気違い沙汰|百人百様のようで、実は6通りの狂気しか存在しない

Pocket

6通りの狂気とは
  

何かの本で読んだのですが、人には6通りの狂い方しかない。
 
  
逆に考えると、どんなに気違い沙汰でも、 もとをさかのぼると6つ狂気のいずれかに根ざしている。
 
 
  不謹慎なタイトル、不謹慎な書き出し、失礼しました。

6つの狂気とは;

統合失調症
うつ病(躁病、躁うつ病)
神経症
人格障害
依存症
気質性精神病(認知症など)

厳密には、上記が混ざり合っている場合もすくなくない。
 
  
だすると、組み合わせの可能性は相当数にのぼりますが、、、。

本来、精神疾患というものは曖昧で、 原因と結果が一直線で結ばれるものでもないのです。
 
 
  
しかし上記の6つのカテゴリーを頭に入れたうえで、 下世話な殺人ドラマや、世間を日々賑わす事件に照らし合わせてみると、
人の心の複雑な歪みが見えきて、なるほどという気持ちになるのです。
(殺人を肯定しているわけではないですが)。
 
 
  
具体的な事件を取り上げてみました。

        【広告】

狂気その1、東名高速での追跡殺人

 

東名高速道路のパーキングエリアで 駐車マナーが悪いと注意を受けた後、 執拗にワンボックスカーを追い掛け回し、 中央分離帯脇に駐車させて二人の命を落とさせた事件。
 
 
  あの犯人をどう見るか?
 
 
  
パーキングで駐車マナーの悪さを注意されただけで衝動的にカッとなり、 高速道を追い掛け回す。
 
 
  
この俺に文句を言うなんて、なんて生意気なやっなんだ、 という思い上がり。
 
 
  
ガンを飛ばしやがってという過剰な反応。
 
  
それと、危険を顧みない暴走行為。
 
 
  
やっている事は確かにクレイジー。
 
 
  
極端な自己中心的性格に、 ストーカー気質とサイコパスが上乗せされた感じ。
 
 
  
でも狂気(人格障害)とまではいっていない。
 
 
  
警察に逮捕されてしまえば、おとなしく罪を認める内弁慶で、 自分よりも強いものには逆らえらに根性なし。 

       【広告】

狂気その2、幼女殺害の渋谷
 

これと比較して、フィリピン人の幼女(リンちゃん)を 殺害して逮捕された渋谷をどう見るか。
 
   
自己中心的をはるかに突き抜けた自己愛性人格障害。
 
   
男としてのエロいぶ部分(男はみんなスケベです)に、 すべてを自分の意志のまま動かしてやろうという身勝手な考え。
 
  
 
だから思いのままに操作できる幼女を選んでいる。
 
 
  
警察が起訴に踏み切る前の取調べで、 一貫して黙秘を貫いたといいます。
 
 
  
余罪をほじくり返られたら、 死刑になりかねないと考えたのでしょう。
 
 
  根性だけは座っていますが、生まれつきの狂気です。 

         【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*