悲観的の何か悪い!心配性の克服必要なし。楽観的などツバペッペだ!

Pocket

心配性は課題設定の呼び水効果だ

 

「心配性を克服したい」と考えている人がいますね。程度にもよりますが、心配性ってそんなに悪い事じやないですよ。

問題意識があるからこそ気になる、心配になる、ってことです。

何も考えていないお気楽ポン太郎を楽観的というのです。

リーマンショックで株価が暴落、原発問題で電力不足、いじめが原因で中学生が自殺。

こういう問題を敷衍して、我が身に当てはめてみる繊細さ、想像力がないのが楽観的というのです。それのどこが良いのか全然わからない。

敢えて目を背けて、心配心を明るさでごまかそうとする人もいます。
関連ブログ:心に蓋をすると、脳はいったいどんな状態になる?2017年4月25日

楽観主義の短所はマイペースだといわれます。周囲の人たちのペースに合っていないのに本人は気が付かない。正に鈍感力全開といったところでしょう。
関連ブログ:弱みにつけこむクソ本|いい人をやめなさい、鈍感力、精神科の樺沢2017年6月16日

楽観的をポジティブと勘違いしてしまっている人が多すぎるのです。

物事を楽観視して何の問題意識も持たない人のどこがポジティブなのか理解できないのです。

現実に起こった事件や社会問題に敏感に反応して、これはマズいぞ放っておくとネガティブに連鎖して自分たちにまで被害が及ぶかもしれない。

その前に対策を立てておかなければ、と考える方がほっぽどポジティブじゃないですか。

心配性の人がいるから、世界は平和に時を重ねる事ができるのです。

      【広告】

 

悲観的な人の特徴とは?

 

悲観的な人の特徴を次のように説明する書籍を目にしたことがあります。

  • いつも暗い表情で笑顔を見たことがない。
  • 人との交流が上手くいかず孤独である。
  • 被害妄想が強い。
  • 何事にも積極的に取り組もうとしない
  • はじめから負け組だと思っている

 

この特徴。当たっていると思いますか?

もし、ご自分が悲観的で心配性だと思っていらっしゃる方が、この原稿をご覧になっていたら、考えてみてください。

ワタシ個人的な意見ですけれど、ハズレですね。

オオッパズレ。

ワタシも悲観的で心配性だと自分自身を考えています。でも、被害者意識なんて持っていないし、友達も普通にいます。
負け組とも思っていないし、暗い表情ばかりしているわけじゃないですよ。

たぶん悲観的や心配性を治したいと口にだして言っている人は、実際には悲観的でも心配性でもないのです。

普通なのだと思いますよ。

普通に誰でも気になる事、心配になる事があります。

気に病んでいて、あれこれ考えます。

で、そのあとは自分が考え続けても結果は変わらない。事態が動くのを待つしかない、と気付く。

この、待つしかない状態なのに考え続けてしまっているのです。

ひとことでいうと、切り替えが上手くないのです。

もちろん、結論が出ない状態で待つのは苦しいですよ。それは誰でも同じ。
関連ブログ:仕事ストレスを自信に|答えの出ない仕事ジレンマをスッキリ解決する神技2018年6月30日

ここは悲観的という問題ではなくて、気持ちの切り替えの問題なのです。

 

 

悲観的な性格になったのには理由があると言うけれど、、、本当?

 

悲観的な性格になるには原因があると分析する人がいます。その解説を読んでみると分かりやすすぎるほど分かりやすい。

実際の細かない事実や複雑な背景を端折って、分かりやすい部分だけで勝負する薄っぺらい解説。

 

  • 子供の頃に親から虐待を受けた
  • 学校でひどいいじめにあい、引きこもりになった経験がある
  • 大切な目標を打ち砕かれたときの挫折が忘れられない
  • これらが潜在意識に浸透して、いつも自分を卑下し、過小評価している。

こんなふうに精神分析していました。

でもねえ、こんなつらい面にあったらもっともっと厄介な精神疾患に引きずり込まれていますよ。

心配性な性格を治したいとかいうよりも、心的外傷後ストレス障害(PTSDとか脅迫神経症とかですね。
関連ブログ:受刑者の再犯防止|懲役刑から教育刑の心理カウンセリングに移行する?2017年1月4日

もし、これらに該当すると思ったら、即、専門の治療を受けるべきなのです。

でも大方の人たちはもっと軽度な状態じゃないですか?

だとしたら、いい方法があるのですよ。

       【広告】  

一人で悩まない

 

人間、自分ひとりで悩んでいると考えが煮詰まってきて、事態が複雑化してくるように思えるものです。

悩みからの出口が幾つもあるのに、ひとりで悩んでいると、その出口が見えない。

どんどん出口から遠ざかってしまうのです。

良い意味での「いい加減」の発想ができなくなってしまうのです。
関連ブログ:犯罪者・罪の意識が心を乱す|自滅を呼び込む現代人の精神の弱さとは?2018年4月4日

人間って根本的に現状維持が好きなのです。今、置かれたポジションが大好きで、真新しい状況へ踏み出すのが億劫なのです。

確固たる根拠もないのに慣れない環境に突入するのは嫌なのです。

だから、ここで他人の力を借りるのです。

「ヤバ!超~ヤバ!今世紀最大のピンチだ」と言いながら周りを巻き込んで悩むのです。

友達を呼び寄せて悩みに巻き込むのです。

人の力を借りれば「やってみなきゃわからないじゃん」程度の甘い理由で新しいことにチャレンジできる。

結果も、「まあ、こんなものか」と現状から事態が少し動くわけです。

「誰だって、それくらいの悩みは抱えているよ!考え過ぎだよ!暫く様子をみてみようよ」と人と話しているといい加減さが混ざってきます。

多くの人が思っている悲観的とか心配性はこんなもので、むしろ有った方が問題意識や課題が見えてきて有益なのです。

悲観的とか心配性だと悩んでいる人、九分九厘、普通の人だと思いますよ。

親でも、兄妹でも、友達でもどんどん悩みに巻き込んでしまいましょう。

明るく解決できるはずですからね。

      【広告】

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*