新型コロナでDV電話相談窓口の新設|自責だと腹をくくればメンタルはついてくる

Pocket

新型コロナウイルスの感染防止でStay Homeが続いていますね。
(これ、オーストラリア英語だと、スタイ・ホームって発音するんです、話題から逸れるけど)

いろいろ不自由はでてくるけど、“仕方ねーじゃん、おとなしく家に居ろよ!”って感じです。

 読売新聞の419日の記事によると、『新型コロナウイルスの影響で外出自粛を強いられる中、政府は家庭内暴力(DV)被害への対策を急ぎ、新たな電話相談窓口を設置することにした』だって。

 

“なるほど政府も大変だね~”と思いつつ、 “うむっ、DVってことは小さな子供がダダをこねるんじゃなくて、暴力亭主とか高校生くらいの不良息子・娘あたりが母親を突き飛ばしたり、蹴り飛ばしたりするイメージ”と気づいたんです。

 

誰かに八つ当たりしたくなる気持ちは理解できなくもないけど、“ジタバタしないで腹をくくれよ!”、って言いたいのです。

 

ここでは、腹をくくって自責で進むことの難しさについて考えてみたいと思います。

  

コロナの反動でDVとは

 

コロナ感染予防で営業の自粛、出勤・外出の自粛が今の日本の対策ですね。

DVに発展しそうなのってどれか?

 

個人経営で店を開けられないから生活できない。

航空会社だったら、飛行機を飛ばせないから自宅待機で減給とか。

外出自粛でストレスのたまった思春期の子供が爆発する。

 

暴力亭主と化すケースとは

 

コロナで女房に暴力をふるう亭主はいないでしょうね。

個人経営の店舗を閉店したままで収入が得られないとしても、そのイラつきを女房にぶつけても意味がない。

もしあるとしたら、いまの事態がもっともっと長期化してニッチモサッチモいかずに、一家無理心中とか出てくるかもしれない。

 

人間って死ぬのを避けるために、自ら進んで狂気に突入するっていうでしょ。

だから、潜在意識が精神の崩壊へと導く可能性もなくはない。

ある日突然、幻聴がきこえてきて家の中で暴れだす。

スタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』の新型コロナ版みたいな感じで。

 

閉塞感が思春期の子供らの首を絞める

 

外出の自粛って若い世代にとっては精神的にキツイのかなあ、って思う。

Stay Homeの閉塞感が思春期の子供らの首を絞めるの。

 

でも現実問題、コメンテーターとしてTV出演している専門医は、1年くらいの長期戦になるとも言っているでしょ。

たった、数週間の外出自粛が家庭内暴力を引き起こすなんて、どんだけメンタル弱いんだよ、っとも思う。

 

これって、まだDVする側の子供らが腹をくくれていない状態なんです。

まだ、若いから仕方ないといてば仕方ないけど、、、。

腹がくくれていないから、どこか逃げ道がないかとジタバタしているの。

“ガス抜き”って言葉を良く使うけど、メンタル的に溜まったイライラを逃がすはけ口とか、精神のバランスを均衡させる余暇・楽しみみたいなも。

それが見つからないから家庭内暴力に突き進んでしまう。

 

DV相談窓口でのアドバイス

 

新型コロナの電話相談で、どんな悩みが寄せられるかが気になるところ。

でも、外出自粛でパンパンに膨れ上がったストレスを家庭内暴力で“ガス抜き”しているとしたら、ただDVを止めても別の悪い方向へと進みそうな気がするんです。

 

夜な夜な外出して、家の近所に放火するとか、ホームレスを虐めるとか。

他人の家の塀へのペイント落書きとか、動物虐めなんかもありうる。

 

Stay Homeは仕方がないと腹をくくって、家でゴロゴロしているのが自分にとってストレスだと分かれば、ジョギングしたり筋トレやヨガで身体を動かすことができる。

友達と会えないのが不満なら、オンラインで喋れば少しはストレスは減るでしょ。

 

逆に言うと、今はそれくらいしかできないって腹をくくらせるしかないんです。

いちばん大切なのは、腹をくくらせること。

そのうえでできる事は何かを考える。

ストレスフルの逃げ道は自分で考えるしかない、って自責で進む決断をさせることがいちばんなんです。

  

感染防止を自責と腹をくくればメンタルはついてくる

 

そもそも論ですけど、コロナを不可抗力的な災害と考える人達と、中国・武漢のウイルス研究所が人工的に作り、それが流出してしまったと考える人達がいるでしょ。

 

中国共産党は死んでも、武漢ウイルス研究所で人工的に作りましたなんて言うわけない。

それが本当だとしても、絶対に認めない。

武漢から全世界に広がった責任についても、謝罪なんてしないでしょうね。

不可抗力の一点張りで、謝罪などしない。

 

だったら、日本の若者たちにとって、コロナの原因が不可抗力だろうが武漢ウイルス研究所だろうが、自責ではないと言える。

確かに、言える。

 

でも、それの後の行動として、感染拡大を食い止められるかどうかについては責任を持たないと、って事なの。

 

ウイルス感染が拡大したのはアンタの責任じゃない。

でも、それを食い止めるために、外出を自粛するという選択はアンタにかかってるんだよ、って言っているんです。

 

感染防止の行動は自責だと腹をくくればメンタルはついてくるんです。

いつまでもジタバタしてないで、DVなんかやめるんです。

     【広告】

 関連記事

     【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*