会社の上層部が全然苦しんでいない、いつも穏やかで何事にもないよう

Pocket

会社の中で実務担当者では決めかねる難しい判断が求められるときが上層部の出番です。社長に判断を委ねるか、それより下の取締役あたりで片をつけるかは、その時々の問題の大きさに掛かっています。

活気のある会社の上層部は日々、難しい判断に迫られているのが正しい組織体制の姿なのです。

 

しかし実態はこれとはかけ離れた姿がどこの会社でも見受けられる。ひとことで言うなら、高い給料をもらっていながら、全然苦しんいる様子がみられない。楽な雑談程度の仕事しかしていない。

 

ここでは、会社における呆れた上層部の役割について考えてみたいと思います。

          【広告】

問題を上層部に上げる前に解決するのが部下の仕事

 

会社のお偉いさんの中には、問題が表面化したときに、それが自分のところまで上がってくる前に火を消すのが部下の役目と思っているバカがいます。問題に巻き込まれたくない、という心理です。何のために多くの経験を積んだ者を取締役にしたのか全く理解していないんです

「キミキミ、こんな問題を私のところまで上げてきてもらって困るよ。自分の責任の範囲で解決しなさい」と眉間に皺を寄せるのです。

 

この人、自分の仕事は取引先のお偉いさんと会って世間話しをしたり、接待して自社のイメージを上げることだと思い込んでいる。マインドが狂っているわけなのです。

 

掛け声だけはイッチョマエ

 

何かいいアイディアは無いのか?

これも、この人の口癖です。新規事業を立ち上げて、競合他社との違いを前面に押し出したい、という主張です。確かにわからなくもない。でも、彼はこの号令をかけるだけです。

あとは実務を日々こなす社員からアイディアが上がってくるのを待つだけ。はっきり言って、年寄りには斬新なアイディアなんて思いつくはずもない。ましては、IT産業の時代に他者がまだ手をつけていない品物、サービスのアイディアが凝り固まった脳みそでひらめくなんてありえない。

だからといって、掛け声だけかけて何かが出てくるのを腕組して待たれていても、誰もやる気にもなりませんよね。

 

誰に何をやらせるか|社員は将棋の駒じゃないんだ

 

取締役くらいまで出世してしまうと、仕事の実務からは遠ざかっています。経営側に陣取っているわけです。せいぜい感覚的に、どんな状態で日々オペレーションされているかが分かる程度でしょう。

でも一部のやり手の取締役は時間を見つけて現場に降りてくるのです。社員に声をかけて回り、雑談を通して実体を把握しようとしています。こういう人は人間としてもビジネスマンとしても別格です。

 

普通のうすぼんやりした取締役は、間接情報でしか現場を知りませんからまともな判断など無理なんです。で、彼らが集まって何を相談しているかと言えば、人事関連です。次に誰を昇格させようか、から始まって、重要なプロジェクトだから専属のリーダーとしてだれそれを任命しようとか。

でも重要プロジェクトがどんなふうに立ち上がって、そこのリーダーが何をこなすべきなのかは全くのノーアイディアなんです。ひとつのヒントに具体性をもたせ、現実のビジネスに発展させるために何が必要でるか、など全く考えていない。

          【広告】

会社の上層部に期待するものとは?

 

会社の上層部に期待するものをひとことで言うなら、“知恵”でしょう。場数を多く踏んできた者にしかわからない知恵です。

IT革命とかAIによる自動化を先陣切ってビジネスに結び付ける仕事など、過去のビジネスヒストリーをひもといたところで、役に立つとは思えない。

若手社員の自由な発想に任せるに限るのです。日々の仕事を追いかける実務担当者がぶつかる問題を率先して解決していく姿勢こそが上層部には求められる。

肩書あるものが、過去を振り返り同じような問題を解決した時の知恵を再び生かすことで事態が改善されるわけです。会社の為に頭を下げなければならない気の重い仕事であることは間違いないのです。

上層部には、日々苦しく苦しんでもらわなければならないのです。

         【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*