いじめられる側にも劣等感があると考えてみた

いじめる側の心根には劣等感が横たわっていて、気持ちに帳尻を合わせるためにいじめに手を染める。 優越感を味わって、枯渇しかかった心に命の水を注ぐのだという理屈だ。 考えてみました。 いじめられる側にも劣等感が疼いていて、そ 続きを読む いじめられる側にも劣等感があると考えてみた