報道できない座間連続殺人事件の真実|白石起訴されたが共犯者は?

Pocket

白石隆浩が起訴

 

5ヶ月間にわたる精神鑑定の時間を延々と使って自供に迫っていた警察がついに白石隆浩を起訴しました。座間連続殺人事件の容疑者です。

時間を費やした目的はもちろん白石から共犯者の情報を聞き出す事。
残念ながら現段階では共犯者について警察は未発表です。

何人もの人間が白石のアパートに出入りしていたという事実。

9人もの人間をたった3ヶ月で殺害し、遺体をバラバラにした事実。

白石の単独犯行でないことは明白ですよね。

それなら共犯者はいったいどこに逃げたのか、を推理してみたいと思うのです。

       【広告】

白石が共犯者に関して口を割らなかったのなら

 

もし、白石が共犯者について一切自白しなかったとしたら、父親が共犯者である可能性が高くなります。

最後の最後まで、身内をかばったとみる。

死体の切断や、アパートへの運び込みから単独犯には無理があると誰もが考えます。それでも白石が筋の通らない部分を全て黙秘で通した考えるほかありません。

 父親以外が共犯者だとしたら、白石は言いくるめられている。つまり洗脳されているという事。

9人殺していますから共犯者がいても、いなくても死刑は死刑。
組織ぐるみの犯行で、白石は組織の歯車の一つ。
しかし、一人の力で大仕事をやってのけた、としたほうがかっこいいだろうと組織から洗脳された。

 

         【広告】

共犯者はいるが警察が発表を避けている

 

白石から共犯者を自白させたものの、まだ報道できないという事態も考えられますね。

共犯者の名前だけはわかったものの、事件発覚と時期を同じくして逃亡してしまっている。

もしくは共犯者が複数人いて、そのうちの一人と か二人しかわかっていないため、暫く泳がせておいて共犯者すべてを一度気に逮捕する。

複数の共犯者がいて、一部噂されている臓器売買が犯行だとしたら医師が背後で事件を操っていたという前代未聞の大ゴシップに発展します。

 

ベトナム人のリンちゃん殺害で一審判決、無期懲役を受けた渋谷恭正(即、上告)について、警察は余罪を暴けませんでした。一貫して黙秘を貫いた渋谷の作戦に警察は手も足も出ずなかった。

点滴に毒物を入れて末期患者を次々と殺害した看護師、久保木の背後にも病院側の圧力がかかっていたようにかんじられる。それも暴けるかどうかは極めて疑問です。

 だったとしたら、なんとしてでも白石の共犯者は暴かなければ警察の面子が立ちません。

 

今回、白石は犯行自体は認めたものの、共犯者についてどんな証言をしたのかはわかりません。警察は共犯者がいるとも、いないとも公表していないからです。共犯者について口をつぐんでいる事が不自然なのです。

もし、事件の背後に大きな組織の存在があって、警察もグルになって隠蔽工作に出ているのだとしたら、直接マスコミが白石に接見して事件の全貌を明らかにすべきだろう。

NHKが白石に接見した際、白石は多額の金を要求したといいます。金さえ払えばしゃべってもいい、みたいな事を言ったと。

すでに警察の取り調べてで共犯者に関する証言をしていた可能性はあります。

 果たして、警察は隠蔽に加担しているのか、共犯者を泳がせているのか。 

共犯者の逮捕を妨害するような行為は避けなければならない。

一方で、隠蔽工作なら徹底的に叩かなければならない。

さて、事実はどっちなのか?

           【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*