カルロスゴーンの正義と卑屈と虚勢の人生|本当は経営手腕は三流だった

2019年の瀬、仮釈放中のカルロスゴーンがレバノンに逃亡。逃げに成功するや“日本の法律が人権を無視しているとか”言い出した。逃亡した自分が正義で日本の法律が悪だと。でも、イスラエルに足を踏み入れたのはマズかった。レバノンに戻れは15年の禁固刑となるほど、両国は敵対なんです。カルロス君、お勉強不足。この自己愛者は次にどんな手を? 続きを読む カルロスゴーンの正義と卑屈と虚勢の人生|本当は経営手腕は三流だった