サザエさん症候群の原因|頭痛・嘔吐・下痢へと悪化、プチうつのうちに治療せよ

Pocket

日曜日の夕方、サザエさん症候群が悪化

  

かなり前からサザエさん症候群に取り付かれています。

日曜日の夕方の、なんとも表現しづらいプチうつ的な落ち込み。

また明日から1週間が始まってしまう現実が原因なのです。

 

これが「かったるい」と感じられているうちは健康な人の反応です。

世の中の、9割以上のサラリーマンは日曜日の夜よりも、金曜日の夜の方が断然好きですから。

 

でもサザエさん症候群って、少しずつ悪化していくので要注意なのです。

 

仕事が複雑になり、量が増え、社内外の人との人間関係でも、いろいろと気遣わなければならなくなってくる。

仕事上の責任が重くなり、さらに子供の受験や、親の介護問題なんかが重くのしかかってきます。

土曜日、日曜日を気晴らしの日と決めていても、ただのんびりできるわけじゃないのです。

それが日曜日の夕方になると、現実のごつごつした壁が突如出現して、プレッシャーをかけてくるのです。

 

明日からまた仕事か、とげんなりしながら、不安感、心細さ、物悲しさを感じるようになったら、うつ病のサインである可能性が高いのです。

いわゆるプチうつ病です。

でも、この段階、プチうつのうちに治療するのが大切なんです。

 

  

頭痛、嘔吐、下痢へと悪化

 

サザエさん症候群をネット検索してみると、「不安感、心細さ、物悲しさ」とは比較にならないほど酷い状態に陥っている人がいるとの事です。

日曜日の夕方になると、頭痛、嘔吐、下痢などに悩まされ、それでもなんとか翌日には出勤するといいます。

これを医師(ネット検索して、読んだ記事の著者)はどうみているか、というと非定形型うつ病、と診断していました。

なるほど、といえばなるほどなのです。

非定形型うつ病の特徴は、本人にとってやりたい事はできるけれど、やりたくない事に直面したとき、うつの症状が発症するというものです。

仕事に行きたくないから日曜日の夕方になると気分が優れない、という点から正解のようにも思えます。

ただ、頭痛、嘔吐、下痢となると気分が優れないを通り越しているようにも思えます。

 

 

       【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*