プロが教える感想文の書き方|実体験を重ね合わせて精神力に的を絞る

Pocket

読書感想文の書き方がわからない

読書感想文の書き方がわからない児童、その理由はいたってシンプルです。

ただ書き方に不慣れなだけ。何を書いたらいいかがわからないのです。

 

文章のプロ、国語の教師に「餃子の王将」で食レポしてくれって言ったら、どれくらいクオリティの高い表現ができるでしょう?

せいぜい、他の店で食べた実体験を重ね合わせるくらいでしょう。国語教師という語彙のプロをもってしても、彦丸さんほどのレベルは期待できない。

慣れていないから、簡単にはいかないのです。 

読書感想文の書き方がわからない子供も同じ状態です。漠然と「物語を読んで、感じた事を書け」と言われたって唐突すぎちゃう。

面白かった、つまらなかった、意味がわからないから何も感想なし、、、。こんなところです。これが普通なのです。

 

再び教師への意地悪問題に戻ります。

ムソルグスキー作曲の「禿山の一夜」を聞いて、その感想文を、という宿題だって苦労するでしょう。

100字程度なら何とかなります。プロですから。でも1000字となるとクラッシック音楽に精通でもしてない限り、原稿用紙のマス目を持て余してしまう。

 
10人いれば10人ともパソコン検索で、「禿山の一夜」を調べるのは目に見えています。 大人ですから、何とか手がかりを探ろうという作戦にでるのです。

 自分の内面から滲みでてくる感想なんて、そうそう書けるもんじゃないのです。文章力でメリハリをつけてみたところで、内容的には奥行きがないのです。

何らかの実体験とストーリーを重ね合わせることで、感想文らしい文章が構成されるのです。

 

読書感想文に慣れていない子供にはヒントをあげましょう。見違えるほど、感想らしい言葉がでてくるのです。

        【広告】

 

 

プロとしてお教えしたいコツは!

 

子供たちに言ってあげてください。

「物語を通して一番興味をもったところ、気になったところはどこだった?」

面白かったところじゃないくていいんだよ!なんとなく気になったところでいいよ。

この問いで、子供の肩から力が抜けます。なんとなく気になったところだから、作者の意図なんて関係ない。

「感動した場面じゃなくていいよ」と言うのがプロが教えるコツなんです。

 

自分の実体験と物語を重ね合わせて、何となく気になった登場人物の言動で OK なんです。

ほうら、少しずつ出てきたでしょ。

こじつけ派の子供は、必死に物語を読み直します。

どこだってかまわないのだから、はじめから読む必要もありません。

『』でかこまれたセリフの部分だって別に問題なしです。

 なぜ興味をもったか、気になったかの理由は問いたださないのがプロの鉄則です。

理由を問われると思った瞬間から、子供は萎縮します。

なぜカッコイイと思ったか、の「なぜ?」はダメです。

子供たちは、物語を行ったり来たりしながら読み返します。

でも、「なぜ?」と言われた瞬間に物語の読み解きがストップします。

ストーリーを追っていた思考が、瞬時に自分の内側に向かってしまうのです。

「なぜ?」という問いは物語の中にはなく、自分に向けられた質問だと判断するのですね。

「なぜ、そう思ったのか?」の説明が読書感想文の奥行を深めるのは重々承知です。

なぜ、を書かなければならないことに遅かれ早かれぶつかります。

その「なぜ」を上手く表現するのが大切なことだとだんだんと理解します。

         【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*