのがカルト宗教です。
ツボを押さえて、心に入り込むの。

この人なら絶対信じられる、って思わせておいてズルズルと引き込むんです。
マインドコントロールだから自分から外す意志がないと抜け出せない。

教祖様の祈りをしたためた手紙が1枚、1000円あたりから始まるんです。
心の闇を取り払って、解放されるには一心に祈ること。無駄な邪念や、心の解放を邪魔するものは全てすてて、体一つで入団しなさい。

全て教団が面倒をみます。
だから現代社会の汚い利益、財産は教団側が始末しておきます、と一切合切の金目のものが吸い取られる。
気付いた時には、教団以外に生きる道はないんです。

まとめ

今、一番興味のあることは?ときかれて恋愛とかスポーツとか料理とか、ぱって思いつく。でも、脳って凄い量の外部情報を瞬時に判断処理しているんです。

潜在意識が素早く反応して、いったん引き出しにしまいこんで必要な時にだしてくる。
これが脳の働きなんです。

対照になる情報は千差万別で今現在の悩み事から科学、恋愛、社会問題、事件等々。
眠っている時すら完全には休んでいないんです。

機能停止は死んだときだけ。
だからときたま立ち止まって、潜在意識と対話してみてください。
そして、自分の進みたい道についてアドバイスを求めてください。

     【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*