ひきこもりの高齢化:支援センターの年齢制限が原因なのか?

Pocket

40歳以上の“ひきこもり”が増えているらしい!?
全国70ヶ所に「ひきこもり地域支援センター」があって、ひきこもり救済に尽力するものの、支援の対象は15歳~39歳に限定されています。

「なるほど、それじゃあ40歳以上のひきこもりが増えるのも無理はない。」と思いつつ、なんか違和感を覚えるのです。

 

実例を幾つかみてみました。
高校を卒業してから職業を転々を変え、いつのまにか働かなくなって親の年金で食わせてもらっている43歳の独身男。
10代後半からひきこもって、40歳になって「ひきこもり地域支援センター」に駆け込んだものの、支援対象から外れているとの理由で門前払い。

 

ひきこもりの定義、ご存知ですか?
「社会に参加せず6ヶ月以上家庭にとどまっている状態」だそうなんです。

 

いろいろと考えているうちに違和感の原因がわかりました。

40歳以上のひきこもりが増えているとは言うものの、40歳を過ぎてから中年層が次々とひきこもりに突入していくわけじゃないんです。

もっと若い段階でひきこもりになり、そのまま40歳を向え、それでもひきこもりから抜け出さない人が多数いるという意味なんです。

 

だとすると、視点が変わってきます。
「高齢者のひきこもりが増えている」というよりも、「ひきこもり人口が高齢化してきている」と表現すべきなんですね。

40歳以上を支援する制度がないから40歳以上のひきこもりが発生・増殖しているみたいに言うけれど、現実は全然ちがっているんですね。

                   【広告】

厚生労働省のひきこもり救済手法は「ひとりで悩んでいないで、ここに相談しましょう」的な相談窓口(ひきこもり地域支援センター)を設定して、そこからいくつかの専門家に話を通す作戦です。
網を張ってひきこもりの方からの相談を待つわけ。

実際問題それしかやりようがないのかもしれない。でも、いっこうに事態は改善していないですね。
40
歳になるまでに、ひきこもりから抜け出せない場合には、年齢制限でアウトです。
結果、40歳以上の引きこもり増加となるわけ。

 

以前ブログで、「ひきこもり」と言っても原因はさまざまという記事を書かせていただきました。

①発達障害で周囲とコミュニケーションが取れないという人、
 ②ブラック企業で働いた事がトラウマとなっている人、
 ②否定型うつ病の人
 これらが心のキズとなって、身動き取れない人もいるのです。

原因がこんなふうに特定できていれば、道のりは長いかもしれないけれど、少しずつ解決の方向に動きます。
しかし、漫然と10年、20年とひきこもっているとなると、これなにかが狂っています。

厚労省も、この狂いにうすうす気付いていながら敢えて現実を直視しないで論点をずらしてきている感じしませんか?

10年も20年も引きこもっていながら、本気でそこから抜け出そうという意思がない性根の腐った奴らがたくさんいると思いませんか?
どんなアドバイスをしたって、できない理由だけしか言わないし、そもそも支援センターの世話になる気など毛頭ない奴ら。


ひきこもりを継続する余力がまだまだ残っているから、親が死んで貯金も遺産も食い潰しでもしないかぎり、奴らにとっては環境が変わったことにはならない。

 

厚生労働省も奴らとベクトルが平行線のままなのを知っていて40代以上のひきこもりがどうのこうのって言っている。
でも、本音では、ひきこもりの半分は、何を言ったって無駄なんだからさ、と匙をなげている。

 

そりゃあ親は心配ですよ。自分の息子が45歳にもなって働きもせずに部屋にもこもっているのだから。

でも、その支援センターに訴えたって筋違いでしょ。

        【広告】

親が心配するから仕事に就こうとまともに考えられるなら、とっくに社会復帰のとっかかり掴んでますよ。

40歳以上のひきこもりが増えている、どうしましょう?の回答は、
本気で立ち上ろうと必死に模索してくる奴だけを救ってあげればいいんです。

あとは環境が煮立つまで待つしかない。

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*