心の弱みにつけこむ書籍:底の浅い新興宗教もどきにカモられるな!

Pocket

心の弱みにつけこむ書籍が多いですね!

 

 そのままのあなたでいいのです。
  いつも通りでいいのです。
  無理して変わる必要なんて少しもない。
  背伸びする必要もない。
  がむしゃらになんて、ならなくていいのですよ。
  自信をもって、今のあなたで歩んで行きなさい。 

こんな雰囲気をタイトルにまぶして、人心の弱みにつけこむ書籍が最近よく目につきます。
まるで底の浅い新興宗教の勧誘のセリフみたい。

精神的に弱っている人を狙って都合の良い嘘でひっかけようとしてくるハウツー。 こんなのは読んではいけないのです。

 

『いい人をやめなさい』

「いい人」でいるのをやめると、生きるのが楽になると言いますね。
世のため人のためと、我が身を犠牲にして奮闘していたんじゃ、身がもたねーよ、って開き直りを勧めているなら賛同できるのです。
でも、ここでいう『いい人をやめなさい』はちょっと違うんです。

いい人って、いつも周囲に気を配り、困った人がいれば救いの手を差し伸べる、そんな人です。ここで言う『いい人をやめなさい』とうい本は、周囲に気を使いヘトヘトになっている人をねぎらう内容ではない。
宮沢賢治の『雨ニモマケズ』にねぎらいの言葉をかけている内容じゃないのです。

いい人を演じている人にアドバイスしている書籍なんです。これも心の弱みにつけ込む  本音で生きられない人に対するアドバイス本。いい人ぶるのは、やめなさいと言っているのです。

自分をすこしでも良く見せようとするのが、人の常。みんな、本心から親切心を発揮しているんじゃない事くらいわかっているんです。

そんな偽善的な親切心が日本と言う治安の良い国をささえているんです。
本音では拾った財布はそのまま懐に入れたいんです。でも、偽善で交番にとどける。
会社帰りでくたくただから、電車で座りたいんです。でも偽善でお年寄りに席を譲るんです。

その強がりは、立派な日本の文化ですよ!!

コーヒーブレイク

潜在力は両刃の剣、潜在意識を食い物にされないために
業界希望者必見!女子高生を味方につけよ!
タクシーでゴキブリがでた!

 

 

それにしても、この「いい人やめなさい」というフレーズは売れたんですね。
いつ頃から、「いい人」をやめるのが推奨されてきたのか気になって、ネット検索してみたら、「いい人やめましょう」シリーズの書籍がバカのひとつ覚えのようにがっぽがっぽ出てきました。心の弱みにつけ込んで、ひと儲けしようという下心見え見えじゃないですか。

―「いい人」をやめれば人生がうまくいく
  ―心屋仁之助の「いい人」をやめてスッキリする話
  ―「いい人」をやめると楽になる
  ―「いい人」をやめる9つの習慣
  ―いい人はやめなくていい!
  ―30歳になるまでに「いい人」をやめなさい!
  ―「いい人」をやめてハッピーになる
  ―島耕作に知る「いい人」をやめる男の成功哲学
  ―「いい人」をやめると病気にならない
  ―「いい人」をやめるだけで免疫力が上がる!

日本って、こんなに「いい人」だらけだったんだ、と一瞬うれしくなったけど、そうじゃないのですね。

人はそれぞれ問題を抱えて生きています。生きるのが辛い、人生失敗続きだ、病気がちで元気がない、、、等々。「いい人」をやめると、それらもろもろの問題が一気に解決するの?

確かに精神的に開放されるから、メンタル面ではスッキリすることもあるかもしれない。でも、ただそれだけでしょ?それ以外になにか効能があるわけ??

無い、無い、絶対にない!そんなに人生は単純構造になってはいないですよ。

「いい人」をやめると○×△□*◇なんて本はさあ、新興宗教のマニュアルみたいなもんで、精神的に弱った人をカモにしている底の浅いノウハウ本なんですよ。

 

「いい人」をキーワードにして読者を釣り上げようとする意地汚い物書きに騙されちゃだめですよ。こじつけで何だって書けちゃうんだから。

「いい人」をやめれば1ヶ月で5kgやせられる
「いい人」をやめれば一流大学に合格できる
「いい人」をやめれば結婚相手に巡り合える

どうでしょうか、読みたくなるでしょ??こんな質問を思いつきました。
「悪い人」は楽に人生を送れているの?
「悪い人」は、病気にならないの?
「悪い人」は人生に失敗しないの?
そんな事、あるわけないですよね。

「悪い人」を「普通の人」に置き換えたって同じです。
他人に良く思われたい、というタイミングは誰にでもありますよね。

入学したての学校で友達がいないとき、思いを寄せている人に振り向いてほしいとき、仕事で大口商談を勝ち取りたいとき、芸能人が好感度を上げようとするとき。

こういうのって目的があって、いい人を演じているわけだから、頑張って演じ切ればいいじゃないですか。慢性的に人に好かれたいと「いい人」を演じ続ける人、好かれるとは無関係で「いい人」を演じずにはいられない人。そういう人は、専門家に相談したほうがいい。

心の中にひっかかるものがあって、それと帳尻を合わせる為に「いい人」を演じているわけだから、それを見極めなければ問題の解決にはならない。

日本人に脈々と受け継がれていた「当たり前の親切心」、「正直さ」を否定するようなうさん臭い書籍には間違っても手を出しちゃだめ。

        
  

もう買っちゃった人はブックオフで叩き売ってしまってください。日本人はお人よしで、海外でカモられる国民だと言われています。

それがカッコ悪いと思っている人いるでしょ。ワイルドでリスキーなのが人生の醍醐味なんて思っちゃっている人いるでしょ。

「いい人」最高じゃいですか。お人よし、最高じゃないですか。これが日本の誇りなんですよ。

      【広告】

ムカつくタイトルの書籍

 『英語は絶対勉強するな!』
  『老いほど血管が強くなる健康法』『塩分をひかえても血圧は下がらない』
  『置かれた場所で咲きなされ』
  『鈍感力』
  『脳を最適化すれば能力は2倍になる』

 

多くの人は少しでも自分を高めよう、健康になろう、有意義な人生を歩もうと日々頑張っているわけです。でも、そう思いどおりに行かないのが人生で、些細なところで躓いて挫折して、また立ち上がり前へと進もうと努力する。この躓いたところを見計らってすり寄ってくるのが新興主教の勧誘。 

すーっと近寄ってきて、囁くように探りを入れてくる。だいぶ弱っているぞ、と優しい耳元に優しい言葉をささやくのです。「そんなに頑張る必要ないのですよ、あなたはあなたでいいのです」と心の弱さ付け込んでくる。

青臭い言い方ですが、これって人生の正しい生き方ですかねえ。疲れ時は誰だって休みたくなりますよね。その休みたいという感情に寄り添うように新興主教はマインドコントロールする。

人間の能力なんてみんなそれほど能力に差はないじゃないですか。だから努力した者が少しだけ、上に立てる。それで、「ああ、オレの人生も捨てたもんじゃないなあ」と達成感を味わうわけですよ。これが頑張った分のご褒美です。

 この考え方を「正しい」としない国も世界には存在していると思います。

 例としてピタリとはまらないのですが、我々日本人にはとても信じ難い価値観が仏教の世界にもあるのです。

こども昔話にもあった『ウサギと亀の競争の話』。

歩みののろい亀さんと、ぴょんぴょん前進型のウサギさんが競争をした。のろまの亀を見くびって、ウサギは途中の木陰で昼寝をしてしまう。そのすきに、ノロノロ亀さんが先にゴールインしてしまうという物語。

自分を過信して、相手を見くびったウサギが悪い。それに引き換え、歩みはのろいが着実に一歩一歩を目標に向うひたむきな亀はえらい。これが大方の日本人の考え方ですね。

般若心経では、悪者は亀さんの方なのです。ウサギが自己過信して昼寝をしていると思うのは勝手だが、本当に気持ちよく昼寝をしていたかどうかはわからないじゃないか、と説いている。もしかしたら、競争の途中で急に気分が悪くなり、やっと木陰にたどりつき息絶え絶えに休んでいたのかもしれない。

それを、亀はチャンスとばかりに、声もかけずに追い抜いていく。なんと卑怯な亀なんだ、という事なのです。

努力を積み重ねる人生など、何の意味も無い。実力者は略奪し、財力を構築する。
それが人生の醍醐味ではなないか、と唱える国があってもおかしくは無い。実際、日本の戦国時代は、まさにこの典型です。

 

もしくは努力などしたって報われないよ。どうせ、なるようにしかならないのだから、と両極端な考えもある。

 

つらい現実に直面し、頑張っても見合った成果が得られない。努力なんてもう嫌だと人生に匙を投げたような人を引きずりこむのが新興宗教。人の弱みに付け込む悪どい新興宗教型の商法なのです。これが冒頭に書いた、『いまのままでいいのです商法』の実態です。
ここからは読んではいけない本です。

『英語は絶対勉強するな!』

 受験を控えた学生。英語が苦手なのです。勉強しても勉強しても模擬テストの点数があがらないのです。そ、そのとき彼の目に『英語は絶対勉強するな!』というタイトルの書籍が飛び込んできました。絶対に手に取りますよね。
中身をぺらぺらとめくってみると、やっぱり英語の参考書なんですよ。
でも書籍のタイトルで半ば洗脳されていますから、この本は自分の見方だと思って買っちゃう。出版者の意図にひっかかっちゃう。

本の内容は多少従来の参考書とは異なっているらしいのです。
もともと韓国人が考案したものを日本語版にしたもので、会話形式のダイアログを聞き流していくというやり方のようです。

この本のどこが『英語は絶対勉強するな!』なのか全く理解できないしろもの。
騙されて買って、結果として英語の力がついたのなら、まあ文句はありませんが。

    【広告】

 

『塩分を減らしても血圧は下がらない』

このタイトルを、どう読みますか?
内容にじっくりと目を通せば、なんだってことになるのです。
本を買った人はまだリスクは低いですよ。このタイトルだけ見て、塩分と血圧には相関関係などないと思い込んでしまう人いますよ。逆に、塩分を多量に摂取したほうが血圧が下がるのかと勘違いしてしまう人。本当に無責任なタイトルですよ。

 

『鈍感力』

読まなくても、だいたいの想像はつく内容ですね。許容範囲を広く持って、細かすぎる事にこだわるな、みたいなところでしょう。失敗は誰にでもある、くよくよせずに前に進みなさい、みたいな。でも、この本を世に送り出した出版社と著者は、多くの人を傷つけていることに気が付いているのでしょうか。

出版社は、人の話を汲み取り、比喩やたとえ話のなかの本質を敏感に察知できるひとを対象に、この書籍を出版したつもりでしょう。
それができる人は、ある程度その場、その場で一旦受け流して、必要なときに振り返ってツボを抑えるような知的作業はやっているんですよ。

「空気が読めない」、「人の考えている事が上手く理解できない」、そういう発達障害で苦しんでいる人に、この本を薦められますか?
枝葉末節にこだわるな、と言われてもどこが話しの幹でどこが葉なのか分からない人には、鈍感力を身につけろなんていえますか?
KYで悩んでいる人もたくさん居るじゃないですか。
そういう部分を軽くはしょって、小さな問題は受け流しましょうなんて無責任な事をいうな。
そこそこ、鈍感でいるほうが世渡り上手くいくんですよ、なんてのは本人が歳を重ねていくうちに身に着ける物であって、くだらん書籍をこさえて売り出しているんじゃないぞ!
少なくとも鈍感力なんていう無責任な書名で売り出すのは止めて欲しい。
全く不愉快際なり無いタイトルだ。

 

『老いるほどに血管が強くなる健康法』

こういうタイトルに魅かれて本を購入する老人が居て、買っただけでなぜか血管が強くなった気持ちになってしまう。よくあることですよね。本の代金をレジで支払った瞬間から、本のエッセンス全てが自分の血となり肉となったと錯覚する人。
単なるハウツウー物なら別に目くじらためるつもりはありません。
この本のタイトルは悪質ですね。読んでも無駄だし、タイトルそのものが危険。
本の内容は一般の循環器科でドクターが説明することを素人向けに噛み砕いただけ。
年齢が増しても適度なメンテナンスを試みる事で血管は健康に保つ事ができると当たり前に説いている。

書籍を購入されたご老人の心をつかんだ『老いほどに』というワードは、単なる誇張なのです。
エゲツナイ出版社の販売手法なのです。学術書を安直なハウツー本に落とし込んで、さらにタイトルで読者を騙すひどいやり方ですよ。

 

『置かれた場所でさきなはれ』

ああ、いかにも自然で、やさしい春風にでも額を撫でられる思いのするタイトル。SMAPの世界でひとつだけの花、を書物にしたような印象です。たぶん、心を病んだ人、生活に付かれきった人、そんな人向けの本なのでしょう。心の弱みんつけこんだタイトル。風邪を引いたときには、十分な睡眠とおかゆ。元気になったら、また立ち上がって歩き出せばいい。
こんな事を言ってくれる妻が居てくれるのが一番なのですが、「薬のんだんだからもう大丈夫よ、はい仕事行って!」なんていわれちゃうと、こういうチャラい本が心の支えになるのでしょう。

最後に、少し毛色が異なりますが、突飛なタイトルが面白かったので、とりあげてみました。この無責任な本が一番ムカつくのですが。

『脳を最適化すれば能力は2倍になる』

誰だ、こんなタイトルの本を書いたのは?と思って著者を見てみると、精神科医の樺沢紫苑さんでした。この本、読んでも全く実用性ありませんから。

サブタイトルで「ドーパミンの分泌量を増やせば、、、」とか、「セロトニンの分泌量をふやせば、、、」、「アドレナリンの分泌量をふやせば、、」という脳内分泌物と感情の関係性を説明している著書です。

      【広告】

ここまで自由に脳内伝達物質の分泌をコントロールできれは、人間の能力なんて好きなように伸びますよ。
世紀の大発明だ。
鬱病、統合失調症だって楽勝で完治。
覚せい剤、大麻、危険ドラックも撲滅。

しかしねえ、この樺沢紫苑っていう先生、物書きとしては多くの著書をだしているのは周知の事実。SNSの世界でもフォロワーが何百万人もついている大御所。でもねえ、臨床の経験あるのですかねえ。精神科医としての実力あるのですかね?町沢さんみたいなもんなんじゃないの?最低の精神科医。

自分の経験から『脳を最適化すれば能力は2倍になる』のタイトルをつけたのだとしたら、精神科医としてノーベル賞ものでしょう。精神疾患、もしくは精神疾患を抱えたご家庭は、この本のタイトルの責任を樺沢紫苑に問うべきだと思います。
どうやって、脳内伝達物資の分泌を増やすのか、その方法をきちんと説明させるべきです。
メンタルの病気で長い間辛い思いをしている方々がいる。なんで精神科医が、病人じゃなくビジネスマンむけのハウツーかいてるの?患者を治療しろよ!それができないから無責任なビジネス書でお茶を濁しているんでしょ。『タラ、レバ』でみんなに夢を観させていい内容じゃない。

 

脳内伝達物質が増えれば、能力は倍になると、その可能性を説いた本だと開き直らせてはならない。
少ないとも、精神科医であるならば。

関連ブログ
あなたは知りたい派?知りたくない派?知らない方が幸せだった!
腸は第二の脳!腸は考える!腸内環境の改善で検証

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*