空虚感が満たされない・ワーカーホリック・彼にとって仕事とは?

Pocket

 夕方6時を過ぎても、仕事の手をいっこうに休める気配はないんです。

残業なんてあたりまえだから、8時だろうが9時だろうが平気で電話をかけまくる。受話器の向こうに相手がいれば「遅くにすみません」と、恐縮した声色で高笑いする。

             

 

 

 

 

たまたま業務が立て込んでいるからではないのです。一年中、こんな調子で仕事漬けを満喫しているワーカーホリック。仕事中毒なのです。

注意をすると、一時的に残業時間が改善されたかに見えけれど、いつのまにかもとに戻っている。結局、残業時間が減ることはなかったのです。

仕事内容に変化をもたせてみてはどうかと、新入社員を下につけて社員育成を命じたことがあったのですよ。その新入社員は半年で鬱病を発症し、長期休暇へと追い込まれることになってしまいました。

教えた事が正確にできないと徹底的にダメ出しを繰り返すタイプなのです。
「なぜ教えた事ができない?なにがそんなに難しい?これでミス何回目?」

同じ間違えは断固として許さない。ミスった一点を凝視させ続ける。間違えた原因を本人に考えさせて、二度と同じミスをおかさぬよう対策を講じさせるのです。

やっていることは間違っちゃいないけれど、、、と回りは思う。でも一日に5回間違えれば、対策書が5枚出来上がることになる。これ、普通じゃないですよね。

      【広告】

6ケ月を過ぎたあたりで、新入社員は休みがちになっていきました。体調を崩したと1週間ほどの連休をとって、最終日に自宅から会社宛てにe-mailが送信されてきました。

「心療内科を受診したところ、鬱病との診断で長期の休暇が必要とのことです」と記されていたのです。電話で事情を説明するだけの気力もなかつたのでしょう。

商社の営業だから、仕事を勝ち取る為には「なんでも屋的」に徹しなければならない時もあります。 客先の雑用みたいなクソ仕事だって仕方なしにこなすこともあるのです。

 

それにしても、彼を見ていると、まるで取りつかれたように、空虚感を埋めるために一心不乱にはたらいているように見えるのです。客先にいい顔をする、その裏に思い起こしたくないなにかが潜んでいる。

表向きは、すべての優先順位は顧客満足度。利益を度外視した親切精神なのです。
利益なんて少し頂ければいいのです、お客様に貢献できればそれだけで満足なのです、とそんな言葉の背後には満たされない空虚感がぽっかりと口を開けている。

当然のことながら、人事部から残業時間の多さを指摘されますよね。すると、自ら進んでサービス残業へと突入していくんです。彼にとっての仕事とは、いったい何なのでしょうか?

ワーカ―ホリックの原因は仕事以外の何かから逃げようとする心理現象だと言います。家庭内でのトラブル、本人が抱える身体的なハンディキャップ、過去に徹底的に否定されたトラウマ、子宝に恵まれなかった反動、醜形恐怖症、、、、。

 

 

 

 

 

 

 

だから必ずしも仕事が好きなわけじゃあないんです。何かから逃げ、仕事にしがみついているのです。

彼には家庭があります。 通勤時間40分ほどのマンションに奥さんと二人暮らし。

歳は43歳。 管理職の一歩手前まで上がってきたけれど、そこで5年も留まっています。会社の規定上、もはや管理職に就くことはできないのです。

    【広告】

今になって思うと、管理職への道が閉ざされたあたりから執拗に仕事へしがみつくようになった。次第に回りの人間が彼から離れ、孤独になっていった。そして増々、常軌を逸脱したように仕事にのめり込んでいった。これでもかと会社に自分の存在を見せつけるかのように。

 

鬱病から復帰した新入社員は 別の部門へと配属を変えることになりました。本人も居づらいでしょうし、鬱病前と違った職場環境のほうが好ましいと精神科医からのアドバイスもあったのです。

たまたま相性が悪かっただけだろうと自分思い込ませました。まさか、自分のところから鬱病の社員がでるとは思ってもみませんでしたから。

早合点でうっかりミスの新入社員と、ミスを許せない中堅社員の組み合わせだったんだ。あまり深くは考えないようにしようと。

人事部から長時間残業のレポートが定期的に回ってきます。案の定、彼はトップレベルの残業社員。慢性的な長時間労働者なのです。対策という対策は正直言って思いつかない。人事部への対策ポーズとして派遣社員を雇って、もう一度彼の下につけてみました。 ご想像の通り、結果は新入社員の時と変わりなかったですね。

 

鬱病こそ発症しませんでしたけれど、2ケ月間棒立ちの状態でひたすらミスを指摘され続け派遣契約の延長を断ってきました。満足に輸出書類も作成できない、エクセルで表を作成することもできない、輸出貿易管理令も知らない、ヨーロッパの安全規制も理解できないと、契約社員の未熟さを周囲にさんざん触れ回っていたのは耳に届いていました。

 

いったいこの人の頭の中はどうなっているのだろうか?出来が悪ければ悪いなりに使いようがあるだろうに、と思うのです。雑用でもなんでもやらせて、少しでも残業時間を減らせばいいじゃないかと思うのです。

しかし、その発想がそもそも間違っている。だって、彼は仕事に自分のすべての時間を捧げたいのです。仕事一辺倒の生活だからこそ、心の平和が保てるのです。

 

派遣社員の悪さ加減を並べたて、新入社員や派遣社員と自分を比較して、彼らの未熟さを挙げ連ねる。
自分の実力をまざまざと見せつけようとする。
誰かをこき下ろす事で、相対的に自分の評価を高めようという心理。
そんじょそこらの素人では刃が立たない高レベルの仕事をしているのだと主張しているのです。
忙しければ忙しいほど強い手ごたえを感じる。 
  管理職を断念し、生きる拠り所を仕事その物に設定した瞬間からこのスタイルで生きることに決めたのだろう。

      【広告】

だから誰にでも務まる容易な仕事であってはならない。 自分にしかできない難易度の高い仕事でなければならない。

プライベートの空虚さをしっかりと埋めてくれる仕事でなければ意味がないのだ。仕事にやりがいを見出すのとは違うのです。

仕事が嫌いでは決してないけれど、ただ好きで好きでたまらないのとも違うのです。人生を楽しめない人の典型、仕事だけの人生。

出世を諦め、それでもそこにしがみつかなければ満たされない黒々とした欲求が腹のなかにあるのでしょう。

仕事にこだわりをもち、誰に対しても、それを汚すことを絶対に許さない。 彼にとっての仕事とは、そんな位置づけなのです。

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*