空気を読みすぎて窮屈|妄想で変身願望をシミュレーションし解放されよう

Pocket

空気が読める人ほど窮屈を感じる社会です。今ここで言ってはいけないとか、このままだとあの人の立場が危ういとかね。言葉の裏に隠れた意味や、行間を敏感に感じ取ってしまうから神経を使うんですね。

ここでは、空気を敏感に読み取るが故に毎日ヘトヘトに疲れてしまう人に変身願望の実現をプレゼントしたいとおもます。

            【広告】

空気が読める人ほど窮屈な社会

 

いろいろな事を敏感にキャッチしてしまう能力も考えものなんです。空気が読め過ぎると、人に気を使うだけで疲労困憊するんですよ。

こんな事を言ったら相手を傷つけちゃうかもしれないな、とか、今ここで注意しておかないと後になって事態がもっと複雑になってしまう、とかね。

自分のすぐ身の回りにだけ意味ありげな情報が散乱している感じなんです。で、それら情報を無視することができない。その結果、言動に制約がでてきたり、今ここで自分が行動しておかないと後で厄介な問題が起こるとか。毎日がほとほと窮屈に感じられるのです。

 

変身願望を持つのはどんな人

 

現実に満足していない人ほど、変身願望が強いと言いますね。別のスタイルの自分が活躍しているのを想像し、あんなふうになりたいなあ、と思うわけです。場の空気を全くよまない頭脳明晰な伝説の探偵、みたい人物に憧れるわけです。

こんな現実こりごりだとゲンナリしているのです。空気を読み過ぎる副作用が致命的にあなっているわけですね。

 

親の期待を痛いほど感じて、裏切れないと自分を殺して人生を歩んできた人たちです。それ以来、他人の事ばかりに振り回わされ、ホトホト嫌気がさしている。

ここらで自分のための人生に舵を切らないと、メンタルがどうにかなってしまう、と心がSOSを発しているんです。

 

おまけに、こういう人にかぎってとかく相談を持ち掛けられる。気持を察するのが天才的に得意ですから、こんなに聞き上手な人はいませんね。相談してくる側が傷つくような事はまず口にしないしね。

 

 

変身願望が妄想癖へと

 

変身願望を抱いている人は妄想癖があったりするものです。変身後の自分の姿を妄想して物語を組み立てるくらい心が豊なのです。実社会で変身できないフラストレーションを妄想で別世界に入り込む事で紛らわせているケースも少なくないでしょ。

 

だったら徹底的に妄想を膨らせて、細部まできちんと作り込んでみたらどうでしょうか。敏感過ぎて周囲の人々に気を使ってしまう今の自分とは真逆のキャラクターを演じる為のシミュレーションをしてみましょうよ。

 

空気が読める人は、相手の気持ちを汲んで、相手の想定する範囲にこちらの意見を留めますよね。「まさか、そんな事を言われるとは思っても見なかった!」というのを、気を利かせて避けようとするわけです。

 

だったらその反対に、敢えて想定外の意見を叩きつけている自分を作り出してみたらストレス発散されませんか?わざと自分のストレスを発散するためにやるんですよ。

      【広告】

傷つけるのではなく、予想だにしなかった意見でビックリさせる

 

想定外の意見で相手を傷つけてやれ、と言っているわけではないんですよ。だって、もしそんなことをしようものならアナタは自分を責めることになるでしょ。そうしたらストレス発散なんかとは逆効果ですよ。むしろストレスを蓄積することになってしまう。

 

なにをするかというと、予想だにしなかった意見で相手をビックリさせるんです。ああ、そういう考え方もあったんだ、とわざと思わせるわけ。

 

いままでアナタに相談してきた人は、相談というよりも、最初から味方をしてくれるのを期待しているのではないでしょうか。否定されないから安心して言いたい事が言える、と優しい言葉で包んでくれるのを百も承知でいるんじゃないですか。

 

だから、たまには「痛っタタタタッ」と思わせるのも必要なんですよ。別の人からは鋭い反撃を受けて撃沈させられて、もしかしたら撃沈が正解だと泣く泣く納得しているかもしれない。そうい時には、撃沈のダメ押しだって必要なんです。

これって相手にとっても大切だと思いませんか?いつもいつも想定内の意見が来るわけじゃないもの。多かれ少なかれ試練は必要なんです。

          【広告】

          【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*