中国のヤバイ武漢ウイルス研究所|クローン人間から新型コロナウイルスまで

Pocket

新型コロナウイルスが中国湖北省の中国科学院武漢ウイルス研究所から漏れたのではないかとの推測がもっとも現実的な見方だと思うわけです。

中国で最も権威あるそのウイルス研究所では、中国各地のコウモリ生息地からコロナウイルス等の病原体を大量に採取して研究を重ねているの。

でどんな研究を進めていたかと言うと、遺伝子組み換えです。

武漢では知る人ぞ知る遺伝子組み換え研究の中心地なんです。

 

アメリカが2015年から国際医療研究協力の一環として年間370万ドルを支援しているのは周知の事実。

 

中国の立場としては

 

アメリカのトランプ大統領が稀に見るワンマン大統領といえでも、北朝鮮の金正恩や中国の習近平ほどじゃないでしょ。

で金正恩と習近平のどちらが嫌な奴かと考えたとき、個人的には習近平の方がよっぽど腹黒いように思えるんです。

世界への政治経済的な影響力があって、かつ世界征服的な野望をもっていて、何があっても水面下で卑怯な動きを止めないの。

習近平にとっては、まさに“ピンチはチャンス”でみんなが強烈な問題に直面してアタフタしているすきに、しめしめと裏工作をどんどん進めるタイプね。

相当に自己中心的な汚い人格ですよ。

で、それに反対する人間は有無を言わせずに処分していくでしょ。

共産党一色の国だから、北朝鮮となんら変わりないんですよ。

 

中国人は野蛮だからと誤魔化そうとするズルさ

 

海鮮市場ではコウモリは売られていなかったんです。

最初、海鮮市場コウモリを買って食った奴が発症源だとか言っていたしょ。

習近平はあのときラッキーって思ったはず。

「武漢市場で売られていたコウモリを原因にしてしまえば、無恥な畜産農家が欲をだしてコウモリ捕まえて売ってしまった」で終わりだったんです。

たとえ中国・武漢が発生源でも、“無知な奴が引き起こした人的災害”と“研究所のセキュリティの甘さが原因でウイルスが外部に流出してしまった”とでは全然イメージが違うでしょ。

でも、実際にはコウモリは売られていなかった。

だから人工的に手を加えられた生物兵器なんじゃないかという疑いすらも出てきて事態が複雑になっていくんです。

 

石正麗という主任研究員が、家族とともにフランスのアメリカ大使館に亡命したとのうわさもあるでしょ。

この人、研究所では中心的人物で別名コウモリ女って呼ばれていたの。

もしヤバイ研究が公になる前に国外逃亡へと踏み切ろうとするのは、あの共産党支配国ならあり得る話です。

過去、フランスのモンペリエ大学で博士号を取得している経緯からフランス亡命はおかしくないんです。

 

クローン人間つくる国だから何するかわからない

 

中国って遺伝子の組み換えがリスキーな事だなんて全然思っていないでしょ。

遺伝子組み換えの米とかどんどん作るじゃない。

植物に微生物の遺伝子を組み込んで、害虫に強い食物をつくるとか発想が単純なんです。で、その副作用を全然考えないの。

人の精神的な部分にいちばん影響をあたえるって事なんか考えないんです。

 

もし、問題が起こっても何をやらかしたかがバレなきゃいいくらいにしか考えていない。

やってもバレなきゃいい、という文化が中国一般人もみんなそう。

 

だいいちクローン人間を作って(2018年)、胸を張って世界に発表しちゃった国ですからね。

結果、世界各国からガンガン非難をあびて、中国政府も「それが普通の判断だ」とばかりに研究者に研究中止命令即座にだしたの。

クローンとして誕生した姉妹も、博士の存在もうやむやになっているんです。

軟禁されている可能性もあるし、政府の厳重な管理下に置かれている可能性もある。

どうしているかわからないこと事態、政府が絡んでいるって臭いがプンプンするんです。

研究者の声明を一般公開しないでしょ。

その研究に共産党がついていて、国から研究の予算をもらっているんだから、そんな声明を公表されたら中国事体が世界批判にさらされる。

 

平気でクローン羊を作り、次にクローン猿を作り、ついにはクローン人間にまで行きついてしまう国に、なにをやらかすかわからない薄気味悪い印象がにじみ出てくるんです。

 

コロナウイルス研究だって国の命令

 

コロナウイルスを生物兵器化しようとしていたのかは定かではない。

でも、武漢海鮮市場から武漢市全体に広がり、やがて世界各国に感染拡大していったと思わせようという習近平の思惑が見え見えでしょ。

国が悪いんじゃなくて、海鮮市場でコウモリなんか売ってた奴が悪いんだ、っていう子供じみた責任のがれでこの場を乗りきろうとしている。

 

なにを言っても国のトップとして自分の過ちを認めないのが中国の昔からのしきたりです。

重大なミスがあれば、上が謝罪するのではなくトカゲの尻尾を切るの。

アメリカのトランプがどんなに事を荒立てようが、涼しい顔してチョキンチョキンと尻尾を何本でも切っていく。

それどころかアメリカが中国に持ち込んだんだと逆切れすらしだした。

生物兵器を疑ったり、武漢ウイルス研究所から漏れたものだと疑うのはやめて、損害賠償を突きつけるべきなんです。

中国・共産党内部の統制は別に感知しないと宣言して、損害賠償を金銭で補填するよう交渉するのが一番いいんですよ。

     【関連記事】

関連記事

      【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*