SNSでの誹謗中傷で木村花が自殺|視聴者の悪意を煽ったテレビ局のさじ加減ミス

Pocket

女子プロレスラー・木村花(22歳)がテレビ番組『テラスハウス』の番組内での言動で今年1月頃からSNSで誹謗中傷を受けていた。

1100件くらい。

 

ゴリラ

人間じゃねー

死ね

消えろ

殺すぞ

 

2020523日自殺。

 

訃報を受けた芸能人のコメントは“芸能人だって一人の人間”、“弱い人間をいじめるな、強い奴を中傷しろ”、“集団リンチだ”、“何を言っても良いってわけじゃない”等々とSNSに誹謗中傷を上げてきた素人を責めるばかり。

確かにそれらは正論。

 

でも、矛先がなんか違うんだよね。

番組製作側って、いまやSNSでの盛り上がりも番組人気の指標とカウントするでしょ。

木村花が責められてるのを知っていて、狂暴な部分をあえて放送してたんですよ。

まさか自殺までするとは、と今更さじ加減の悪さが局内で問題になっているはず。

 

SNSで木村花さんが誹謗中傷の標的とされた事件とは

 

だいぶ前から誹謗中傷は始まっていた。

なかでも、火をつけたのが女子プロレスラーの木村花さんのプロレス衣装を間違って洗濯機で洗って縮ませた事件。

それに怒りを覚えた木村さんが、洗濯した男性に素人相手とは思えぬ凶暴性を発揮。

視聴者はドン引きして反感をかった。

SNSでも木村攻撃が始まり、雪だるま式に膨れ上がる。

 

テレビ局側にとっては、このSNSでの木村攻撃って番組が見られている証なんです。むろん攻撃だけが視聴者増減の目安じゃなくて、木村擁護のSNSがあってもいいの。

とにかく世間での注目度を判断するひとつのツールとして考えているだけ。

番組のインパクトがSNSに表れる

 

「木村花さんには優しいところがたくさんあって、友達想いの女性だったんです」って若手タレントが語っていましたね。

たぶん、そこにはウソはない。

でも、番組製作側は女子プロレスラーならではの行き過ぎた暴力をフォーカスしてSNSでの反応を見ていたんです。

『テラスハウス』の中でのヒール役に仕立てて、“どんなにすごい奴なの?”って興味を持つ若者たちの目を集めようとしたんです。

SNSでの誹謗中傷で、さらに視聴率上がるのを狙っていたのが、見え見えじゃない。

 

ノンフィクション番組だけど使う尺は製作側判断

 

『テラスハウス』にしても、かつて放送していた『あいのり』にしても、台本があるわけじゃなくて、言動はそれぞれの主体性に任せている。

人間関係の問題をはらんだドラマチックな展開が売りなわけです。

だから、ヤラセはご法度。

木村花がヒール役に固定されつつあったとき、そのまま突っ走るか、彼女の別の持ち味を出すかで製作側は意見が分かれたはず。

「ヤバイっすよ、このまま木村のヒールの面ばっかり放送しつづけたら、彼女SNSで叩かれて精神的に、、、。」

 

でも、もしここで木村に向かって「アナタは今、テラスハウスの番組制作上で悪役的な存在になっているんです。でももう少し視聴率稼いだら女子力の方もバッチリ放送するからさあ。SNSでいろいろ叩かれるけど、気にしないでね、ゴメンね」なんて言ったらヤラセになっちゃう。

だから木村の言動のある一面だけをフォーカスしつづけるバランスの悪い存在感は本人にすら知らされることなく延々と続いたんです。

 

プロセスのヒール役なら問題はないけど

 

プロレスってエンターテインメントだから善悪しっかり決まってて、各自が自分のキャラを理解して持ち味を発揮するから盛り上がるんです。

善玉が反則攻撃を食らってぶっ倒れる。

絶対絶命のピンチ。

観客も握り拳に汗がにじむんです。

コーナーポストによじ登った悪役が、バク宙からのダイビングプレス!

と、その瞬間にマットに大の字だった善玉レスラーが身をネジつてダイビングプレスを間一髪で回避。

怒涛の反撃に転じた。

 

これならヒール役はSNSでこき下ろされればされるほどGood Job!なんです。

悩む事なんて一つもないの。

 

マジの誹謗中傷ってメンタル引き裂くから

 

SNSでの誹謗中傷は年々増えているといいます。

韓国ポップグループKARAのク・ハラさんも、SNSで相当叩かれて自殺しました。特に韓国は酷いらしい。

 

今回の木村花さんへの攻撃はWEB検索すると実際にSNS画面が写真保存されていて、彼女への憎しみ・憤りを見る事ができるんです。

『テラスハウス』のファンの人達にとっては木村花さん不快感の元凶みたいな存在に映っていたに違いありません。

逆に言えば、製作側の編集でそういう人物像に作り上げた。優しい友達想いの部分を全てカットしてまで嫌な女に仕立て上げたんです。

 

本人はSNSの誹謗中傷を見て最初はムカつくけど、だんだんと悲しくなってくる。自分の生き方が情けなく思えてくるの。

自尊心なんかズダズダにされて、生きるよりどころが突如として目の前から消えてなくなるんです。

パニックに陥る人も、鬱になる人も、、、。

芸能人って人気商売だから、消えろとか言われるとどうしようもなくツライですよね。

 

芸能人は番組を製作・放送するテレビ局を攻撃しない

 

冒頭の方にも芸能人からのコメント抜粋を書かせて頂いたんですが、かれらはSNSで木村花を誹謗中傷した一般人に怒りをぶつけていますね。

でも、それは思考が浅すぎる。

SNSでああいうコメントをかかせるように仕向けているのは誰なの?

木村花の美しい部分は割愛し、人を思いやる心を敢えて伏せて腕力に物を言わせる狂暴な女子プロレスラーの面を押し出す編集をしたのは誰なの?

それも、SNSで彼女が叩かれ、それを番組放送の手応えとしエスカレートさせたのは誰なの?

そこの責任は追及せず、次回の『テラスハウス』は放送中止ですで製作会社を逃がしてどうするんだよ。

録画したビデオを全部見て、極端に偏った編集が今回の悲劇を招いたところまで突き詰めいないと。

責任の所在の方向性がまちがっているんですよ。

     【広告】

関連記事

     【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*