頑張りたいのに、ガンバレない|心の矛盾で真逆な気持ちが突き刺しあっている血みどろの状態

Pocket

「頑張りたいのに、ガンバレない」っていう悩み。

一見、心の矛盾のように思える。

 

単純に考えれば“頑張りたいならガンバレばいいじゃん”って事になる

「何かしたいことがある、でも理由があってできない」なら分かりやすいんです。

 

たとえば「やせた~い、でも食べた~い」はダイエットの定番の悩み。この程度の悩みなら、「そりゃ、アンタの問題だから勝手に悩め!以上!」で終わり。

 

「食べたい、でも食べ物を口に入れるのが怖いんです。恐怖心から物を食べられないんです」って事になると、事態はシリアスになってくる。拒食症ですからね。

 

ここでは、“頑張りたいのに、ガンバレない”をはじめとする心の中の矛盾について考えてみたいと思います。

やせたい、でも食べたいは心の矛盾じゃない

 

炭水化物制限のダイエットをはじめたのに、どうしてもカレーラースやラーメンやおにぎりが食べたくなる。

鶏胸肉と豆腐とキムチで5㎏落とすと誓ったにもかかわらず、3日目には炭水化物が食べたくて我慢できない。腹が減ったなら好きなだけサラダを食べればいいんだけど、米や麺を欲してしまう。

 

これは心の矛盾ではないんですよ。食べなければ痩せる、というロジックではあるものの、心の中の欲求は同じ向きを示しているの。

同じ方向の⇒(矢印)で、その大きさが違うだけ。デカイ矢印が勝つわけです。

 

“食べたい、でもお金がなくて食べられない”はメンタルの問題じゃなくて、現実の厳しさ。“寿司は食えないけど、立ち食いそばなら食える”とか“ステーキは無理だけど、カレーパンなら買える“とか。

これもベクトルは同じ向きを指し示しているんです。

 

朝起きて会社に行きたい、でも行けない

 

こういう症状の人がいます。行けない理由は定期券を無くしたとか、電車賃がないとかじゃなくて、メンタル的に生きたくないというものなんです。

 

心の中に真逆の矢印が互いに突き刺しあっている状態。

我がままとか、優柔不断とかの甘っちょろい心持じゃなくて、血みどろの修羅場なんです。

多くの場合は朝がダメだといいますね。

 

朝6時、目覚まし時計が鳴って“さて、起きなきゃ”と思うけど起き上がる事ができない。今日こそ」遅刻せずに出勤しなくちゃ、と頭では分かっているのに、脳が身体をコントロールできないんです。

ベッドの中で1時間、2時間と起きるのを先延ばしにしていく。

会社の同僚らが“また、アイツ遅刻か”と自分を揶揄しているのが想像できる。でも起きられない。

まさに、真逆のベクトルどうしが突き刺しあって、真っ赤な鮮血があたり一面に飛散している状態。

やっとの思いで会社に電話をして、体調不良につき休ませてもらいます、と告げたところで片方の矢印が消えてなくなり落ち着きと取り戻すんです。

 

これって拒食症と通底しているものを感じませんか?脳の疾患なんです。

 

片付けも物ができないも心の矛盾

 

家の中の片付け物をしたいと考える奥さん方のなかに、片付けられない人がいるの。書籍として出版されたりするくらいメジャーな問題なんです。

これも、“出勤したいけど行けない”というのと同じ問題です。

 

問題を理解してくれる旦那さんなら奥さんも救われるけど、頭ごなしに“掃除は主婦の仕事だろう”みたいに言われると、言い訳できない。

辛いですよね。

 

目標を手前に置くと動ける

 

拒食症、会社に行けない、片付けられない、等々。他にも食事を作れないとか、買い物に行けないとか、子供のPTA集会に参加できないとか、実際問題いろいろあるんです。

 

メンタル疾患だから専門医を受診したほうがいいのは分かるでしょ。

一方で、自分でも頑張れるところはガンバルのも必要。ここまでは何とか頑張れるけど、その先がダメなんです、っていう具合になると医者の方も打つ手を考案しやすいの。

 

そこで、やる事の流れを細かく書き出すんです。全体を見ずに、Step by Stepにしちゃうわけ。

 

拒食症の人だったら、食べなくてもいいから食べ物をイメージする(ごくごく軽い食べ物がよくて、クツキ―とかグミとかガムでもいいの。砂糖をひとつまみだっていい)。イメージで気分が悪くならなければ、現物を出してきて目の前に置いてみる。

小皿に砂糖をパラパラと散らして、舐めた指先に砂糖をくっつけて口に運ぶ。

こんなふうに目的を一発で達成させようとしないで、分割してどこまでならできるかを確かめてみると良いんですよ。

 

会社に行けない人は、何時なら起きられるかが第一歩です。朝の6時が無理なら、昼の12時とか、それより少し前の10時半とかね。

このタイプの人は朝起きる、と言う一番最初の歯車が回り始めてしまえば、たいていそこあとは勢いで何とかなっちゃうでしょ。

 

本来の目的を考えずに、自分ができそうなところに目標を置いてみるとできる事が見えてくるでしょ。その上で、次のステップを考えればいいじゃない。

         【広告】

関連記事

         【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*