仕事のストレスの解消|待つ身のつらさが紙に書くと薄れるのはなぜ?

Pocket

待つストレスを解消する

 

 待ちの姿勢を続けるのはつらいものです。


仕事でも恋愛でもストレスの根源ではないでしょうか。

イライラ、ヤキモキ、と相手の出方を忍耐強く待つ身はつらいものです。

 

「やるだけやったのだから、結果は後からついてくる」と開き直れないのがつらい。

ここにジレンマが存在しているのです。


じっくり相手の動きを探りながら、成功の確率が高いほうへと思考をずらしていかなければならない。

じっとりとまとわりついてくるみたいで男性女性に関わらず、精神衛生上まことによろしくない! 

        【広告】


時間制限がないのもメンタルにこたえます。

仕事だから最善を尽くすけれど、どこまで頑張り続ければ責任を果たしたことになるのかとジレンマに陥るのです。

正直言って、諦めてしまったほうがよっぽど気楽。
  

こんな仕事ストレスも、紙に書くと薄れる、というお話です。

          【広告】 

ロジカルにビジネスライクにいきましょう!

やれることは全てやりつくした、あとは運を天に任せて、とはいかないのが泥臭い営業の仕事ストレス。

こんな時は、どんなふうにして心を静めればストレス解消できるのでしょうか?

その答えは、今ここでこっちの手の内を明かせない理由、つまり相手の出方を待たなければならない理由を文章にして紙に書くのです。

 

頭で考えるだけではダメ、文章にして手書きで紙にかくのです。

すると意外にも心がすっきりするのです。


これ、本当に不思議なのですが手書きで紙(ノートで、できれば少し豪華なのがいいです)に書くと、待たなければならない理由がスッと心に入ってくる。

これが待たねばならない仕事ストレス解消のプロの技なのですよ。

文章にすると、おかれた状況はドロドロなのに意外にもビジネスライクな書面ができあたるのです。

ストレス解消に直結しますから絶対に試してみていてくださいね。

例として、こんなふうに仕事ストレスを書き出してみました。

①二種類の企画案を作成中だが、取引先の要望の真意がまだつかめない。
だから、どちらを正規版にするか決められない

②取引先に価格提示する前に、先方の予算を把握する必要がある

③“為替変動が激しく、為替リスクの負担が大きすぎる

 

このうちのどれか一つが理由であればさほど重苦しい気分にはなりません。

 
でも実際の仕事だったら上記の3つの理由が混ざっているくらいが普通でしょう。

でも3つを頭の中で繰り返し考え続けると、うまく気持ちが整理できないんです。

堂々巡りになっちゃうんです。

 
上記のように事態を箇条書きにするといいのですよ。

相手の状況が分からないのだから待つしかない、と潜在意識が受け止めてくれるのです。

すると不思議なことに、頭も整理でき、あれだけ嫌気の刺していた仕事ストレスがガクッと下がります。

今までは、考え過ぎる自分に嫌気がさして、無理やり心に蓋をして眠ってしまっていたでしょ。

 それが、自分に対して「慌てなさんな、まだ事前準備が整っていないのだから」、と待つべき状態に自信が持てるのです。 

結論を先延ばしにする理由が明確に潜在意識に伝われば、自然と余裕が出てきます。

 

基本中の基本は事実をしっかり把握すること。

事実を把握し、それをロジカルに考えて整理すると、だれがやってもたいてい同じ結論にたどり着くものです。

みんなと考え方が一地していれば、これほど心強いものはないじぁないですか。

こうして仕事のストレスが解消されるのです。

 

         【広告】 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*