新型コロナウイルス|真実が究明できてないからコメンテーターの思う壺で稼ぎ時

Pocket

ニュース番組がコメンテーターに意見を求める前提として、“真実はまだ究明できていません”と明言する義務があるね。

 

テレビ観てたら橋本徹、そのまんま東、カンニング竹山、等々があたかも正しいかのようなコメントをまことしやかに述べる。

あれは良くないね。

言論の自由は保障されてるから口封じは出来ないけど、せめて私見ですのひとことをテロップで流さないとダメ。

信じちゃう人がでる。

正しい意見ならまだしも、後から間違いだと分かったらマインドコントロールってことだから。

ここでは新型コロナウイルスを発端に全世界に広がる感染とどう向き合うべきあについて解説しています。

 

まだ何も究明できていないじゃないか

 

2020年3月22日現在;

イタリア  死亡 4825人  感染者 5万人

スペイン  死亡 1326人  感染者 2.5万人

イラン   死亡 1556人  感染者 2.6万人

韓国    死亡 104人   感染者 9千人

 

こんなふうに発表されているけど、これ以外に公表されていない事がだくさんあるからね。

この数字だけ見て、まだ日本はましな方だとか言ってる場合じゃないんです。

 

テレビニュースで感染症の専門とされている医者が、もっともらしいコメントをしているでしょ。

過去に解明された感染ウイルスについて詳しいだけで、今ヤバくなってる新型コロナウイルスについてはほぼほぼ無知です。

ただ、過去のウイルスの傾向から想定したり、新型コロナウイルスの感染拡大を見て推測しているだけ。

その推測も、上記の欧州と整合性が取れているかどうかもわからないでしょ。

 

最初は”濃厚接触でなければかんせんしません”って発表してたのが、空気中に3時間くらいは浮遊するとか言い出した。 

何を根拠に言ってるの、って感じでしょ。

経済にインパクト与え始めたから、素人コメンテーターの稼ぎ時になってきた

 

得体が知れない相手なんだから、押え込む方向に国民を指導するのが鉄則。

安倍首相が小、中、高、特別支援学校の休校を思い切ってアナウンスした。

あれば正しい対策で、どれだけのパワーがあるかわからないウイルスなんだから、まずは安全サイドで行きましょう、ってこと。

でも慎重路線で1次被害をくい止めようとすると、2次的被害が発生することがある。

 

子供の世話でパートができないから家計の収支が成立しない。

製造業の経営破綻で株価が激落した。

ホテル、旅館、飲食店のキャンセルで倒産寸前。

イベント中止で余暇がなくなりメンタルが落ち込む。

オリンピックが中止にでもなったら経済損失は誰が負担するんだ。

 

こういう庶民に波及する問題がでてくると、生活・商業コンサルタント的なのがテレビ局に招かれて素人考えを言うわけですよ。

「ハイ待ってました!」とばかりに稼ぎ時に突入するの。

 

すると自分の専門分野が一番大切だと勘違いして本末転倒の意見を言い出す。

「学校が休校になると、給食の作る人の仕事が無くなるだけじゃなくて、その材料も無駄になる。

野菜の生産農家にも大ダメージを与える事になる。

だから学校は再会してください。」

 

凄いロジック。

あんた頭おかしいんじゃないの、って思うでしょ。

だけど、こういうのを真に受けて農協とかが動き出すと政府としても検討せざるを得ない。

慎重路線のどこに意味があるかなんてわからないんだから。

学校を再開したって大丈夫かもしれないし、欧州みたいになっちゃうかもしれない。

 

イベントの再開だって同じこと。

 

日本の感染者数が少ないのはなぜか

 

こんなのすぐにわかるじゃない。

検査しないから。

 

検査したら感染者数は確実に増える。

医療技術が高いから感染しても、日本は患者を救える自信があるんです。

だから実際に裏で感染者が増えていても重症者だけをみつけて、治療して治せばそれでいいと思っているんです。

 

放置しても自然治癒する人がほとんどなわけだから、敢えて感染者数の増大を世界にしめして、オリンピック開催に黄色信号をともしたくないでしょ。

だから検査数も、なんとかかんとか屁理屈をつけて増やさないの。

 

橋下徹なんかは、それ知ってて医療体制が整う前に検査ばっかり増やすのは逆に医療体制を破綻させる、とか言ってる。

 

その裏幕の自民党総裁が押え込みで行きましょう、って言っているんだから従えばいいじゃない。

家計収支の悪化を救済するためにお金配りますって言ってるんだから、余計な事言わずに従えばいいんですよ。

イタリアみたいな状態になったらヤバイでしょ。

    【広告】

関連記事

     【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*