リンちゃん殺し渋谷恭正・警察は余罪立証できるか?弁護側はどう出る?

Pocket

リンちゃん殺しの犯人・渋谷恭正の取り調べは進んでいる
殺害動機について未だ正式報道なし。週刊誌各社は、渋谷恭正の知人への聞き込みで得た情報や、過去の言動を丹念に調べ上げ、それなりにまとまった記事を掲載しています。

基本、週刊誌なんて無責任だし、読者だって100%信じているわけじゃない。それを前提に記事を展開しているのですから、まあ良しとしましょう。

 

 

 

 

 

 

そんな記事によると、渋谷は小児性愛障害!!
小児と性的関係を持ちたいというキモイおやじです。小児が犠牲となった事件をみると、「そんな事しちゃったんだ」と羨ましさがこみ上げてくる。

この小児性愛障害の有病率は男性が3%~5%もあり、それだけでも驚きですが、60%の被害者が男の子なのです。マジか!!

警察での取調べは、リンちゃん殺害の動機はもちろんですが、リンちゃん事件以外の余罪を調べ上げようとしている。

 

15年前の大川経香ちゃん(当時9歳)の行方不明事件だけは絶対には吐かせる覚悟でしょう。

         【広告】

そのほかにも性的いたずらだったら数え切れないんじゃないでしょうかねえ。性的いたずら場合、本人(子供)もその家族も思い出したくないし、悔しいのは悔しいけれど、そっとしておいてほしいという気持ちでしょう。そう簡単には協力情報は集まりにくい。

 

小児性愛障害者は、子供のときに性的虐待を受けているケースは珍しくないといいます。つまり小児期に性的虐待を受けた子供は、成長して青年期にさしかかった頃に、子供に対して異常な性的興味を抱き始める。

 小児性愛障害と反社会性障害は対になっていて現われてくることがあるため、小児への性的ないたずらの後、暴力に発展していくのです。

コーヒーブレイク

 

地震の予測は不可能、ついに研究者もギブアップ

恋の病、さらったもの勝ち

 

弁護側はここを利用してくると警察は推測しています。
弁護側にとってみれば嘘でもなんでも構わないですよ。

「渋谷は小学校1年生から2年生になるまでの1年間、近所に住む男性から性的虐待を受け続けていた、とかなんとか。」
それが原因で小児性愛障害を発症したのだと弁護側は出てくる。

 

広い意味では渋谷も被害者の一人なのだ、と。そんな弁明で刑罰を少しでも軽減しようと考えます。当然、精神疾患を全面に出して精神鑑定にまで持ち込むでしょう。

 

1989年に宮崎勤が逮捕されました。『連続幼女誘拐殺人事件』で、4歳から7歳くらいの女の子4人を殺害しています。殺した後に子供らの裸をビデオ撮影してコレクションしていた。
この宮崎勤も精神疾患狙いで「覚めない夢のなかで犯行をおこなった」とか「ネズミ人間があらわれた」とかの発言で重ねていましたが、結局、死刑判決でしたね。精神鑑定の結果では、小児性愛障害ではなく、成人した女性から相手にされたにのが子供狙いの目的だったようです。犯行責任能力の有無を判断する精神鑑定も大切だけれど、はっきり言って子供4人を殺しているのだから死刑で当然でしょう。

渋谷恭正の場合、不謹慎な表現ですが、被害者がまだ一人だけなので死刑にまでもっていかれないんですね。

りんちゃんのご両親からしてみれば、渋谷の過去に性的虐待があろうが知ったこっちゃないわけですよ。あの町の住民の方々だって思いは同じ。

       【広告】

渋谷にリンちゃん以外の、複数の犯行歴があるのを立証して、重い求刑がしたいところなのです。とにかく余罪の立証が必須なんです。

1981年に佐川一政という日本人が、フランス・パリで逮捕されました「パリ人肉事件」。佐川は刑事責任が立証できなかった為、有罪にできなかった例です。
フランス側が佐川を逮捕した後に精神病院に収容しました。
そのときのカルテを日本側に提供してくれなかったため、犯行当時の精神状態の鑑定をフランス側がだした鑑定結果とせざるを得なかった。日本に引き渡された後に収容された精神病院での精神鑑定の結果では、犯行責任能力ありとされていますが。

はっきり言って、被害者も日本人じゃないし(オランダからフランスへの留学生)、殺されたのも一人だから、被害者への同情よりもむしろ、人肉を食べた事への気持ち悪さが話題になっていました。オランダから佐川の引き渡し要請はあったはずですが、大きくは取り上げられていませんね。

佐川はいまでも生きて翻訳業か何かで生計をたてている。本人はいつなんどき人肉を食べたいという欲求が爆発するかわからないって言っているんです。

 

 

 

 

 

程度の違いにもよるのでしょうか、人格障害の人って多かれ少なかれ善の部分と、悪の部分を自分で意識している。人よりも悪の部分が多いから、よけいに客観的に自分を見つめる習慣がついているのでしょう。

生まれつき感覚が他人と違うから、小学校高学年くらいになると違和感を覚えて親に連れられて精神病院を受診するとか、もっと高齢になって自分で受診するとか、結構聞きますよね。

こういう人達は、自分の中での善と悪の綱引きで、悪が勝ってしまう事を危惧しているわけ。自分の意思では悪を抑えきれないかもしれないって思っていて、精神科医の力を借りようとするわけですよ。

人格障害そのものを治癒させる薬があるのかいえは、無いでしょうね。
突発的に発症する強烈な怒りとか、破壊願望みたいなのを薬で抑え込むことはできる。人格障害として表面に現れる症状を本人に理解させて、その際に呑む薬を処方するという方法なのでしょう。

 

もし、15年前の大川経香ちゃん事件を渋谷が認めたとしたら、弁護側はどう出るか?


 

 

 

 

 

渋谷の中に存在する善悪を感じる部分のうち、15年前の大川経香ちゃん事件から、今回のリンちゃん殺害事件の間は善の心が勝っていた。

しかし残念なことに再び悪の心に一時的に支配された、と切り出してくる作戦を立てるでしょう。
もう一度、自分の心と向き合うチャンスを与えてくれ、とぬけぬけと言い出すのです。

ダメ!「二度あることは三度ある」って知って聞いたことないか?俺の座右の銘だよ。渋谷、お前は死刑だ!!

      【広告】

関連ブログ

サイコパスは衝動的過剰攻撃ではない、性格なのです

フランス留学生失踪・犯人はストーカー気質の人格障害

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*