いじめの原因|キモいの一言から、なぜ引きこもり・ニートが始まるのか?

Pocket

「キモい!」の一言がいじめの原因・引きこもりへと

 

「キモい」の一言がいじめの原因になることが知ってください。

”キモい!”から直感てきに連想されるイメージは?

日陰のジメジメした所に生息するグロい昆虫や、奇形の両生類、片足を戦争で吹っ飛ばされたハーモニカ吹きの帰還兵が脳裏に浮かびました。


 「キモい!」
と言い放った人には、いじめの原因に発展するなど思いもよらないのです。

確固とした根拠なく発せられる言葉なのです。
 

 女子高生や若いOLさんのキモいのイメージは昆虫、両生類、帰還兵というより、むしろ 度の強い瓶底メガネをかけたダサイ予備校生だったり、満員電車で股間を押し付けてくる汗臭いデブ中年オヤジだったりします、たぶん。

 

そんなイメージの言葉を深く考えずに使うところが、いじめの原因となってしまうのです。

      【広告】

キモいには、いじめの原因が寄生する粘性 がある

しかし、そんな上っ面のイメージと同時に「気持ち悪い~!」・「キモい奴!」にはもっ粘性の強いいじめの原因が寄生しています。

「キモい!」と他人に言い放つ側の人は、どれくらい本気で気持ちの悪さを感じているでしょうか。 
 

人が感じる不快さは、冒頭のグロい昆虫から始まり、満員電車の汗かきデブ中年までバリエーション的にはかなりの幅があります。

それどころか長所の裏返しを気持ちの悪いものととらえる事も珍しくはないんです。


「キモい!」は実にお手軽かつ有効なフレーズなんです。


並外れた記憶力や集中力。

なんでもそつなくこなすノーミス人間。

誰にでも優しく、親切なおばさん。

さすがに、いじめの原因とはなりえませんが、
こんな人たちですら、長所とは真逆の揶揄にさらされることは珍しくないんです。

「裏の顔があるにきまっているよ、なんかキモくない??」と陰口を叩かれているものなのです。

 

「気持ち悪い~!」・「キモくない?」には、今の若者(もちろん、すべての若者ではありませんが)が好んで使う「ヤバイ」に低通するお手軽さがあり、なににでも適用できるオールマイティーさが宿っています。

 

と同時に、キモいには、言われた側が否定しきれない、どんな相手にもぴたりと寄生してしまう強烈な生命力があるように感じられるのです。

根拠なく、ひとたびキモいのレッテルを貼られたら最後、どんなに抵抗してもそこから抜け出せない強い粘性があるのです。

この「キモい!」には、いじめの原因が寄生していて、助けて!と消えたい!へと深い所でつながってるのです。
 
 
いじめの原因の言葉が、引きこもりやニートへのドミノ倒しと化すのです。

子供が学校から帰ってきて、どこかいつもと違ったとき、そんなレッテルを貼られて帰ってきたかを疑ってみるべきなのです。

     【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*