もう無理だと思った時どう生き延びればいいのか

Pocket

もうダメだーって弱気になる事ありますよね。その原因、事情は人それぞれバラバラです。

例えば:

お金が全然ない

病気になった

やる気は出ない

信用していた人に裏切られた

離婚を突きつけられた

リストラされた

 

こんな時、どうやって立ち直りますか?

時間が解決してくれることもあるし、偶然が良い方向へと導いてくれるケースもある。

 

でもここでは、自分から一歩踏み出す方法について考えてゆきます。

 

 上をみればキリがない、下を、みてもキリがない

 

自分では限界ギリギリの極限状態に追い込まれたつもりでも、案外まだまだぬるかったりするものです。

そんなに、自分が思うほどシリアスじゃないことが多いの。

追い込まれると視野狭窄になるタイプの人居るでしょ。だから、まずは『上には上が、下には下がいる』って考えてみるんです。

 

どうですか、少しは気持ちに余裕は出てきましたか?

もし、まだ神経がピリピリ状態だったら、今の限界状態をとことん味わってやろうと気持ちを切り替えてちゃって下さい。

 

少し話しは逸れるけど、いまって激辛ブームでしょ。南米あたりの強烈ハバネロたっぷりのラーメンとか、中国四川省のバカ辛唐辛子入り麻婆豆腐とかね。

あれって、辛いを通り越して痛いって言いますね。

そうなんです。

辛さは味覚じゃなくて痛覚なんです。

それを、美味しい美味しいと堪能しているわけ。

 

つまり、人間は痛みを味う能力が備わっているです。肩甲骨の横をグリグリ押された時のあの痛気持ち良さ。

リラックスすると脳が回転し始める

 

緊張していると物の見方が硬直するでしょ。ヤバイ状態に首までどっぷり浸かって身動き取れない。

これって自分が招いている状態なんです。

不思議でもなんでもなくて、リラックスしてくると別の視点がでてきて新しいアイディアが浮かんでくるものなんです。

 

占いに行くと視野が開けるんだ

 

占いに行って転機を見てもらうのって良い気分転換になるんです。

怖いとか、どうせ八百長だろとか、裏がありそうとか、誰にでも当てはまる事で言って丸め込んでいるんだ、とか疑い出すときりが無いけど、もうダメだと思ったら『黙って座ればピタリと当たる!』を信じるの。

 

占いは元を正せば、統計学の延長なんです。すんげ~長い歴史の中で培われたアカデミックな科学だから馬鹿にできないんですよ。

細かく説明はしないけど、占いの特徴は人を見放さないんです。

「アンタの人生もう終わってるから!」みたいに地獄に逆落としみたいな事は絶対に言わないの。

 

人生の山と谷を見極めて、「今は一番つらい時期だけど、あと1年辛抱すれば光が見えてくるからさ。苦しいだろうけど頑張りなさいな」みたいに救いの言葉を言ってくれる。

だから、メンタルがボロボロで自力で立てないと思ったら占ってもらうに限るんです。

 

少し心に余裕がでてくると視野が広がる

 

例えばお金の問題で悩んでいるとします。

貯金ももうじき底を突く。会社をリストラされたから収入はない。もう、食べ物を買うお金すらない、絶望だ、、、、!

こんな閉塞的な精神状態になっています。

給料が振り込まれないから収入がゼロっていう発想にしばられているでしょ。

 

気持ちに余裕がないから柔軟な発想ができない。

60歳とか65歳まで働く職場を描いて、再雇用の先を探しまわるでしょ。でも上手くいかないときは行かないんですよ。

だったら1ヶ月とか半年とかのスパンで働くことを考えればいいんじゃないの。

とりあえずお金が稼げて、切り詰めた生活でも生きていければ何か考えられる。。清掃関係とか老人の介護系とか幾らでも仕事なんてあるじゃない。

自分の物を赤の他人に売るアプリだってバンバンあるでしょ。

とりあえず、そこに全神経を集中するのが大切。

 

時間は伸び縮みする

 

時間って1秒とか1日とかの基準で全ての人に平等に与えられているでしょ。確かにその通りなんだけど、おかれたシチュエーションによって伸び縮するんです。別の言い方をすると、“丁寧に使う”とか“雑に使う”みたいなイメージです。

1時間という一定の区切りの中で何ができるかを考えたとき、丁寧に時間を使うとは集中力を高めて密度の高い行動をすることなんです。

正直疲れます。

だから、高い集中力をキープし続けることはできないの。当然、ぐだーってしなきゃ身体がもたいわけだから。

 

でもチンタラチンタラ解決策を考えるよりも、集中して考えるほうが思考連鎖が起きるからアイディアが膨らむんです。

思いついた考えをどんどん書き留めて、そこから前後左右に連鎖的にアイディアを広げるんです。

 

まとめ

 

もう無理だと思った時はメタルが行き詰っています。少しリラックスすればよいアイディアがあるのに、自分で自分の首を絞めている状態なんです。

もっと全然ヤバイ状態の人がいるって思うだけで少しだけ余裕が出てくるかもしれません。

それがダメなら今の厳しい状態を味わってみてください。舌に伝わる辛さは痛覚で、味ではないんです。激辛好きは痛みを好んでいる事なんです。

それを考えればヤバイ状態を味わうことだってできるものなんです。

もしそれでも心がほぐれてこない場合には、是非占いに行ってみてください。

占いは必ず良い時期、悪い時期を指示してくれるんです。

あと少しでトンネルから抜けられるとアドバイスしてくれるんです。

     【広告】

関連記事

     【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*