サザエさん症候群が過敏性腸症候群に悪化:プチうつ病のうちに治療・改善

Pocket

日曜日の夕方の憂鬱が悪化

  

かなり前からサザエさん症候群に取り付かれています。

日曜日の夕方の、なんとも表現しづらい気分の落ち込み。

ああ、また明日から1週間が始まってしまうという億劫さです。

 

これが「かったるい」と感じられているうちは健康な人の反応です。

世の中の、9割以上のサラリーマンは日曜日の夜よりも、金曜日の夜の方が断然好きですから。

 

サザエさん症候群って、少しずつ悪化していくものなのです。

もちろん何の原因もなく悪化するわけではない。     

仕事が複雑になり、量が増え、社内外の人との人間関係にも、いろいろと気遣わなければならなくなってくる。

仕事上の責任も重くなり、子供の受験や、親の介護問題なんかが重くのしかかってきます。

土曜日、日曜日を気晴らしの日と決めていても、ただのんびりできるわけじゃない。

それが日曜日の夕方になると、現実の分厚いごつごつした壁が突如出現して、プレッシャーをかけてくるのです。

 

明日からまた仕事か、とげんなりしながら、不安感、心細さ、物悲しさを感じるようになったら、うつ病のサインである可能性が高いのです。

いわゆるプチうつ病です。

でも、この段階で治療・改善するのが大切なんです。

 

  

ネット検索で、もっと酷い症状がぞくぞく

 

サザエさん症候群をネット検索してみると、「不安感、心細さ、物悲しさ」とは比較にならないほど酷い状態に陥っている人がいるとの事です。

日曜日の夕方になると、頭痛、腹痛、吐き気などに悩まされ、それでもなんとか翌日には出勤するといいます。

完全に、敏感性腸症候群です。

これを医師(ネット検索して、読んだ記事の著者)はどうみているか、というと非定形型うつ病、と診断していました。

なるほど、といえばなるほどなのです。

非定形型うつ病の特徴は、本人にとってやりたい事はできるけれど、やりたくない事に直面したとき、うつの症状が発症するというものです。

仕事に行きたくないから日曜日の夕方になると気分が優れない、という点からいうと正解のようにも思えます。

ただ、気分が優れないを通り越しているようにも思えます。

だって、頭痛や嘔吐、下痢を伴っているのだからよっぽどですよね。

 

 

我が身をかんがみると

 

 

冒頭に述べたとおり、ワタシもサザエさん症候群なのでが、頭痛、下痢、嘔吐までには至っていません。

どんな状態なのかと言うと、不安感、心細さ、物悲しさがここ数ヶ月、悪化してきているという状態です。

原因は仕事そのものの責任が重くなってきていて、心配事が増えているのだろうと自分なりには考えています。

仕事のプレッシャーで神経過敏になっているのです。

 

こんな精神状態が続くと、うつ病に発展するだろうと思いつつ半年くらい放置しておいた結果、症状が重くなってきているのを後悔しているのです。

ネット検索で、サザエさん症候群の惨たらしい状況を読んだら、急に恐ろしくなって放置できなくなったというわけです。

 

       【広告】

精神科医の判断

 

ワタシが受診した精神科医の判断は、ネット検索して読んだ記事とは少し異なっていました。

嘔吐、下痢、頭痛はうつ病の症状ではない。


メンタルからきていることは確かだが、うつ病の最大の原因であるセロトニンが関与しているとは考えづらい。

つまり、精神的なプレッシャーが身体のどこかに影響を及ぼしているが、嘔吐、下痢、頭痛はセロトニンが再取り込みされて不足気味になっている状態ではないという説明です。

一方、ワタシの症状はまさにうつ病の初期症状で、SSRIを服用することで改善できるというものでした。

ワタシはその日の夜からSSRI(パキシル)を10mg服用することになりました。

効果が感じられたのは、翌週に服用量を20mgに増量し、1週間くらい経過してからです。

日曜日の夕方はあいかわらず気分的に晴れませんが、以前のような不安感とか物悲しさはだいぶ薄れてきました。

これは大きな成果です。

酒を飲んで酔いでごまかしたり、別のもっと嫌な出来事を思い起こして、それよりはまだましだと相対的に自分を納得させたりしていましたが、それも段々と必要なくなっててきたのです。

 

驚いたのは、いままでの自分はいかに感受性が鈍感になっていたかをあらためて知った事でした、

感性にピタリと貼りついていた薄いベールを引き剥がしてもらったような気持ちよさを感じるようになったのです。

鈍感だった感受性が、むき出しになってあちこちに触手を伸ばすようになったのです。

 

家から駅までの道を歩いていて、他人の家の庭に咲いている花が美しく感じられるのです。

公園の大木の陰が、落ちついたのどかな雰囲気をかもし出しているのを感じられるのです。

クラブ活動の練習をしている中学生や高校生を見ると、応援したくなる気持ちが沸いてくるのです・

こんな気持ちは、会社勤めをしてから感じた事はなかったように思えるのです。

 

サザエさん症候群から発生する不安、心細さ、物悲しさがを取り除いてもらおうと精神科を訪れ、聞き上手な精神科医にひととおりの悩みの種を打ち明けて処方された薬が抗うつ薬が完璧にはまりました。

うつ病とは本来人間がもつ感受性をも鈍化してしまう怖さを持っていたのだとあらためて感じたのです。

 

仕事のプレッシャーによるストレスからくるプチうつ病を回避することに成功したのです。

医師が処方する薬剤については、その効果と副作用を熟知した専門家に任せるべきですが、SSRIという比較的安全性が確保された薬によって救われた事を皆さんにお伝えできれば幸いです。

 

     【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*