バカで無能な上司かを見極める|会社をダメにする管理職にはお引き取りいただこう

Pocket

どこの職場にもたいていバカで無能な上司がいます。

その責任は、そいつを上司、つまり管理職に昇進させた一段階上にある。

何かを期待して昇進させたのか、見る目がなかったのか、それは後々わかってくるとして、まずは“バカで無能”なのかどうかを部下としてはしっかりと見極めなければならないのです。

あとあとになって、自分の評価は間違っていたと反省するかもしれない。

それはそれで仕方がないけど、できれば最初の段階で見抜いた方が、こっちとしてはりやすいでしょ。

 

ここでは、上司としてふさわしい人材なのか、それともついて行く価値のない張りぼてなのか、そこんところを詳しく見てゆきたいと考えるのです。

 

部下が求める上司とは

 

“ポジションパワーに強いか、弱いか”を部下はまず見ます。

このポジションパワーに強いとは、自分よりも上の人(社内なら肩書、社外なら取引先のお偉いさんあたり)に対してはっきり物を言えるか、引かずに対等に交渉できるか、弱腰にならずに堂々と渡り合えるかの事なんです。

 

会社の上層部の言いなりの上司、取引先のお偉いさんに無理難題を押つけられて引き受けてしまう、こういう上司はリスペクトされないですね。

世の中の大半は、この多かれ少なかれこれに属していて、絶対に陰で悪口を言われています。

 

どう管理すれば業績を向上させられるか、と考える上司が多い。

管理職だからそれが当たり前と思っているんです。

でも営業部にはそんな上司は要らない。

部下の細々した業務に質問したり、口出しするだけか?

それとも利益をもたらす仕事を獲得する力があるか、なんです。

金を稼げない上司はいらない。

上司としての素質って何

 

場を盛り上げられない上司は営業として実力なしと部下は見ます。

なぜなら、“話にならないから”なの。

 

相手に話題を振ってもらわなければコミュニケーションが続かない、なんていうのは最低。

話に引き込んで笑わせるくらいの話術がなければ営業なんてできないんです。

どこに商売のネタが転がっているかわからないのだから、時間が許す限り相手の興味をそそる話題を提供できなきゃ。

 

“どうすれば会社が良くなるか?”を考えるのは当たり前。

顧客とコミュニケーションを取りながら相手の反応を見る。

それから作戦を練って揺さぶりをかけて仕事を獲得して会社に利益をもたらす。

このワンサイクルを部下に手本として見せられるのが、上司部下が求める上司なんです。

 

 

こんな管理職にはお引き取りいただこう

 

上司の悪い所ばかりじゃなく、良い点を探るのに何を大切にする人なのかを見極めるのも良い作戦です。

決断力があるかと言えば、イマイチだけど人間味があって労を惜しまない上司もいます。

 

細かい実務に精通したアドバイスだったり、嫌なクレイマーの対応を率先して引き受けてくれたり、労いの言葉を忘れないのも部下にとってはありがたいものです。

いじってくれ感をだせる、オジサンとして可愛い上司も場を和ませるものです。

 

その一方で、自分さえ良ければそれでいい。

部下は自分の為に働かせ、“手柄は全て自分のもの”みたいな人もいます。

たぶん、世渡り上手で出世コースに乗ったのでしょう。

 

とりあえず上層部へのアピールとして、どうすれば会社が良くなるかを考える。

その作戦を実現するために部下をコントロールして都合よく使う。

実績重視だと公言して、自分は部下の営業成績から金勘定ばっかりしているような人。

 

こういうタイプは実務をしらないから、危なっかしい仕事の判断を仰ぎ、失敗したら責任を取ってもらうんです。

取り引き先との厳しい交渉の場に引っ張り出して、ファイナルアンサーを口にしてもらうんです。

 

マニュアルや手順書の作成を指示するわりに、自分らのやる事は思いつきが多い傾向が高い上司には、指示が出るたびに心の中でダストと言ってスルーするんです。

要らない上司は叩き潰してしまえばいいの。

部下は上司を選べない

 

部署の移動を希望することができる会社が増えてきています。

自分の能力を別の職種で生かしたいとか、時間的に不規則なのが今の家庭環境に合わないとか、人間関係に問題があって、、、と理由は人によっていろいろ。

でも、上司が嫌いだから、は理由として認められないの。

つまりは、部下は上司を選べないんです

 

もちろん、セクハラやパワハラがあれば、その上司そのものを処罰できますから、解決はする。

でも、「あの無能な上司のしたで働くのは、ちょっと勘弁してくださいいよ、、、。」と言いたいなら、明確な証拠を複数そろえなければ通用しないんです。

これって結構難しいけど、コツはあるんですよ。

 

会社をダメにする上司は仕事のとらえ方をまちがっている

 

超大企業で、管理職は部下の管理だけで1日の就労時間8時間を全て使い切ってしまう、っていうなら仕方がないと判断する会社があるかもしれない。

でも、“自己管理力を育てる“のが管理職の仕事で、それが達成できれば上司としての管理は最低限で済むはず、という考え方だって存在する。

 

この表現だけだったら、どっちが正解かといえば生産性の高い方が正しいですね。

つまり、上司が1日8時間かけて管理するのと、個人個人が自己管理することのどちらが短時間で、仕事精度・仕事品質が保てるかなんです。

 

でも、管理だけが仕事で自ら率先して先頭に立って仕事に取り組まない上司は管理ポイントのピントがずれちゃっています。

 

無意味会議を開催して部下を召集し、阿保な質問で時間を浪費しする。

指示を出す事に自分の価値があると勘違いしている。

この悪循環が生産性の悪さをもたらすんです。

 

部下を管理しつつも、先頭にたって仕事をする姿を部下に見せないと信頼されない。

       【広告】

関連記事

     【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*