少年法も人権侵害も無視だ!反社会性人格障害かつサイコパスは治療不可

Pocket

いじめられて死んでゆく子供たち

 

同級生からのいじめに耐えた1学期。

夏休みも今日で終わる。

2学期の初日、飛び降り自殺で命を落とす子供、体育館で首を吊る子供、、、、とにかくいじめの被害が止まらない。

5階建ての校舎から飛び降りたとのニュース報道は、はさらり最低限の事実を伝えるにとどめていた。

15メートル以上もの高さから、倒れ込むようにして落下すれば、頭蓋骨がバックリ割れ、赤黒い血液で髪の毛が固まっていたはず。

首吊り自殺も、同じ。観るに耐えない死にざま。

 

以前、学童のいじめにつては、即、警察沙汰にすべきだという過激な原稿を投稿させて戴きました。

いまでも、その考え方に変わりはありません。

 

マスコミはいじめによる自殺を取り上げながらも、学校は知っていたのか、教育委員会は、電話での悩み相談は有効に機能していなのかに終始するばかり。

自殺を食い止められない仕組みスポットライトを当てるばかりで肝心の主犯格を引っ張り出して叩こうとしない。

将来のある子供だから、未成年だから、少年法でがっちり守られているから。

こんな事情が実態を棚上げしている。

 

 

少年法

 

18歳に選挙権を与えるのだから、少年法の適用年齢もそれ従って下げるべきだという議論。

下げてしまったら、犯罪抑止の教育的な措置が受けられないという反対意見。

どちらの意見も一考の価値がある。

しかし、それは普通の人格を備えた子供の場合。 

犯罪を犯し、その原因が脳機能の異常であるなら少年法など関係ないんです。

 

そろそろ頭を切り替えて、別の角度での犯罪の検証を取り入れるべき時なのです。

犯罪者がサイコパスであるかどうかを判断して、その後の処置を決めなければいじめなど無くなるわけがない。

 

異常犯罪で逮捕された未成年者を、育て直しという手法で更正させることがあります。

かつて日本を震撼させて酒鬼薔薇聖斗に医療系の少年院で育て直しを施したのは有名な話です。

幼少期まで遡り繰り返し愛情を注ぎ、人との共感と愛が彼の心から芽生えてくるのをじっくりじっくりまったのです。

サイコパスであることに疑いの余地の無い彼に育て直しを施した結果、どうなったか?

オフレコですが「あんなの育て直しで直るわけ無いだろう」とはじめからさじを投げる精神科医もいたといいます。

育て直し(全体で5年ほどの時間を費やしている)の過程で女性の精神科医に暴行をはたらいているんですよ。

異例の長期治療の結果、表向き更正できたとして表社会に開放されました、

 

被害者家族に謝罪することもなく、仕事を転々としながら金儲けを虎視眈々と狙っていた。

「絶歌」という本を被害者家族に断りもせず出版したことでも分かるとおり、育て直しが失敗しているのは明らか。

サイコパスに育て直しなど効果がないのです。

答えはサイコパスが内因性(生まれつき脳の扁桃体が小さく、人として共感できない)であるからなのです。

育て直しのような教育措置などいっさい受け付けないのです。

 

だからこそ、サイコパスであるかどうかの検査と、人格障害の検査で犯人を識別する必要がある。

 

それは、酒鬼薔薇聖斗のような異常犯罪でなくとも、友達をいじめて楽しんでいる児童には徹底して適用していかなければならない措置なんです。

人権侵害スレスレの行為であることは百も承知で、そこまで踏み込まなければいじめはなくならない。

 

 

サイコパスの子供

 

 

じっくりと目を見て話せば分かるとか、気持ちを落ち着かせて彼らの言い分にも耳を傾けるべきだとか、そういう甘っちょろい事を言ってたらダメなんです。

 

サイコパスへの甘い刑罰は、本人の為にならないどころか、同じ犯罪を繰り返させるだけなんです。

彼らは、自分にとっての損得勘定に長けていますから、犯罪を犯しても、その罪が軽いとなれば、犯罪リスクは低いと解釈するわけです。

リスクと犯罪を天秤にかけて、犯罪を選んで突き進んでいくのです。

 

サイコパスは、大人の場合でも、子供の場合でも、魅力的に感じられる存在です。

あか抜けていて、メリハリのある言動が周囲を魅了します。

普通の人間なら躊躇してしまうような発言を、堂々と多くの人前で言ってのける

 

 

話して聞かせる


大人ならだんだんと挙動の不自然さからサイコパスではないかと感じ取る事ができます。

派手な立ち振る舞いが大好きで、口が上手い。

地味にコツコツと積み重ねるような仕事ができない。

縁の下の力持ちとは真逆の性格。

逆境をピンチととらえる感受性がないから、それを利用して周囲にアピールしていくタイプ。

徐々に距離が近づくにつれ、普通と違う雰囲気が感じられるのです。

奇妙な行動。

怪しげな振る舞い。

どこか、この人は変だぞ、、、。

「どうやら、距離をおいたほうがよさそうだな」と。

それでも、必ずしも犯罪に手を染めるわけではない。

サイコパスが必ずしも犯罪者とはかぎりません。

極端すぎる合理主義でビジネスの世界では大きな業績を上げ、それはそれで評価されるわけです。

おそらく、本人も自分がサイコパスであると分かっているでしょう。

 

しかし、子供の場合には本人も、周囲の子供たちも気付いてない可能性があります。

何かおかしいぞ、と思いながらも自分らとはかけ離れた価値観を有する人間が存在することを子供ら知りません。

だから、自己防衛のために距離をおくなどの知恵が思いつかないのです。

サイコパスが、誰もできないリスキーな掛けにでたときなど、むしろ一目置かれる存在になったりするのです。

 

 

サイコパスの発症

 

サイコパスの原因の80パーセントは内因性と言われています。

遺伝でサイコパスの脳を引きついでいるというパターンです。

だとすると本人には責任がないといえなくはない。

でも、それが原因で傷つけられたり、自殺に追い込まれたりする子供が現実にいる。

だったら、取り締まるしか方法葉はいでしょ!

脳内に存在する超重要機能の扁桃体が生まれつき機能障害をわずらっているのです。

この扁桃体には他者と感情を共有する機能が備わっています。

悲しさに涙する友人に声をかけて、話を聞き慰めるという行動ができるのも扁桃体があってこそなのです。

 

犯罪を犯した子供がサイコパスだった場合、処罰が不適切であることが再犯を促すのです。

犯罪が悪い事だと理解せずに、犯罪の処罰と快楽を天秤にかけることになるからです。

彼にとっては、いい悪いでなく自分にとって得か孫かが最大の関心事にあります。

だから、他者の痛み、苦しみを自分に置き換えて弱い者の気持ちを理解するなどできないわけです。

何時間、何日ついやしたって、それを理解する脳の部位が機能していませんかえら無駄なだけなのです。

 

  

      【広告】

危険きわまりないサイコパス

 刃渡り20cmの登山ナイル握り締めた銀行強盗がこっちに向って駆け寄ってきたら足がすくみますよね。

数匹の大型犬が庭で栽培しているトマトとトウモロコシを唸りをあげて食い争っていたら後ずさりするでしょ。

危険度ありませんが、1000人の大観衆のまえで演説してみろといわれたら、マイクを持つ手が震えます。

 おじけ付くのが普通なんです。

誰だってビビりますよ。

ドキドキして、足がふるえます。

人間は、そういうふうにできているんです。

もっと正確に言えば、人間の脳は、その場の状況を把握して反応するようにできています。

脳の中の扁桃体は多少の個人差はあるものの、人間として共通に機能するものなんです。

あなたが恐ろしいと感じる事は普通、他の人も恐ろしいはずなんです。

 

焦っても仕方ないのはみんな分かっている。

あたふた取り乱して、過呼吸に陥り、パニック状態に陥ったら元も子もない。

平常心で対処するのが一番良い結果をもたらすとわかっていても、普通はそれができない。

 

特別な訓練を施されたり、洗脳されたりして極限的な状況に対峙するのを日常としてしまう人が例外的には存在します。

軍隊の特殊部隊とか、オウム真理教のようなカルト集団。

 

ところが危険な状況をいともあっさりとくぐり抜ける人がいるのです。

サイコパスです。

取り囲まれた危険なシチュエーションに全然動じない。

手のひらに汗ひとつかかずに、冷静沈着に対処できる。

こんな人間が犯罪に手を染め出したらどうなるか誰にだって想像できるじゃないですか。

 

 サイコパスが必ずしも法を犯すかというと、そうとは言い切れないのです。

現に、社会で成功している人の中にはサイコパスと考えられている人がかなりいるからです。

だからこそ犯罪まがいのいじめに関わった子供は、サイコパスであるのか、ないのかの検査をすべきなのです。

 そして、もし人格障害とサイコパスを併せ持っていたら人間としてアウトであると宣言するしかない。

それは生まれつきで、遺伝による産物だとしても、はじめからモンスターの扱いを徹底するしかないんです。

かりに、人権侵害と非難されようが。

 

 

      【広告】

 

 

 

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*