あがり症は損をする。精神疾患・メンタル問題だからこの薬でしっかり撃退

Pocket

あがり症で自信喪失
 

あがり症の方、対処方法ご存知ですか?

軽い精神疾患の一種ですから専門の医者にかかるのが一番。

つまり、精神科を受診して、薬で撃退してしまえばいいのです。

メンタルの問題ですから放置していたらダメですよ。

ワタシも極度なあがり症で、
15名くらいの集まりで発表するだけでもガッチガチです。

マイクを持つ手が震える。声もうわずる。

脚も膝もガクガク。

なんでこんなにあがり症なのかと悩んだものです。

子供の頃は国語の授業で教科書をみんなの前で読まされることあるじゃないですか。

あれがダメ。指名された瞬間から頭が真っ白になり漢字読めない病にかかるんです。

普段読める漢字もとたんに読めなくなる。

音楽のテストで、縦笛をみんなの面前で課題曲を吹くんです。

ご想像のとおり、完全なるあがり症です。

あれだけ家で練習してきたのに、全く吹けない。

先生も、なぜ、わざわざみんなの前で吹かせるのか、、、。

それが大人になった今でも引きずっているのです。

サラリーマンって、最近プレゼンテーションなんかをするじゃないですか。

取引先相手だったり、社内での発表だったり。あれが最高に苦手なんです。

自分なりに笑いを取るところ、ウケるところなんかも仕込んでおくのですが、
滑りまくります。

誰一人としてクスリともしない。あとで同僚に感想を聞いてみました。

痛々しくて笑う気にもなれないとの事。

それを聞いて、自分のあがり症を恨みました。

更に緊張の呪縛に囚われるのです。

 

 

       【広告】

克服の最善策は薬
 

以前のブログでパニック障害について書かせて戴きました。

ワタシはパニック障害にもかかった経験があるのです。

それも、長期間です。

その時は、人前で発表してパニック発作が起きるとマズイので、
精神安定剤をあらかじめのむようにしていたのです。

皮肉なことにパニック障害で苦しんでいる間は、
あがり症がさほど大きな問題ではなかったのです。

あがり症などパニック発作に比べたら、
まだマシ、という感じ。

でも、あがり症を抑えるには、
この精神安定剤が一番効果あるのですよ。

パニック発作の長い長いトンネルから抜け出したあとも
、あがり症は続きました。

普段はパニック発作を起こしても、
慌てないように少し強めの薬を持っています。

お守り代わりなので、それを使うことは殆どないのです。

これさえあれば安心という強い見方です。

でも、お守りはプレゼンテーション前の緊張を抑えることはできません。

友人の結婚式でスピーチするときなど、スピーチが終わるまでは披露宴のご馳走が喉を通りません。

かといってビールやワインを飲んでも心拍はあがるばかりです。

そこで主治医に相談してみたのです。 

 

      【広告】

あがり症は軽い精神疾患
 

 

あがり症とは、対人恐怖の小型版のようなものらしいのです。

普段なら回りにいろいろな人がいても問題なし、
ただ、みんなの注目を一身に浴びて発表するとなると、
病的な緊張感に襲われる。

これを何とかするには、場慣れと薬が王道。

場慣れといっても、毎日毎日プレゼンテーションの仕事があるわけじゃないですよね。

テレビにでるような仕事なら、場慣れでいつの間に慣れてしまう。

でもワタシは場慣れするほど頻繁にプレゼンがあるわけではないのです。

となると、不安を取り除く精神安定剤で落ち着かせてしまえばいいんです。

市販の薬で、あがり症を抑えるものがあります。

どうやらこれは血圧を下げる薬のようです。

緊張感からくる心臓の鼓動の激しさを抑えてくれるという仕組み。

ただ、これの欠点は心拍のドキドキはおさまるものの、
脳の緊張は残ります。

だから、緊張で頭が真っ白に、という症状には効果がないのです。

精神安定剤と血圧効果剤の併用が一番確実です。

発表の1時間くらいまえに、半減期が短い薬を呑んでしまえばいいのです。

毎日使うわけじゃないですから、依存症に陥ることもありません。

その薬を使った夜は、お酒を飲まないと自分でしっかり決める。

医者に相談すれば、簡単に出してくれますよ。あがり症なんかで、
足踏みなんかしていたら時間のムダ。

最適な薬でらくらく乗り越えてしまいましょう。

 

      【広告】

関連ブログ

通勤通学の途中で駅のトイレに。原因は軟便:乳酸菌サプリで解決

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*