「心を鍛える」とは・メンタルの強さ:折れない心:強靭な精神力

Pocket

メンタルの強さ

「教えてください!どうやったら心を鍛えることができるのですか?メンタルの強さを習得したいのです」こんな質問をよく目にします。

質問者はなにかに悩んでいるのでしょう。
つまずいて、立ち往生し、行き場を失って途方にくれているのかもしれません。
自信を失いかけている人のセリフですね。

明確な疑問があって、その解決の為のピンポイントの質問ではありません。
もっと底の深い粘質性の悩みでもがいているように思えるのです。精神力を根本的に鍛え直さなければ前には進めない重々さがひしひしと伝わってくるのです。

 

 

 

 

 

メンタルの強さとはいったいどんなものなのでしょうか?

「一度決めた事は最後まで遣り通す強さ」と一例を挙げてみても、それだけでは奥行きがないですね。
別の切り口を考えると「自分に負けるな!」なんていうのも思い浮かびます。

勝負の世界では、自分がつらいときは相手もつらい。だから勝負の舞台から降りたら負け。どんなにみっともなくとも最後まで戦い続ける。

これだと、スポーツ根性モノなら通じるけど、みんながみんな勝負事で挑んでいるわけじゃあない。

人生の荒波・人間関係・仕事のつらさとか、強靭な精神力を要するものはたくさんある。

      【広告】

単純に鈍感は人

鈍感な人って、それなりに強いですよね。
神経がピリピリするような場面でも全然平気でいられる人。
地震で職場のフロアーがグラグラ揺れているのに平気で電話で話していたりします。
不可抗力で取引先に迷惑をかけても、自分の責任じゃないって顔して、取引先が困っていても平気な顔している。確かに港湾ストとかで貨物が動かなければ契約としては不可抗力ですけど、お客さんの身になれば涼しい顔ばかりしていられないのが普通の神経の持ち主ですよね。

この手の先天的な神経の粗さはメンタルが強いとは言えない。強いのではなく単に鈍感なだけ。

だとすると、頑強な精神力の持ち主とは、普通の人と同様にピンチはピンチととらえていて、普通に苦しいわけですね。
厳しい状況であれば、それを十二分に肌で感じていて、それでいてギブアップしない。折れない心を持っていて、挽回する術を中腰の姿勢で考える。それが精神的に強い人なんです。

だから、どうすれば精神的に強くなれるかという問いに、逆境を汗をだらだら流しながら耐え忍ぶことができる人と言うことになる。苦しくて、辛くて、心が痛いけれど、それを全身で受け止めながら、次の手を考える人なのです。

 

 無痛症という病気があります。怪我をしても痛みを感じない病気です。殴られても、切られてもなんともない。常時麻酔をかけられた状態でいるわけです。

肉体的鈍感を極限まで突き詰めたような症状です。全身麻酔で身体の痛みだけを取り除き、頭だけはクリアーな状態。

 

    【広告】

メンタル的な鈍感の最高峰は解離性人格障害となりましょうか。
俗にいう二重人格という奴です。

辛すぎて、今の自分では受け止めきれない、耐えきれないとなったときに別の人格へと瞬間的に入れ替わってしまう。
精神的に追い込まれ、その辛さから逃れるために、いつそのこと死んでしまおうかと考える人がいます。別の人格を出現させて、死にストップをかけているわけです。

 

自分を理解し、信じる

強靭な精神力の基礎の部分は、自分で自分のことを理解しているかどうかなのです。自分を理解せずして、自分を信じることなでできないからですね。
しかし、自分を知ることほど難しいものはない。

そこで周囲からの反射光が必要となる。周囲に本当の自分をさらけ出し、回りが自分を理解してくれている、賛同してくれている、認めてくれている、と知って初めて自分に自信がもてるようになるのです。
「今の俺でいいんだ」とうい基礎の部分が出来上がる。そうやって心を鍛える。

メンタルの強さとは、麻酔も使わず、生身の状態で、正気で苦痛をしのぎきることなのです。自分を信じて、断固として粘り続ける意志。それを身に着けるには、その後に訪れる「満足感と安堵感」と「耐えねばならぬ苦痛」を天秤にかけて、前者を選択する者のみが持つ力なのです。

     【広告】

関連ブログ
「新入社員諸君よ、覚えておけ、パワハラとは?」

 

コーヒーブレイク
「タクシーでゴキブリがでた!」


Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*