【要緊急対応】愛子さま、なぜ激ヤセ、なぜ拒食症?・根底にあるは発育拒否

Pocket

愛子さまのげっそりとした痩身ぶりは皆さんもご存じのはず。

 

15歳のお誕生日に公開された写真の「激ヤセ」は、お年頃だからでは片付けられない痛々しいものでした。

 

公務の重圧からストレス性胃腸炎で食欲が失われているとか、過激なダイエットが引き起こした拒食症などと言われています。

 

でも両方とも検討違い。

皇位継承の仕組みが愛子さまの胸に刻まれた時から、発育拒否の拒食症が始まっています。

現在の体重が38kgほどで、様々な治療が試みられているのでしょうが、体重が戻ってくる気配がないと言います。

 

ダイエットが発端だったとしたら、専門医が付いていながら事態がこんなに深刻化するはずがないでしょう。

 

発育拒否が根底にある拒食症と診断するのが妥当です!!

       【広告】

天皇陛下が2018年末で退位される方向で歯車が回り始めています。

 

もちろん皇太子殿下が天皇陛下となる。

愛子さまの胸に、その後の皇位継承の仕組みが刻まれた時から、この発育拒否の拒食症が始まっています。

 

皇室典範では「皇位は皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と定められている。

 

つまり、皇太子殿下の次に天皇陛下になるのは、自分ではなく悠仁様。

 

さらに女性皇族は結婚すれば皇籍を離れて一般人として生活しなければなりません。

 

女天皇をさかんに論議していた時期がありましたが、悠仁様が生まれからはパタリと止まりました。

 

皇太子殿下の次は、悠仁様で決まりだ、と言わんばかり。

100歩譲って愛子様が女天皇になり、男の子を生んだとしても、その子には天皇になる資格はないのです。

 

天皇は男系、というしきたりはいまだかつて破られたことはないのです。

         【広告】

そんなこと、愛子さまが気にしていますかねえ???という疑問もあろうかと思います。

 

小泉政権の時代に、有識者会が結成され皇位継承について話し合いが持たれていました。

 

そのときの有識者会の10人のメンバーのうち8人が小和田元事務次官の関係者です。

 

雅子さまのお父さんの息のかかった人物を過半数投入して皇太子殿下のあとの流れを愛子さまにもってこようとしていた。

 

こういうのって、家庭内でも話題となるし、子供にもなんとなく伝わるじゃないですか。

 

雅子さまだって、せっかく皇族に入ったのだから自分の娘を天皇にしたいに決まっていますよね。

 

そんな雰囲気の中で育った愛子さまが、だんだんと年を重ねるうちに自分の立場が見えてきた。

 

あるタイミングで現実の残酷さを感じたのでしょう。

両親の意に反して、自分は天皇にはなれない。

そんなときに、無邪気に遊んでいられた子供に戻れたらと感じた。

成長なんかしたくない、と感じた。

このまま時間が止まってしまえばいいのに。

これが愛子さまの中の手強い拒食症の原因です。

解決策は一つです。

親子三人が現実と向き合い、「まあ、しょうがないか!」と現実を受け入れる事です。

 

一日も早くそうしないと、愛子さまは取り返しのつかない事になってしまう、急いで!!

 

       【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*