政治家の頭のなかを箇条書きにして、複雑な事態を国民と共有するのだ

Pocket

新型コロナウイルスのおかげで世界経済ガタガタ。

病人、死人続出。

ヤバイですね。

我が日本では自粛解除と第二波への恐怖のはざまで経済の立て直しに頭を抱えている。

思い起こせば、中国春節で来日した中国人旅行客あたりが火種だったような。

中国人を乗せたバスの運転手とバスガイドが感染して、その同僚へと拡大し屋形船での宴会ではいクラスターとか。

 

ライブハウスで3人が感染し、そのままライブをはしごして、ここでもクラスター。

なんだかあの頃が懐かしい、、、。

 

さて、ここでは、ごっちゃごちゃになったコロナ騒動から我が日本を立て直す為に現状を皆様と一緒に理解してゆきたいと考える次第です。

 

政治家の頭の中で渦巻いている物

 

厚生労働省は医療現場の問題と感染患者数と、特効薬とワクチンの開発あたりです。

復興庁(経済復興大臣)は緊急事態声明の解除が仕事の第一優先事項みたいにマスコミは日々取り上げられてるけど、実際にはもっと奥が深くて日本経済の立て直しが本当の仕事なんですね。

総理大臣は予算の組み替えで、中小企業、個人事業者への支援を約束しながらパニックに陥らぬようマスコミの面前で訴えかける。

 

でもこれら仕事が、努力したらしただけの成果として表れるかと言うと、そうならないのが頭痛の種なんです。

 

医療機関で治療しつつ、諸外国からの感染者をシャットアウトで患者数の抑え込み

 

新型コロナウイルスの騒動で、超正論を言えば『人命第一』ということになる。

こんなの誰だってわかっているの。

人の命を守る為に何をするかが問題で、今まさに真逆のベクトルが互いに刺し合い、ドロドロベチャベチャの血だらけになっている状態です。

足元には血の海が広がって、白目を剥いた死体が悪臭を放ちながらゴロゴロころ転がっているんです。

 

医療現場ではマスコミ患者の治療にあたる医師がガンガン流れ弾に当たって負傷。死人すらもでているの。

我が身を守る医療器具も無く、防弾チョッキもヘルメットも被らずに敵陣に突進していくみたいなものでしょ。

でも、病んだ患者の命は救わなければならないって使命感が先だってまともな休息すら取らない。

 

感染拡大をくい止めようと、海外への渡航を禁止し外国人の入国も禁止しウイルスがはいるのをシャットアウト。

その結果、航空会社は運航便数を激減させ収益の悪化を招き、人員解雇に踏み切らざるを得ない。失業者数は拡大する一方なんです。

国内にいる感染者が火種にならぬよう

 

国内の感染者の検査もままならぬ状態で、彼らからウイルスが拡散しないように対策を講じなければならない。

すなわちクラスターの防止です。

“三密”を徹底的に避けために人が集まる店舗での営業自粛。

国民に向けてはSTAY HOMEですね。

で、これが個人経営の飲食店潰しへと発展していくの。テレビニュースから伝わってくるのは、店の家賃がひと月数百万円、雇用している従業員への給料が数十万円。

後、ひと月か二月しかもちこたえられません、って悲痛な表情ですね。

たぶん、自宅を改造して店舗にしていたり、家族で仕事をまかなっていれば、まだマシなのでしょう。

それでも収入はゼロに等しいんです。

 

マクロ経済もヤバイけど、個人経営はギリギリだな

 

輸出日本経済の破綻がコロナ被害記事の隙間に掲載されている。

日本の対外輸出は4月の前年同月比だとアメリカ向けが37.5%減、欧州は28%減。

品目だと自動車が50%減。

これでどれくらいのサラリーマンが解雇されるのかはわからない。

でも、海外の企業もコロナを押し切って工場を稼働させつつあるのがわかる。

 

居酒屋さんは客足90%減、バーやスナックは客足95%減とか言って、このままだったらあとひと月持たないよ、って頭を抱えているでしょ。

飲食は本当にヤバイ。

自粛を少しずつ解除したとして、町の中華料理屋への客足が戻ってきたとして、店内の座席と座席の間隔を開け、かつ対面席をなくすことで使える座席数は従来の半分がいいところ。

へたをしたら、三分の一となってしまう。

それを、補うテイクアウトで稼いでもなんとか6から7割まで販売を戻せるかどうかか?

もし、コロナと共存なんて話になれば、このまま7割が限界ギリギリになるから、身の振り方を考えざるを得ない。

 

 

緊急事態宣言を解除したら、あとは時自助努力でなんとか食いつないで

 

政治家にとって一番楽なのは、“緊急事態宣言を解除し各店舗の営業は各自治体のロードマップに従って自助努力で回復してください“で片付けちゃうことなんです。

そして、第二波が来ないのを祈る。

 

コロナが増えると“こっちを立てればあっちが立たぬ”みたいなジレンマに叩き込まれてるでしょ。

 

複雑な状態を全部国民に見せた方がいい

 

コロナを止める策はマクロ経済を悪化させ、個人経営のお店の稼ぎを激減させる。

コロナを放置さたら人は死ぬけど、食い止める策を続えても間接的に人命を奪う事になる。

 

慎重に自粛は解除するけど、もともとコロナ騒ぎはほんの数人の中国人観光客あたりから始まったんだし、今現在、国内に感染者が潜んでいる限り第二波へと感染拡大する可能性は十分にある。

ただ、第一杯で発症したひと、発症せずに完治したひとも含めて、抗体はある程度行き渡ったはず。

第二感染はあるけど。

 

100年に1回の正論が役に立たない大参事だから、ここはしっかり勉強したほうがいい。

個人経営の店も、コロナ以前と同等にまで回復するかどうかを真剣に考えて、商売のやり方や、仕入れの仕方、余った材料の使い方、従業員の使い方も考えないと。

 

政府は、感染しないようにする方法と、感染したって重症化させない薬を急ピッチ作らせる。

こういう複雑な事態にあるのを、細かい部分を端折らないで国民に伝えないと、この先の身の振りかたが考えられないんです。

マスコミは分かりづらいから、細かな部分を省いて“一目でわかる一覧表的な解説”から卒業しないと!

わかりづらくても現実をそのまま国民に理解させるのが、いまやることなんです。

     【広告】

関連記事

    【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*