プロが使うFXの勝ち方|レンジ相場と群集心理をチャートから読む

Pocket

レンジ相場のチャート

  

FXで勝つために最初に覚えておくべき原則は、相場の8割、9割はレンジ相場であるという事実です。


プロはこれを
肝に銘じ、レンジ相場での対処法を確実に身につています。


逆に、そえができていないとFXでは絶対に勝てません。

あなたが、ポジションを持った瞬間に、思いとは逆に動くのは、これが腹に収まっていないからなのです。

チャートを開いた時点で8割から9割はレンジなので、規則性無く上下するのがあたりまえなのです。

 

あなたの後ろにFXの亡霊が立っているわけじゃないんですよ。

 

知らなければならないのは、そのレンジチャートも群集心理から出来上がっている事実です。

 

それを知らずに、いきなりポジションを持っては絶対にダメ!!!

プロは金を捨てる行為など絶対にしません。

勝てる可能性が50%だったらプロはポジションなんかもたないんです。

損切覚悟で、使用率80%でなければ買いもしなければ、売りもしないのがプロなんです。

FXで勝つ

まず、プロが目を光らせるのは;

いつから始まったレンジなのか、

レンジを形成してどれくらいの時間が経過しているのか、

上昇途中のレンジなのか、

下降途中のレンジなのか、

これらをじっくり観察します。

このチャートの動きが頭に入るまでは、100%勝ポジションをもちません。

 

トレンドは継続するというダウ理論はFXの原則です。

上昇するトレンドに自分も乗っかろうとするのが人間の群衆心理です。

みんなが買うから、私も買おうという心理からトレンドが継続するのです。

 

でも、そのトレンドだっていつか転換しますし、その転換の前には必ずレンジ相場が訪れます。

だからあなたがチャートを開いたときに見るレンジとの会話が大切なのです。

         【広告】

プロが考えるレンジの起点

 

上昇や下降が一方的に継続せずに、レンジ状態に入るのはなぜか?

いったん、プルバックするのはなぜか?この原則をプロは熟知しています。

 

それは売り、買いが綱引きをしているからです。

ただし、勘違いしないでくださいね。

 

単純に売ったり、買ったりしているだけじゃないのです。

 

買ったドル/円が予測どおりどんどん上昇し、そろそろここで決済しようか、という場合は売りになるのです。

買ったものを決済するというのは、売りを入れることになりますから下降圧力となるわけです。

買いポジションを持っていて、ここまで上昇したら決済というふうに設定している場合も同様に売りを入れることになりますね。

 

トレンドは継続するものなのに逆の動きがでてくる理由は、「そろそろ利確するか」という人間心理の現れなんです。

逆に、売りでポジションを持っていたのに一向に下がらないので、「損切りするか」と言う場合は買いになるわけです。

 

売りポジションを持って、損切りのレートをあらかじめ設定しておいて、そこで自動決済される場合も買いを入れることと同様、なのです。

 それなら、人間は、どこまでチャートが上昇したら利確しようと考えるのでしょうか?

これらを予測をするのが群衆心理なのです。

 相場に参加している人々、みんながみんな、いっせいに売りに転じたり、買いに転じたりすれば相場はレンジを形成せずに一気に反転します。

でも、実際には大きな反転に向かう前に、少数派が動き、それが徐々に拡大し、大多数の動きに転じるわけです。

だからレンジ相場が必ず到来するのです。

プロは大多数の流れができたときに相場に参加するのです。

少数派の動きに乗っかることはしないのです。

時間をかけて、大きな確実な流れができるまで待つのです。

だって、待つのがプロの仕事なんですから。

 

                     【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*