男性の白髪|染めるべきか、女性の視線は?

Pocket

35歳が男性白髪発見の平均年齢

 

個人差はありますが、男性が自分の頭髪に白髪を発見する年齢が平均35歳だそうです。

ああ白髪が出てきたなと感じるのは、頭髪に10%ほど白髪が混ざったときとの事。

さて、ここで別れるのが白髪対策ですね。

 対策といってもごくごくシンプルで、99%が下記で占められています。

    染める
    抜く
    何もしない

 

男性心理としては、まだ大丈夫と思うか、少しでもよく見せたいと考えるかの単純な違いのようです。

これが、40歳、45歳、50歳へと歳を重ねることに男性心理も変化してゆきますね。

 

          【広告】

女性からの視線

 

まだ大丈夫、と考える男性の多くは20代後半から30代であるとのですが、ここに女性心理の落とし穴が潜んでいます。

女性から好感をもたれる白髪頭の男性とは、まだ大丈夫と高をくくる20代から30代ではないのです。

 

20代後半から30代での白髪頭へのイメージは残念ながら今一のようです。

 

若白髪が与える印象 

・苦労しているのかしら。
・最近元気ないみたい。。
・遺伝とは思うけど、老けてみえるわね。

 

年齢とともに白髪がふえるのは普通ですが、その白髪量が平均よりも多いときに残念なイメージをあたえるののが20代、30代なわけです。

つまり若白髪がもネガティブな印象を与えるわけです。

 

部分白髪が与える印象

  

耳の上、こめかみ近くに白髪が集中している人がいます。

これにも、男性の年齢に限らずに女性から厳しい目が注がれるようです。

・なぜ、ホルモンバランスが悪いのかしら
・年齢不詳なひと
・急に白髪が増えたみたい

 

実際に耳の上やこめかみ付近に白髪が密集するには、幾つか原因があります。

    精神的なストレス
    眼精疲労
  血行不良   

       【広告】

  

かっこ良い白髪頭

 

白髪が頭髪全体に平均的に混ざっていると、その度合いでロマンスグレー、ダンディー、知的というイメージで迎えられるようです。

さらに、チョイ悪オヤジという中年男性にとっての追い風イメージも、ここ数年でしっかり定着しましたから小奇麗にまとまっていなくても好印象が得有れる時代なのです。

 

白髪を長く伸ばして後ろで束ねたり、前頭が剥げているにも関わらず肩にかかるらいまで伸ばす、というのは芸能人でないかぎり、痛々しく見えるだけですから回避してくださいね。

 

さて、40代半ばからの白髪頭でどのタイプを狙うかに知恵を絞りましょう。

 

薄毛の人の場合は、一番似合うのがチョイ悪おやじ系です。

少し白髪混じりの無精ひげを残し、薄くなった髪に白髪が混じっていてもワイルド系で通すのがベストですね。

ごちゃごちゃ手を加えないところに、良さがあるわけです。

 

薄毛がない人は、ダンディー系もワイルド系も似合いますね。

白髪が頭髪全体に平均的に混ざっている場合は、好みの問題。もともと白髪が嫌いな人を落とそうと思えば染めるしかない。

耳の上や、こめかみが突出して白い場合にはグレー色っぽくして目立たなくする対策をとりたい。

 まとめ

 

白髪の量が平均よりも多い20代、30代は染めて目立たなくすべき。

いくら頑張っても、20代、30代ではダンディーにもチョイ悪おやじにもなれませんから。

耳の上あたり、こめかみ付近に白髪が集中している場合には、年齢不詳と思われてしまうので、年齢関係なしでぼかし程度染めるべきですね。

 

一口メモ

髪を染めることで頭皮にダメージを与えるリスクがあります。

幸いなことに、耳の上や、こめかみ付近の頭皮は、後頭部と同様にとても丈夫です。
はっきり言うと、耳上やこめかみはめったにハゲないのです。
だから、少々髪染めで頭皮にダメージが及んだとしても、その部分はハゲません。

       【広告】

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*