のんびりだけがリラックスじゃない|自らじんわりモードに入る術

Pocket

リラックスできない人たち

 

労、親の介護、子供の将来、、、で片時も気分が休まらない人は、リラックスの方法が分かればどれだけ助かるでしょうか。

夜だけでも、リラックスしてゆっくり眠りたいですね。。

緊張感から解放されないつらい状態が慢性化している方々、ぜひ、じんわりモードの方法を試してみてください。

頑張れば頑張るほど、人は緊張とストレスは高まってしまうのです。

もともと人間は頑張るとリラックスできないようにできていて、頑張らないことが近道なのです。

とは言え、のんびりだけがリラックスじゃないのです。

自らじんわりモードに入る術があるのです!

 

 自律神経によるリラックスの方法を!

 

律神経には交換神経と副交感神経の2種類があります。

緊張するときに働くのが自律神経。

生活の場面にあてはめると、 集中して何かに取り組んでいるときや、 全力でスポーツに打ち込んでいるときの状態などです。

逆にリラックスしているときに働くのが副交感神経。

のんびりと音楽を聴いているとき、のんびりと風呂につかっているとき等々などです。

どんな時でも神経がピリピリに張りつめていて、全然リラックスできない人がいます。

このような慢性的に緊張気味の人は、まずは副交感神経を鍛えるべきなのです。

副交感神経を鍛えて、じんわりモードに入りましょう。

 

      【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*