幸福度を150%アップさせるために身に着けたい4個の習慣

Pocket

日本人ってもっと幸福感を感じてもいいと思いません?真面目、勤勉、正直、親切。世界中探したってこんなに愛されるべき国民はいないでしょ。いっとき、世界一幸福な国ブータンというのが流行って国王が来日しました。着物着て奥さん連れて、その表情は穏やかそのものでしたね。

 

確かにブータンも幸せな国なのでしょう。でも、日本と比較して優劣をつけられるほど単純構造じゃないですよね。産業構造が全然違うから国民生活も違う。生活における緊張感が、この二か国では異次元的に異なっています。

 

ここでは日本人の皆様が、今よりも150%増しの幸福度を感じてもらうために、ぜひ会得してもらいたい習慣につて解説しています。

           【広告】

誰でもいいから良いところを見つけて褒めてみる

 

誰でも構いませんから良いところを見つけて褒めてあげてください。唐突に褒められた方はびっくりするかもしれませんね。仰々しくする必要はありませんよ。

 

ちょっとした事、服装、髪型、言葉遣い、仕事の丁寧さ、明るさ、快活さ、何でもいいのです。良いと思ったところを軽く褒めてください。

ほめられた方が気分が良くなるというのが普通ですよね。でも、実は褒める方の心理をのぞいてみると、褒める側の気分も高揚するのです。

気分が良くなければ、少々の事があっても人を褒めたりしないでしょ。不機嫌な時でも礼儀として、ありがとう、すみません、ごめんなさい、は言います。でも機嫌が悪い時は人を褒める気分にはならないでしょ。

 

褒める行為の裏には幸福感が隠れていますよ。 人を褒めて自分の中から幸福感を引き出すのです。

 

ひとこと、ふたことでも挨拶と立ち話し

 

立ち話には心をほぐす力があります。簡単な挨拶のあとに、とりとめのない会話を少しだけするの;

  • 調子どお?
  • 暑いね~
  • 朝はブラックコーヒーが一番だね
  • 夏休み、どこ行くの?
  • 子供元気、奥さん元気?

 

なんでもいいんですよ。仕事と関係ない二言、三言の立ち話がいい。できればアメリカ映画みたいな軽いジョークが混ざっていると最高です。一瞬、気分がニュートラルに戻るじゃないですか。で、なんとなく仲間意識が感じられる。

 

仕事はトラブってて最悪の情況かもしれないけど、一歩だけ離れれば世の中は平和なもんだ、っていう風に思えるでしょ。戦争の渦中にいて命があるかないか切迫した状況じゃないんです。飢餓にあえいでいて、明日食べるものが無いなんて情況でもないんです。日本の平和加減を味わってみてくださいよ。

           【広告】             

お年寄りに親切にしてみる

 

お年寄りに親切にしてみると心が温かくなります。電車で席を譲るでもいいし、駅の階段で手を引いてあげるでもいい。重たそうな荷物を持ってあげるのでもいいですよ。

お分かりになると思いますが、簡単に言うと良いことをしてみるわけです。多少偽善ぽくなりますが、そんな事は気にする必要ありません。

ボランティアはされる側よりもする側に癒しの効果がある、っていうのを聞かれたことありませんか。ボランティア活動をする人全員とはいいませんが、一部は自分を許したいというお身に引きずられていると言います。

法律的にどうこうというわけじゃなくて、何か人の為になる行いで、心の中の引っかかりを取り除いて解放されたいという思いです。自分自身とのわだかまりを解消したいという目的でボラティア活動に参加されている方もいらっしゃる。

 

それと同じ事なのですが、ボランティアなんて通年、いつでも募集しているわけじゃないし、どっぷりボランティア活動に浸かるような時間はないですね。

だから、お年寄りを見つけて親切にしてみるのです。

 すると、やっぱり善い行いの後って気持ちがいいじゃないですか。このあたりって人間のメンタルは単純にできているのです。

 

気分が良くなってきたらささやかな贅沢を楽しむ

 

  • 人の良い所を見つけて褒める
  • 立ち話で気分をニュートラルにし、客観的に世の中を眺める
  • お年寄りに親切をする

 

こういう小さな工夫で積極的に幸福感を感じる習慣を身に付ける。気持がいいなあ、ほのぼほするなあ、リラックスしてきた、穏やかな気分だ、優しい気持ちになれた、、、、。

 

プラスの感情がいろいろ。それを味わう、浸っちゃう。で、そのあとに少しだけ自分にご褒美を上げるの。マクドナルドでコーヒーを飲むかわりに、スターバックスに行くとかさ。発泡酒からプレミアムモルツとかエビスビールにかえてみるとか。こんなふうにして幸福感を150%増しにして生きていきましょうよ。

          【広告】

 [blogcard url=”http://skira.tokyo/2019/07/13/%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%89%e3%81%aa%e7%84%a1%e7%b2%be%e9%ab%ad%e3%82%82%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%a8%e8%a3%8f%e3%81%ae%e5%8a%aa%e5%8a%9b%e3%81%ae%e8%a6%96%e7%82%b9%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%8b/”]

[blogcard url=”http://skira.tokyo/2016/11/20/%e6%af%8d%e8%a6%aa%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%85%90%e7%ab%a5%e8%99%90%e5%be%85%ef%bd%9c%e5%90%8c%e6%83%85%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%a8%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ae%e6%84%9f%e6%83%85/”]

[blogcard url=”http://skira.tokyo/2016/12/05/%e3%83%91%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e8%80%85%e3%81%8c%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%81%ab%e4%bd%8f%e3%82%80%e4%ba%8b%e3%81%ab/”]

[blogcard url=”http://skira.tokyo/2017/03/22/%e7%a9%8d%e6%a5%b5%e7%9a%84%e3%81%aa%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%ab%e3%81%af%e8%aa%8d%e3%82%81%e3%82%8b%e4%ba%8b%ef%bc%9a%e6%b6%88%e6%a5%b5%e7%9a%84%e3%81%ae%e8%a3%8f%e3%81%ab/”]

[blogcard url=”http://skira.tokyo/2017/11/12/%e8%b2%ac%e4%bb%bb%e6%84%9f%e3%81%ae%e5%bc%b7%e3%81%95%e3%81%8c%e8%87%aa%e6%bb%85%e3%82%92%e6%8b%9b%e3%81%8f%ef%bd%9c%e4%bb%95%e4%ba%8b%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%81%a8/”]

         【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*