【彼氏がほしい】外見よりも大切なのは女子力・唯一無二の存在になるために

Pocket

女性の人気度

 

女性の人気が美貌に比例して高まると言われても、別に驚くほどじゃーない。テレビの中でしかお目にかかれない女優さんや、アイドル歌手の評価だったら尚更です。
これが、もっと身近な女性たちだったら話は別。同じ職場で働く女性や、学校で同じクラスの女の子だったりすると、そこに女子力がしっかりと加点されるのです。

          【広告】

『ミス、ユニバース』みたいな女性と『庶民派で並の上』とがいたとして、最終評価は見た目だけでは決して決まりません。性格、言動、考え方、生き方、そんな人間としての奥行が加点/減点されるのです。

まずは美貌から始まるのは致し方なしとして、それがじっくりと内面へと流れていく。最初に目につくのは「意地が悪い」、「ヒステリック」、「弱い者いじめの常習犯」などなど。「幾ら美人でも、ああも性格が悪くちゃねえ~」ってことになり、足切りされるわけですね。
ごくごく稀に、悪女好きという男もいますが。

加点される個性と女子力

NGの性格の持ち主を排除したあとで、男性の好みの性格に話が膨らんでいく。加点のポイントはさまざまで、人間としての面白さが垣間見られ、かつ女子力が問われるタイミング。

甘えん坊、ツンデレ、頼りがいがある、いつも笑顔で包み込んでくれる、ミステリアスな二面性、体育会系、話の聞き上手、無口でおとなしめ、元気はハツラツ、と挙げてみたらきりが無い。聞き込めば聞き込むほど、好みは複雑に枝分かれしていくのです。

「なんか仕事がうまくいかなくて、、、」との男性の声に;
①「男は、そんな弱音はかないの。仕事は仕事、良い時もあれば悪い問いもある、いちいち気にしていたら身がもたないわよ」

②「お仕事の難しい話はわからないけど、元気だして。肩でも揉んであげるからさあ!」

②「具体的に何がうまくいっていないか教えてくれる。問題点を時系列でみてみましょうよ」

好みの加点分が素材部、つまり『ミス、ユニバース』と『庶民派の並の上』に上乗せされてゆきます。
更に、個人的に親しくなると、趣味が同じとか、子供好きとか、家庭的とか、実家が近いとか、数え切れないオプションが生じてきます。そして最終的に、この付加価値の女子力が美貌に練りこまれ、オレにはこの女しかいない!という絶対的な希少価値、唯一無二の存在として確立されるのです。

だから、傍から見たらなんであんなブ○イクな女と結婚するんだ、と美的感覚を疑うようなカップルがあったとしても、決して「あいつは珍味好きだから」などと揶揄してはいけないのです。
*珍味好きとは、普通の味覚の持ち主には敬遠されがちだが、好きな人にとっては、何よりのご馳走という意味。
最初にベースとなる容姿・美貌と、それに上乗せされた女子力の比率は、4:6 とか 3:7 とか 2:8が普通ではないでしょうか?
小さい数値のほうがもともとの美貌で、大きい数値が女子力です。

       【広告】

唯一無二になるために

 私の友人に八百屋の娘と結婚した男がいます。普段は会社勤めをしている女性で、土曜日、日曜日で時間があるときは店に立って手伝いをするらしいのです。昨今はあまり見かけない、昔ながらの八百屋で、店先での立ち振る舞いに惚れたという。
親父ゆずりの口八丁、手八丁。

「じゃがいも一山、300円ね。お買い上げ有難とね。ハイおつりは200両」
とオヤジギャグ。
こどもがお使いに来た場合は、「ハイおつり200ギル」とか言うらしい。
ギルというのは、RPGファイナルファンタジーにでてくる通貨です。
「あたしもいろいろ考えているのよね~」とサバサバしている。
ここが女子力UPにつながった。そんなところに惚れたとの事。<image001.png>

彼の思惑は見事に的中し、キップのいいチャキチャキな女房になっているみたいです。
オレにはこの女性しかいない、と直感的に決断したとき、じつは頭の中で器量と性格と女子力を瞬間的に加算して唯一無二の存在と決定付けたのでしょう。

男をものにしたければ、胃袋をつかめ、と料理の腕を磨くののもいいですが、チャキチャキのキップの良さに惚れる男性って、結構いるんですよ。

       【広告】

希少価値とは

希少価値の王様、ダイヤモンド。ひと昔前は、婚約指輪には給料3ヶ月分のダイヤの指輪を贈るようなテレビコマーシャルが流れていました。我々男性から言わせてもらうと、なんで女性はあんな物が欲しいんだろうって事になります。そんな話を女房にしてみたところ、女房はニヤッと笑ってこう答えました。
「ダイヤを欲しがる女と、金を欲しがる女とどっちがいい?」
うん、なかなかいい質問です。
金を欲しがる女って、ちょっとホラーチック。
金の次に、生命保険に加入させられそうな雰囲気を漂わせますね。
「ハイ、すみませんでした。愚問でした」と私は答えたわけです。

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*