人に迷惑をかけながらのびのび生きようという傲慢さ|天に唾す、と同じですぐにしっぺ返しがくる

Pocket

“人に迷惑をかけてもいい、みんな優しいから”と、リラックスの方法のつもりで言っているのだろうけど、全くもっていただけない。

人に気を遣い過ぎて緊張してしまう、人の目が極度の重圧となる、等々に悩む人がいます。

そんな人に対して、周りにどんどん迷惑をかけよう、そして気持ちを楽に生きていこう!なんていうのは、天に唾するようなモノなんです。

 

間違ったリラックス方法を選んで、その後に押し推せる罪悪感に苦しんでメンタルがもっと悪化するの。

 

ここでは、本当に心休まるリラックスの方法について解説しています。

 

人に迷惑をかけながらのびのび生きられるのは日本人とは別の価値観

 

人の価値観って生まれた国によってだいぶ違いますね。国民性というと分かりやすい。

それと、家庭環境や教育環境。

平気で嘘をついて、絶対に謝らない中国人とかね。

頭に血が上りやすい韓国人とか。

 

人に迷惑をかけて平気でなんかいられないのが日本人なんです。だから、人に気を遣い過ぎて緊張してしまう日本人に“周囲にどんどん迷惑かけていい”なんて言ったとしても、最初はいいかもしれないけど、すぐに罪悪感にとらわれる。

 

もちろん、日本人の中にも非常識な人もいるから一概には言えません。

でも“人に迷惑をかけながらノウノウと生きよう!“を提唱している人は価値観がズレてて自分勝手な部類に属するから、ノウノウとやっていけるのでしょう。

金儲けのためなら人を平気で騙す中国人

 

中国人って嘘つきが多い。自分の利益のためなら全く抵抗なく人を騙すんです。

仕事で中国の企業と取引すると(こっちが売る側だった場合)、とにかく金払いが悪い。

なんだかんだと言い訳をして、支払いを延ばそうとするの。

 

そもそも、支払い条件からして怪しいんです。

分割払いで、3回くらいの分割払いで、最後の10%は製品の機能が正常であることが確認できたら支払うとか。

普通、日本人だったら品物を受け取って、すぐに機能確認して問題があるかどうかを確かめるでしょ。

中国人って半年くらい経ってもまだ確認が充分にできていないって言ってくる。1年経ったくらいに“使っていて故障した。自分たちで修理したから、最後の10%はその修理代”とか言って払って来ないの。

 

こんなの日本人の常識から言ったらあり得ないでしょ。逆に、このやり方で10%得したら、あとあと罪悪感で嫌な気分になるのが日本人。

 

中国人は手柄を立てた事になる。

 

人に迷惑かけるのが嫌で精神的に辛くなる日本人は、逆にそれを誇りにして胸を張っていいと思うんです。迷惑かけても平気でのびのび暮らしているクソ野郎は人格障害なんです。

 

人の目が気にある性格、人に気を使い過ぎる性格

 

自分の家族や本当に気心の知れた友達以外だと、気を使い過ぎてヘトヘトになってしまう人。ヘトヘトくらいならまだマシで、パニック寸前とかになる人もいる。

 

これをどう対処すればいいのか。

 

間違えた解釈:失礼がないように、かつ、相手にも楽しい時間を過ごしてもらわなければという思いから強いストレスを感じる。だったら、迷惑かけたっていい。気分を害するような事態になっても気にするな、と自分に言い聞かせろ。

 

人に対する過度の気使いや、人の目の重圧は“対人恐怖症”なんです。これを、人に迷惑をかけてもいい、と思い込ませて解消を求めるのは100%本末転倒。こじらせるだけなんですよ。

 

第一に、心理学的なアプローチで治せる症状じゃないんです。

他人に迷惑かけても全然OKという呪文で、脳機能が正常化するわけがないでしょ。

不安感はそもそも脳の機能として発する感情だから、それを軽減させるには脳内分泌物質のバランスをとる必要があるんです。

その方法は薬物療法。

バランスをとる為の薬があって、それをしばらく飲むことで脳機能が正常になる。

そこから、自分の性格を分析していくわけです。

今ままでは過度に人に気を遣う性格で、それが不安感となって現れていたと思っていた。ところが脳機能が薬によって正常化してみると、不安感が出ていないと同時に、人への過度な気遣いがなくなっているの。

 

じつは、脳機能の不全が不安をもたらしていて、その結果として過度の気遣いになってた、というわけなんです。

全く逆だった。

気楽に生きるのとリラックスできる時間を持つ、の違い

 

大切な試験や、ここ一番の試合で“気楽にリラックスして”と励ますでしょ。緊張しすぎて普段の実力を出せないと困るから、“気楽にやってこい”と心をほぐすの。

 

でも日々気楽になんて生きられないでしょ。

成人していれば、それなりの責任をもって行動するし、守らなければならない規律もある。

 

みんな緊張を保ちながら暮らしているんです。

その中でリラックスできる時間を自分なりに工夫して持つようにしているの。

この時に、メンタル(脳)をリラックスモードに切り替えて、正常化をさせているんです。

それが上手い下手があって、下手な人は心に歪が出てくるんです。

この、心の歪とは実は脳機能のことで、脳内物質の分泌が緊張モードで固定されてしまっている。

 

最低でも一日1回はリラックスできる時間を作るのが心の健康を保つのに必要な事なんですよ。

【広告】

関連記事

【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*